初めての方はこちらへ! 記事のご案内


【家庭内別居の意味とは】離婚したいのにできない理由は何か? ー僕の体験談を交えてー

こんにちは! 妻から嫌われて早5年、えいぷりおです!テヘペロ!

このページにたどりついたあなたは、夫婦関係に悩んでおられるのではないでしょうか。

家庭内別居の状態になってしまって、どうすればいいか分からず、つらい思いをされているのかもしれませんね。

離婚に踏み切れず、前にも後ろにも進めない状況に苦しんでいる人もいることでしょう。

僕は数年前から妻との関係が壊れてしまい、今では完全に家庭内別居の状態になってしまいました。

この記事では、家庭内別居とはどんな状態なのか、なぜ離婚を選択できないのか、メリットとデメリットなどについて、僕自身の体験を交えてお伝えします。

家庭内別居とは

「家庭内別居」とは、夫婦関係が悪化して互いに心が離れてしまい、本当は離婚したいけれど、様々な事情で離婚できず、同じ屋根の下に住んでいるにも関わらず、別居同然の状態になっていることを言います。

夫婦関係が悪化していく理由は様々でしょう。生活上の小さな不満が蓄積していった結果、取り返しのつかないほど溝が広がってしまう、という場合もあるでしょうし、浮気や暴力など特定の出来事がきっかけになって関係が壊れてしまう場合もあると思います。

僕たち夫婦が家庭内別居になった経緯

最初に、僕と妻の関係が壊れてしまった経緯に、少しだけ触れておきます。

僕たち夫婦の場合は、次女が生まれた時に「産後クライシス」と呼ばれる状態に陥りました。

妊娠・出産を機に、それまでに妻の中に蓄積していた僕に対する不満が爆発したのです。

【産後クライシス】妊娠・出産が夫婦崩壊の危機に…!妻が僕を憎むようになった理由(体験談)

それ以来、妻は僕のことを「発達障害」と責めるようになり、それまでの楽しかったことも全否定するようになりました。

僕の「大人の発達障害」体験記まとめ ーなぜ僕は自分を否定し、大切な人を傷つけてしまったのかー

さらに拍車をかけたのは、妻がかかり始めたカウンセラーの存在でした。カウンセリングを受けるたびに思い込み・決めつけを深めていったのです。

妻がカウセリングを受けるたびに、僕への憎しみ・思い込みを深めてきた理由(体験談)

修復のために努力してきたつもりですが、妻が望むようには改善することができず、取り返しのつかないところまで来てしまいました。

ここでご紹介した記事以外にも、夫婦関係の難しさについて様々な視点で記事を書いてきました。夫婦関係の記事まとめはこちらへ。

【夫婦関係の悩み】記事まとめ 僕が妻との関係を破綻させてしまった原因・理由とは(体験談)

【関連】 僕がいま取り組んでいるサイドビジネスがあります。海外旅行の企画をシェアするもので、大きな副収入につながっています。詳しくはこちらへ。

 

世界を旅するビジネス企画を見る

 

★期間限定のキャンペーンで現在6万円プレゼント中!

 

★ご不明な点は問い合わせフォームにコメントください。

離婚ではなく家庭内別居を選択する理由

夫婦関係が修復不能になってしまった以上、きっぱりと離婚した方が楽かもしれません。

でも、簡単に離婚できるわけではありません。次の3つが主な理由です。

【離婚を選択できない理由】

  • 子供のため
  • 経済的な理由
  • 世間体

僕たち夫婦も、まさに「子供のため」「経済的な理由」のために離婚に踏み切ることができず、家庭内別居状態を続けています。

「世間体」は僕の場合はあまり考えませんが、たしかに世間に対して色々と説明をしなければならないのは、面倒なことかもしれません。親・親戚に影響が及ぶことも考えらえます。

このような事情を考えると、離婚するには大きなエネルギーが必要だということが分かります。

それに対して、家庭内別居なら少し我慢すれば当面はやり過ごせる、と考える人も多いのではないかと思います。

上に挙げた、代表的なふたつの理由、「子供のため」「経済的な理由」について、もう少し考えてみましょう。

家庭内別居は子供のためになるか?

子供にとって、お父さんとお母さんが仲のいい環境は理想でしょう。口も聞かないような険悪な両親の姿を望む子供はいないはずです。

子供の前で、取り繕って仲のいいふりをしたとしても、子供にはすぐに分かります。そして、深く傷つきます。

両親がそろっていた方が子供は幸せなはずだ、という理屈がよく言われますよね。でも、それは親のエゴかもしれません。

僕の正直な気持ちはこうです。僕自身が「子供と一緒にいたい」という気持ちを、あきらめきれないのです。

僕には高校生と幼稚園児、年の離れた二人の子供がいます。

上の子はもう自分で考えられる年齢なので、仮に離婚して妻のもとに引き取られることになっても、僕と連絡を取りたければ自分の意志で取ることができるでしょう。

でも、まだ幼い下の子は、僕にとってあまりにかわいくて、離れることなど考えることができません

この子の成長を、もう少しの間そばで見守りたい…

それが、僕が離婚に踏み切ることのできない最大の理由なのです。

【関連記事】 離婚を選択しないことは、決して子供のためにはなりません。家庭内別居が子供に与える影響を、僕の体験を交えて11の項目で解説しました。

家庭内別居の家で育った子供は、どのような影響を受けるのか(僕の体験を交えて)

家庭内別居を選ぶのは経済的な理由

離婚してしまうと、家計がふたつに分断されます。そのことによるロスは小さくありません。

食費や光熱費などの生活費は、もともとかかっていた費用が、単純にふたつの世帯に分かれるのではありません。2世帯の生活費の合計は、これまでよりも確実に高くなります。家賃も2件分になります。

家庭内別居を続けている限りは、こうしたロスを生じることなく、無駄な出費を抑えることができるでしょう。

離婚した場合の養育費を計算してみる

離婚した場合のことを具体的にシュミレーションしてみましょう。ここでは、妻が子供を引き取って、夫が家を出ていくケースを想定してみます(僕が離婚したら、そうなりそうだから…)。

夫は子供たちの養育費を支払うことになります。

養育費算定表」を使うと、自分の年収と妻の年収から養育費を算出することができます。

一例を挙げてみましょう。2016年度の男性の平均年収(521万円)を参考に、僕自身の状況を加味して、次のような条件に設定しました。

【離婚した場合のシュミレーション】

  • 夫の年収 500万円
  • 妻の年収 ゼロ(専業主婦)
  • 第1子の年齢 15~19歳
  • 第2子の年齢 0~14歳

▼この条件を算定表に当てはめてみると、このようになります。

表の縦軸に養育費を支払う側(このケースでは夫)の年収、横軸に養育費を受け取る側(妻)の年収をとり、その交わるところが月々の養育費の目安になります。

この条件では、月々の養育費は「8~10万円」となります。

協議離婚の場合は、これを目安に両者で相談して金額を決めます。

子供が私立の学校に通っていたり、お金のかかる習い事をしている場合には、より多い金額を支払う場合もあります。

家庭内別居を続ける場合は「婚姻費用」を考える

一方、家庭内別居を続ける場合は婚姻費用が発生します。

婚姻費用とは、家族(夫婦と子供)が、通常の社会生活を維持するために必要な費用のことで、居住費、食費、光熱費、子供の学費などが含まれます。

夫婦が不仲になったとしても、婚姻関係が続いている以上、生活・育児のためのお金はルールに従ってきちんと分担し、助け合わなければならないということです。

婚姻費用は「婚姻費用算定表」で計算することができます。

先ほどと同じ条件(夫の年収 500万円のケース)で計算すると、夫が妻に支払う月々の婚姻費用は「10~12万円」になります。

婚姻費用には妻の生活費も含まれるため、離婚した場合の養育費よりも2万円ほど高くなります。

【関連記事】 婚姻費用についての詳細はこちらの記事へ。

家庭内別居の生活費(婚姻費用)はどう分担するの? 専業主婦と共働きの場合の相場はいくら?

夫は離婚した方が得なのか?

家庭内別居を続ける場合の婚姻費用(先ほどのケースだと10~12万円)と、離婚した場合の養育費(先ほどのケースだと8~10万円)を比較すると、夫にとっては離婚した方が経済的に有利のようにも見えます。

ですが、そう単純ではありません。

離婚して別居するとなると、これまで夫婦でシェアしていた基本的な生活費(家賃、食費、光熱費、雑費など)が2世帯に分離されることになり、どうしても無駄が生じます。

離婚することによって、夫婦どちらもが、それまでより貧しくなってしまうかもしれません

そして、より困窮するのは妻の側になる可能性が高いと思われます。

妻にとっての経済的な厳しさ

離婚を選択すると、妻はより大きな経済的な厳しさと向き合わなければなりません。

先ほどのケースでは、妻は専業主婦で収入はゼロでした。

離婚を選択する以上、妻もまた経済的に自立する覚悟が必要です。

養育費はあくまで子供たちのためのものですから、妻は自分の生活費を自分で稼ぐ必要があります

女性が独りで暮らしていくためには、年収300万円は必要と言われています(東京の場合)。

女手一つで育児をしながら、この金額を稼ぎ出すのは、並大抵のことではありません。

専業主婦の場合、就職先を探すだけでも大変な苦労をすることになるでしょう。

仮に時給1000円の仕事が見つかったとしても、月曜日から金曜日まで毎日8時間以上働かなければ、年収300万円は稼げません

このように具体的に数字で考えてみると、離婚にとって経済的な困難がいかに大きいかが分かってきます。

住宅ローンがあると離婚はより困難に

さらに、もし住宅ローンを組んでいる場合には、やっかいな問題が出てきます。どちらがその家に住み続けるのか、どちらがそのローンを支払い続けるのか…。

一般的には、妻と子供たちがそれまでの家に住み続け、夫が家を出て、ローンは夫が支払い続ける、というケースが多いようです。

つまり、夫は自分が住まない家のために、数十年も多額のローンを支払い続けるのです(最終的に資産は夫のものになるわけですが)。

この負担は非常に大きく、モチベーションを保つのも難しいでしょう。夫が支払いを放棄して、物件が差し押さえられるようなケースもしばしば起こるそうです。

【関連記事】 住宅の購入が夫婦関係を壊す原因になることがあります。こちらの記事も参考にどうぞ。

住宅の購入で夫婦が危機に!? 家を楽しく買うためのポイントとは

お金について具体的にシュミレーションする大切さ

このように、お金のことを具体的な数字できちんと考えてみることは、とても大切です。

そうすることで、今の暮らしと離婚した場合の暮らしを、明確に比較してとらえることができます。

離婚して経済的に不幸になるのなら、家庭内別居を続けながら少しずつ関係修復を目指した方がいいかもしれません。

逆に、DVやモラハラなどがあって状況があまりにもひどいなら、経済的に少し苦労しても離婚を検討した方がいいかもしれません。

冷静に判断するためにも、まずは先程の養育費算定表などを使って、具体的な数字を出してみましょう。

【関連】 僕がいま取り組んでいるサイドビジネスがあります。海外旅行の企画をシェアするもので、大きな副収入につながっています。詳しくはこちらへ。

 

世界を旅するビジネス企画を見る

 

★期間限定のキャンペーンで現在6万円プレゼント中!

 

★ご不明な点は問い合わせフォームにコメントください。

家庭内別居のメリットとデメリット

ここまでのことを踏まえて、家庭内別居を続けることのメリットとデメリットをまとめてみましょう。

【家庭内別居のメリット】

  • 子供と離れずにすむ
  • 経済的な無駄が生じない
  • 世間体を守れる
  • 離婚にはパワーがいるが、家庭内別居は少しの我慢で済む

【家庭内別居のデメリット】

  • 不仲の両親のもとで子供の心が傷つく
  • 嫌いな相手と一緒に生活するストレス
  • 将来ずっとこの関係を続けるのか

【関連記事】 家庭内別居のメリットについて少し違う視点で書いてみました。こちらもご覧ください。

家庭内別居のメリット!? 距離を保ち、お互いに自分らしく生きるのも悪くない

家庭内別居を少しでも快適にするためのルール

家庭内別居になってしまったら、その状況を少しでも快適(マシ)にできるよう、ルールを決めておくことが大切です。

僕の苦い経験をもとに、家庭内別居になったら早めに話し合っておきたい10のルールを考えました。

【家庭内別居10のルール】

  1. 挨拶はちゃんとする
  2. 事務連絡はメールで
  3. 一人になれる空間を持つ
  4. 食事は別々にと決める
  5. 子供には絶対に妻・夫の悪口を言わない
  6. 家事の分担は明確にしておく
  7. お金の分け合い方を決めておく
  8. 実家との関係は割り切って
  9. 共用スペースは利用時間をずらす
  10. いつまで家庭内別居を続けるか共通認識を持つ

10項目の詳細はこちらの記事をどうぞ。

家庭内別居になったら早めに話し合っておきたい10のルール ー僕の苦い経験を交えてー

家庭内別居に未来はあるのか ー僕の体験談ー

家庭内別居 幸せ

デメリットの項目に挙げた3つは、人生にとって避けることのできない課題が含まれています。

それは「幸せとは何か」ということです。

経済的なことや世間体などのために、好きでない相手と同じ屋根の下で暮らすのは、決して幸せな状態ではありません。

僕の場合、妻との日常はこんな感じです…

【家庭内別居の現実 僕の場合】

  • 夫婦の会話は基本的になし
  • できるだけ顔を合わせない
  • 挨拶しても無視される
  • 妻からは人格否定的なディスり
  • 家事はほとんど僕がやってるけど、評価されず文句しか言われない
  • 妻が子供に僕の悪口を吹き込んでる
  • 上の子はママの味方なので僕を無視
  • 下の子だけが僕の癒やし

かなぴーです(号泣)。

基本的に会話はなく、挨拶しても無視されますが、ひとたび妻が口を開けば、僕の人格を否定するような攻撃が始まります。

正直、心が折れそう…

特につらいのは、子供たちに僕の悪口を吹き込まれていること。子供はママに愛されたいですから、絶対にママの味方につきます。

幼い下の子が「おとうさん、おとうさん」と慕ってくれるのが、唯一の心の慰めです。

「ママがいないときだけ、だっこしようね」

と言って抱きついてくる娘が不憫でなりません。

でも、妻もつらいんだと思います。夫を憎む毎日は本当は望んでいないはずです。妻の心も、きっと傷ついているのです。

こんな生活を続けていくべきなのでしょうか。続けていった先に、幸せは待っているのでしょうか?

子供はどうでしょう。幸せを感じていない両親のもとで暮らしていて、子供が幸せになることがあるでしょうか?

子供は本来、両親が幸せに生きる姿を見て、「自分もお父さんやお母さんのように幸せになりたいなぁ」と幸せの意味を知り、将来に希望を抱いて生きていくべきものだと思います。

大事なのは、お父さんとお母さんが、それぞれの幸せのために精一杯生きること。その姿を子供に見せていくことなのだと思うのです。

でも、離婚の決断など簡単にできるはずもなく、ぐるぐる悩んでばかりです…

えいぷりお的まとめ

僕自身、まさに家庭内別居の真ん中にいます。離婚の決断もできず、ただ耐える日々。そんな光の見えない状況にいます。

そんな僕が、あなたに何かえらそうなアドバイスをすることはできません。

ただ、今後は次のことを大事にしたいと思っています。

【えいぷりお的 今後の目標】

  • 一緒に暮らしていくなら、頑張ってコミュニケーションをとる。
  • 離婚を選ぶなら、感情的にならず、お金のことをなど具体的なビジョンを共有する。

まぁ、これができたら苦労しないんですけどね。

夫婦関係に関する記事について

夫婦関係は最も難しい人間関係だと僕は思います。3組に1組が離婚すると言われる時代です。

僕がこれまでに重ねてきてしまった失敗の数々を、正直に赤裸々に告白した記事の数々をまとめました。

あなたの反面教師としてお役に立てたら、うれしいです。

まとめ記事は、こちらのボタン↓からどうぞ。

夫婦関係の記事まとめ

【関連】 僕がいま取り組んでいるサイドビジネスがあります。海外旅行の企画をシェアするもので、大きな副収入につながっています。詳しくはこちらへ。

 

世界を旅するビジネス企画を見る

 

★期間限定のキャンペーンで現在6万円プレゼント中!

 

★ご不明な点は問い合わせフォームにコメントください。

6 Comments

none

辛い環境をよく乗り越えられていらっしゃいますね。記事を読み、共感と自らを省みる筆者様に感銘を受けました。

私の身近にアスペルガーと自己愛性障害を併発している友人がいて、本人は無自覚ですが、どうにか伝える方法はないかと模索していたところ、こちらの記事に辿り着きました。

奥さまと筆者さまの関係が、私と友人の関係に重ねられる部分が多く、大変参考になりました。

私は友人に服従しなかったため、一方的に関係を絶たれましたが、また話し合ってみようと思います。

さて、筆者さまは本当に離婚してしまうのでしょうか?
これほどまで自らを省み、奥さまの苦しみまでも想像し、素晴らしい記事を書かれているのに、関係の修復は不可能なのでしょうか?

ただ記事を拝読させて頂いた私が、軽率にこのようなことをいうのは烏滸がましいと思いますが、

筆者さまが奥さまと和解されることを切に願います。

人格を否定されるのは辛いことだと思いますが、無条件の愛情を奥さまに捧げられてはいかがでしょうか。

奥さまに許してもらおうとは考えず、奥さまの喜ぶことだけをしてあげてるのです。

昔は献身的な妻だった奥さまですから、愛情が帰ってくるかもしれません。

私自身、親が発達障害で家庭内暴力と気持ちを理解されない苦しみに悩まされてきました。

時に私は親を発達障害と罵っていました。

しかし記事にも書かれているように罵る時も苦痛が伴います。
この苦しみから逃れるために、愛されたい理解されたいと主張することをやめて、積極的に愛し理解するように心がけました。

そしたら今までの悪い関係が驚く程改善されました。

ですから、上手くいくこともあると思うのです。個人的な意見ですので参考にならないかもしれませんが…

筆者さまと奥さま、また娘さんたちのお幸せを切に願っております。

もし離婚されたとしても、皆様のお気持ちが救われますように。

私もここで読ませて頂いたことを参考に、友人と和解を目指して接してみようと思います。ありがとうございました。

返信する
eiji-maru

noneさま、メッセージありがとうございます。

とてもうれしかったです。励まされました。

「無条件の愛情を奥さまに捧げられてはいかがでしょうか。」という言葉、今の僕にとても響きました。

実はここ最近、本当に少しずつですが、夫婦関係に改善の兆しが見えてきているのです。

そこには、noneさんがおっしゃるように「無条件の愛情」というのが、深く関わっています。僕の場合は、友人のセラピストから教えてもらったアプローチで、「決して相手をジャッジしない。決して相手を咎めない」ということを、常に意識してみることにしました。条件をつけずに相手を見る、ということです。相手の幸せを願う気持ちがそこにあれば、それはつまり「無条件の愛情」ということになると思うのです。

そういう自分であり続けると、不思議なもので、鏡のように相手のあり方も変わってくるのですね。このことは、また追ってブログに書いてみたいと思っていましたが、noneさんの励ましを受けて、背中を押されたような気持ちです。

本当にありがとうございました。

返信する
ゆう

アスペルガー当事者で、DV気質
愛着障害(執着)よりで妻です。
夫は、adhdで自己愛とは逆のタイプですが
相手のために何もできない、責任丸投げです。
アスペルガーは、いろんな情報は秘密にしたがります。
女がダメなことは、思いやりも確かにキツいですが、自分を本当に必要とされていないと感じた時です。
スキンシップや、ふれあいができればいいと思います。
お互いに責任をとる必要はありませんが、依存型ジャイアンadhdの回復は激しい自己突っ込みが必要らしいですよ!

返信する
eiji-maru

ペンギン夫婦さん、コメントありがとうございます。

「ペンギン夫婦の子育て奮闘生活ブログ」拝見しました。産後クライシスを乗り越えて、離婚直前で関係を取り戻せたとのこと、よかったです。

私のブログ記事が参考になったと書いてくださり、恐縮です。

私には成功体験を語ることができないので、どうしてもネガティブな発信になってしまいがちなのですが、反面教師としてでも何らかのお役に立てたなら本望です。

ペンギン夫婦さんが末永く幸せに暮らしていかえることを、陰ながら応援しています。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください