初めての方はこちらへ! 記事のご案内


ヒステリー妻の特徴と対処法 -淡々とさわやかに自分のペースで対応しよう!

こんにちは! 家庭内別居ブロガーのえいぷりおです!

あなたは奥さんがヒステリーを起こしているとき、どのように対応しますか?

火に油を注ぐ対応で大炎上していませんか?

もしくは、

必死に相手に寄り添って、なんとかその場をやり過ごして、疲れ切っていませんか?

ネットで調べれば「ヒステリックな女性への対処法」は色々と出てきます。

でも、僕は経験上、そういった情報は根本的には役に立たないと思っています。

大切なのは、淡々とさわやかに自分のペースで対応すること

この記事では、ヒステリー妻の特徴と対処法を、僕の経験を交えてお伝えします。

ヒステリーとは

ヒステリーとは何でしょう。グーグル先生によると、こんな風に定義されるそうです。

  • 精神病質の一種。満たされぬ欲求の反応として、種々の精神的・肉体的症状を起こす。症状が大げさで演技的色彩を持つ。
  • 俗に、病的に興奮して感情を統制できず、激しく泣いたり怒ったりする状態。

ウィキペディア先生の難しい説明を要約すると、

  • 女性に特有の症状
  • 解離性障害、身体表現性障害に分類される

ということのようです。うーん、むずい。

学術的な定義はよく分からないので、ここでは簡単に、

抑圧された感情が爆発して手が付けられない状態

と考えることにしましょう。

妻はどうしてヒステリーに陥るのか

僕の妻を見ていると、ヒステリーに陥る背景には、まず心身の疲労があることが分かります。

行事が重なったり、人間関係などのストレスが蓄積すると、心身が疲れてしまいますよね。

疲れてしまうと「心の器」が小さくなって、すぐにあふれる状態になってしまいます。

これ、あふれる直前の「心の器」の図です。もうダメです。あと1滴でも入ると決壊します。

こんなときに、子供が勝手なことをしたり、夫が余計な一言を言ったりしたら、大変なことになります。

「なんで言った通りにしないのよ!!」
「あんたいい加減にしてよ!!」

となります。

だから、妻がヒステリーを起こすのを防止するには、妻が疲れないようにサポートすることが大切になります。

でも、すべて万全にサポートできるわけではありませんよね。

気をつけてケアしていても、防げないことはあります。

では、ひとたび妻がヒステリーを起こしてしまったら、僕たち夫はどのように対応すればいいのでしょうか?

ヒステリーに真正面から反応したら負け

一番いけない対応は、ヒステリーを真正面から受け止めて、まともに反応してしまうこと

100%こうなります。大炎上です。

男性の皆さんは、経験ずみですね。

例えば、こういうことです。

「あんた死ねば!?」
「なんでそんなひどいことを言うんだ!」

これで、もうアウトです。

「なんで」って、理由なんてないんですよ。

きつい言葉を投げつけられても、絶対に真正面から反応しない。これが最初のポイントです。

理屈で反論しても無駄

女性は感情の生き物男性は理性の生き物、などと言いますよね。

そうです。そもそも生き物としての仕組みが違うのです。

女性がヒステリーを起こしているとき、この違いを理解していないと命取りになります

「君が言っていることは、まったく理にかなっていないよ。君はさっき〇〇と言ったけど、それはこないだ言っていたことと矛盾するだろ。つまり…」

などと理屈で反論しようものなら、確実に死が待っています。

説明すればするほど、死期が近づきます。

このアプローチで生還することは絶対に無理なので、やめましょう。

〔関連記事〕
パートナーが強い思い込みに支配されているとき、どう対処すればいいのか。僕の経験をこちらの記事に書きました。参考にどうぞ。

「思い込み」は夫婦関係を壊す ー自分の思い込みに気付き、配偶者の思い込みに対処する

一般的な対処法はこんな感じ

妻のヒステリーへの対処法として、ネットで出てくるノウハウはこんな感じでしょうか。

  • よーく話を聞く
  • とにかく同意する
  • ひたすら謝る
  • すべての要求にこたえる
  • 解決策を一緒に考える
  • 愛をこめて抱きしめる

とにかく相手に寄り添って、怒りを鎮火するやり方ですね。

でも、こういう方法に意味があるのでしょうか?

その場はしのげるかもしれませんが、苦しい状況を先送りにしているだけに思えます。

僕も100万回くらい、こういう方法で何とかしようとしましたが、もうめっちゃ疲れます。

そして、妻への憎しみがどんどん蓄積していきます

長い目で見ると、これはいい対応とは言えません。

淡々と自分のやるべきことをやる

では正解は?

ずばり淡々と自分のやるべきことをやるです。

例えば、妻から紙袋を持ってきてくれと言われたとします(←今日実際にあった出来事)。

物置からよさそうな紙袋をいくつか探して妻に渡します。

そうしたら、妻からはこんな言葉が投げつけられます。

「なんでこんな紙袋なのよ! バカなんじゃないの? もっといいやつあるでしょ! なんでこんなこともできないの!?」

こういう時の対応の基本、復習しましょう。

  • 真正面から反応しない
  • 理屈で反論しない

ですね。その上で、どうすべきか。

「そっかー。じゃあ、こっちの紙袋はどう? ちょっときれいだよ」

と、淡々と対応する。これに尽きます。

感情に振り回されず、妻のニーズだけをくみ取って、淡々とこなすのです。

軽やかさと明るさを忘れずに

ここで、よりラグジュアリーなワンランク上の対応をご紹介しましょう。

淡々と対応するのにプラスして、軽やかさと明るさを常に忘れないということです。

ヘラヘラするわけじゃないですよ。馬鹿にしてると疑われて、望まぬ炎上を招きますので要注意です。

そうではなくさわやかさが大切なのです。

さわやかさとは何か。

逆を考えると分かります。さわやかの逆は、

  • げんなり落ち込んでる
  • 怒りを押し殺している
  • めっちゃ傷ついてる

みたいな状態ですね。これはNGです。

妻のヒステリーに巻き込まれて、自分もマイナスのオーラを出し始めたら、状況は確実に悪くなります

相手がどうであろうと、自分は自分のスタンスを貫く。これが大切です。

イメージしてください。さわやかに、軽やかに、微笑みをたたえている自分の姿を

かっこいいっす!

不思議なもので、これができるだけで、場の空気が少しだけ軽やかになります。

「自立」こそ最大の防御なり

言い換えると、僕たち夫に求められるのは、自立ということだと思います。

妻が感情をコントロールできないのは、妻の課題です。妻の課題は、妻にしか解決できない。他人は立ち入ってはいけないのです。

夫は自分にできることを考える。妻のニーズに応えるという具体的な行為を淡々とこなしつつ、自分の感情には自分で責任を持てばいいのです。

僕は、このことにずっと気付きませんでした。

自立できていなかったため、妻の感情に振り回されていました。そして、物事がうまくいかないことを、心の中で妻のせいにしていました。

そういうことが積み重なった結果、僕たち夫婦の関係は、修復不可能なほど破綻してしまいました。

家庭内別居とは? メリットとデメリット・離婚を選択できない理由を当事者が徹底解説!
【産後クライシス】妻が僕を憎むようになった理由(体験談)

色々と思い悩んで、たくさんのセラピストやカウンセラーの友人に相談もしました。

以前一人一宇宙という考え方を書きました。人はそれぞれ違う宇宙を見ている、という世界観です。今回の話題と関係する部分があると思うので、参考にどうぞ。

「一人一宇宙」の考え方で人生が変わる ― 真の自立に向けてー

もしあなたが、奥さんのヒステリーに悩んでいるとしたら、一度自立というキーワードで自らを見つめてみてはどうでしょうか。

境界性パーソナリティー障害の場合もある

とは言っても、もしかしたら奥さんが境界性パーソナリティー障害などの、精神的な病気になっている可能性も考えられます。

その場合は、この記事で述べてきたような対応では、太刀打ちできないでしょう。

妻からのモラハラが常軌を逸していると思ったら、専門家に相談することも考えてください。

あなたの奥さんはモラハラ妻? 8つの特徴と対処法まとめ(僕の体験を交えて)

〔参考図書〕境界性パーソナリティ障害、自己愛性パーソナリティ障害、ヒステリー性格の人と付き合っていくための、前向きな心構えが書かれた本。少し心が楽になるかもしれません。

夫婦関係に関する記事について

夫婦関係は最も難しい人間関係だと僕は思います。3組に1組が離婚すると言われる時代です。

僕がこれまでに重ねてきてしまった失敗の数々を、正直に赤裸々に告白した記事の数々をまとめました。

あなたの反面教師としてお役に立てたら、うれしいです。

まとめ記事は、こちらのボタン↓からどうぞ。

夫婦関係の記事まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください