初めての方はこちらへ! 記事のご案内


ハーブデトックス体験談 7週間で10kgダイエット!健康的に痩せた全記録【写真あり】

こんにちは! えいぷりおです。

僕の身体にも、あなたの身体にも、毒素が蓄積しています。

長年かけて蓄積した毒素は、健康に悪影響を与えます。

だから、現代を生きるすべての人には、デトックスが必要なのです。

中でもハーブデトックスという方法は画期的です。

この記事では、僕が取り組んだ計7週間のハーブデトックスの体験談を、余すところなくお伝えします。

注意
この記事は、効果を保証するものではありません。個人によって結果は異なることをご留意ください。

ハーブデトックスの基本的な考え方

ハーブデトックスの詳細については、こちらの記事に記しました。

ハーブデトックスとは何か? 身体を解毒する画期的な方法と、その効果を徹底解説!

ハーブデトックスとは一言で言うと、良質なハーブ製品を摂りながら、長期の断食をする健康法となります。

ハーブ製品というのは、良質な有機ハーブをもとに作られた製剤で、10種類ほどあります。粉末状のもの、液体のもの、カプセルに入ったものなど形状は様々です。

専門の知識を持ったトレーナーが、実践者の健康状態や目標に沿って、ハーブ製品の組み合わせや断食の期間を提案します。

ハーブデトックスの基本的な考え方をまとめると、次のようになります。

【ハーブデトックスの基本的な考え方】

  • 胃腸をとことん休ませる
    → 長期間の断食
  • 自然由来の良質なハーブ製品
    → 十分な栄養補給
  • 血管にアプローチ
    → めぐりの改善

実際の手順は、次の通り。

【ハーブデトックスの手順】

  1. 準備期間
  2. さらなる準備期間
  3. 断食期間
  4. 回復期間

僕は4週間の断食を含む計7週間のプログラムに挑戦しました。

【関連】 僕がいま取り組んでいるサイドビジネスがあります。海外旅行の企画をシェアするもので、大きな副収入につながっています。詳しくはこちらへ。

 

世界を旅するビジネス企画を見る

 

★期間限定のキャンペーンで現在6万円プレゼント中!

 

★ご不明な点は問い合わせフォームにコメントください。

ハーブデトックス以前の僕の状態

僕はなぜハーブデトックスに取り組もうと思ったのか。

それは、身体も心もボロボロの状態だったからです。

原因は夫婦関係。妻との関係が悪化したことが大きなストレスになっていました。

【関連記事】 僕が家庭内別居になってしまった経緯については、こちらの記事をどうぞ。

【家庭内別居の意味とは】離婚したいのにできない理由は何か? ー僕の体験談を交えてー

その結果、高校時代からずっと保ってきたベスト体重から10キロも太ってしまいました。

顔色も土気色になり、会社の後輩から「顔色が死体みたいっすね!」と言われる始末。

心はいつもどんよりして、前向きな気持ちになれません。妻からメールが入るたびに恐怖で動悸がするような状態でした。

そんなとき、ハーブデトックスのトレーナーがしている友人から「血管測定をやってみない?」と声をかけられました。

血管の状態を精密に測ることのできるU-BIO(ユーバイオ)という機器で測定してもらったところ、心身ともにひどい状態であることが分かりました。

【U-BIOで分かった僕の状態】

  • ストレスがひどく病院送りレベル
  • 肝臓の機能が低くなっている
  • 胃腸の機能も低くなっている
  • 気力が落ちている
  • 怒り、憂い、恐怖にさいなまれている

【関連記事】 血管状態を測定できるU-BIOについては、こちらの記事をどうぞ。

血管年齢を測定できる機器「U-BIO(ユーバイオ)」で健康状態を把握しよう!

「このままでは近いうちに倒れてしまう」と思い、彼の指導を受けてハーブデトックスに取り組むことにしたのです。

ハーブデトックス体験(1)便通が劇的に改善

最初の準備期間は3食をいつも通り普通に食べながら、重要なハーブ製品をいくつか摂取して、身体をハーブに慣らしていきます。

僕は10日間の準備期間を行いました。

摂取したハーブ製品は、次のようなものでした。

【準備期間に摂取したハーブ製品】

  • 解毒のためのハーブ
  • 食物繊維のかたまり
  • 青汁みたいなやつ
  • 血管を元気にするアルギニン

衝撃的だったのは2つ目の食物繊維のかたまりでした。

このハーブ製品は、水溶性・不溶性・発酵性という3種類の食物繊維が豊富に含まれたものです。原料は、オオバコ種皮やイヌリン、様々な野菜・果実、そして多様な栄養成分と食物繊維をたっぷり含むスーパーシード・亜麻仁(あまに)などです。

スティック状の袋に入った粉末で、水に溶かして飲みます。自然な甘みととろみがあって、とてもおいしいです。

飲みはじめた翌日から、普段と比べ物にならないほどの、あまりの便通のよさにびっくりしました。下剤ではないので、おなかが痛くなることもなく、実に健康的な便が、スルスルと1日に何度も出たのです。

もともと僕は便通は悪くない方なのですが、この効果を体感して、ハーブ製品の品質の高さを確信しました。

【関連記事】 このハーブ製品には、マイクロバイオーム(=微生物叢)の最先端の知見が取り入れられています。詳しくは、こちらの記事をどうぞ。

【マイクロバイオーム】体内に共生する100兆個の微生物が、私たちの健康を支えている

ハーブデトックス体験(2)脂肪の燃焼を実感

「さらなる準備期間」では、食事を昼食のみの1回に減らして、徐々にハーブの種類と量と増やしていきます。

僕の場合は、6日間これを行いました。

準備期間に摂取していた4種類のハーブ製品に加えて、次のものを飲むようになりました。

【さらなる準備期間に増えたもの】

  • めっちゃ良質なプロテイン
  • 抗酸化物質たっぷりの栄養カプセル
  • 腸に届く善玉菌のかたまり
  • 体脂肪燃焼系ハーブ

4つ目の体脂肪燃焼系ハーブがすごかったです。

これは、唐辛子に含まれるカプサイシンなどの成分を凝縮し、体脂肪の燃焼を促すことを目的としたカプセルです。

唐辛子の成分といっても、カプセルに入っているので、辛くはありません。

これを飲みはじめてから、おなか周りのメタボな脂肪が削ぎ落されていったのです。

食事を1日1回に減らしたから、というのもあるでしょうが、そういう場合には筋肉量ばかり減って贅肉はほとんど落ちない、ということも多々あります。それくらい、おなか周りの脂肪って落ちにくいですよね。

ところが、おなか周りの内臓脂肪が選択的に燃焼しているような、すごい効果が表れました。

ハーブデトックス体験(3)驚異的な腸の解毒

いよいよ「断食期間」。固形物を食べるのを完全にやめて、ハーブ製品のみを摂取します。

僕は、4週間の断食を行いました。

これまでのハーブ製品に加えて、次の3つが登場。

【断食期間に増えたもの】

  • アサイーの超おいしい濃厚ジュース
  • ノニの超おいしい濃厚ジュース
  • フルボ酸の超おいしい爽やかジュース

計11種類のハーブ製品を組み合わせて、十分な栄養を摂取していることが分かっていただけると思います。

そんな中、驚異のデトックス体験が始まりました。

それをもたらしたのは、ハーブデトックスの中核を担う血管を元気にするアルギニンです。

このニックネーム(僕が勝手につけた)の通り、L-アルギニンの本来の働きは、血管を元気にすることです。

【関連記事】 L-アルギニンが血管を元気にする作用については、こちらの記事をどうぞ。

【L-アルギニン】体内でNO(一酸化窒素)を作り出し血管のめぐりを高めるアミノ酸

このハーブ製品の量を倍に増やして、就寝の直前に飲むと、すごいことが起こります。

高濃度のL-アルギニンは、小腸の壁を覆っている絨毛を微振動させることが知られています。

この作用によって、小腸の壁にこびりついていた毒素が剥がれ落ちて、翌朝に便となって出るのです。

それも、ただの便ではありません。真っ黒い水のような便が、吹き出すように出るのです。

ハーブデトックスでは、これを水便(みずべん)と呼びます。下痢とはちょっと違います。おなかは痛くないんですよ。

水便は断食期間中、毎日続きました。「いったいどれだけ毒素がこびりついていたんだ!」とびっくりするくらいに大量に…

「デトックスなんてデタラメだ」という批判も多く聞かれますが、この体験をすれば「デトックスは本物だ!」と確信することでしょう。

ハーブデトックスの結果(1)10kgの減量に成功

4週間の断食期間が終わり、最後の6日間の回復期の間も、水便は出続けました。

そして7週間のプログラムが終了。最終日に10キロのダイエットに成功しました。

こちらのグラフをご覧ください。

ハーブデトックス開始時の体重は67.0kgでした。僕の身長は161cmですので、BMI(肥満度を示す体格指数)は25.85となります(下表)。これは肥満度1。メタボに突入していました。

ハーブ BMI67.0kg

(引用:ke!san

それが7週間で10.6kgの減量。BMIは21.76と理想的な値となりました(下表)。

おなか周りがすっきりすると、それだけで気分がよくなります。身体が軽くなると、心まで軽くなります。

ハーブデトックスに取り組んで、本当によかった!と思いました。

ハーブデトックスの結果(2)体脂肪率も理想値に

ハーブ 体重計

体脂肪率はタニタの計器で測定しました。こちらのグラフをご覧ください。

ちょっとばらつきの大きなデータではありますが、減少傾向にあることは間違いありません。

開始時の体脂肪率は23.0%でした。

僕の年齢層(40~59歳)における体脂肪率の適正値は、次の区分けに当てはめると分かります。

【体脂肪率の評価(40~59歳)】

  • 痩せ 11%以下
  • 標準(-) 12~17%
  • 標準(+) 18~22%
  • 軽肥満 23~27%
  • 肥満 28%以上

開始時はショックなことに軽肥満でした・・・

これが7週間で、17.0%に!なんと6%もダウンしたのです。標準(ー)への仲間入り。理想的です。

身体に取り込まれた毒素は脂肪に蓄積されますす。体脂肪率が落ちたということは、身体から毒素がきちんと抜けた結果と考えることができます。

実際、おなか周りの頑固な贅肉はすっかり落ちて、本当に軽くなりました。ベルトの穴は余裕で2つ分は短くなりました。これだけで心は浮き立つものです。

ハーブデトックスの結果(3)前後の写真を公開!

ずっと迷っていたのですが、恥ずかしさをこらえて、ビフォーアフターの写真を公開することにしました。

トレーナーさんが、僕の変貌ぶりに感動して、他のクライアントさんたちに見せて自慢している写真です。どーん!!

before after1-stamp-credit-size

before after2-stamp-credit-size

…どうでしょうか…? 変化してます? お腹まわりのメタボな脂肪がすっきり落ちて、往年のクビレが現れています。

まだ脇腹の贅肉が完全には落ちていませんが、以前はいていたズボンはブカブカになって使い物にならなくなりました。

顔写真もあるのですが、これはさすがに身元がバレるので封印しておきます。

言葉で説明しますと、まず目の力が違います。ハーブデトックスを経験した人は目に星が宿ると言われているのですが、まさにそんな感じ。どんよりと淀んでいた黒目に、光が宿るのです。

ハーブデトックスの結果(4)筋肉量は減らない

これは非常に重要なことですが、危険なダイエットによってげっそり痩せてしまう=筋肉量が落ちてしまう、ということはよくあります。

その点、僕が取り組んできたハーブデトックスでは筋肉量が減ることはありません

その大きな理由のひとつは、めっちゃ良質なプロテインにあります。大豆由来のソイ・プロテインに様々な緑黄色野菜の粉末を加味したもので、アミノ酸スコア100という非常に高い品質を誇るものです。

このプロテインの優れている点をまとめると、

【めっちゃ良質なプロテインの特徴】

  • おいしくて満足感がある
  • 腹持ちがよく、4時間は活動できる
  • 夜に摂取しても、おなかにもたれない

このプロテインを摂取していたおかげで、体重が10キロ減っても、筋肉はまったく落ちませんでした。

ハーブデトックスの結果(5)心にも変化が

身体だけでなく、心にも変化が起こりました。

【デトックスで心に変化】

  • 様々な感度がアップする
  • 苦しみも敏感に感じるように
  • 人の言葉が「腑に落ちる」
  • 仕事の生産性がより上がる
  • 固執せず手放せるように
  • 食に対する意識改革

ひとつずつ見ていきましょう。

様々な感度がアップする

見通しのいいクリアな感覚。音楽を聴いているときも、音の波動だけでなく、演奏者が発するエネルギーを微細に感じるように。頭ではなく魂に届く感じ。

苦しみも敏感に感じるように

感覚が鋭くなった分、より敏感に傷つくようになった面もあります。これはちょっと辛いことでした。妻からの言葉が、より深く心に刺さってしまって…

人の言葉が「腑に落ちる」

人の発する言葉が、波動となって魂に響く感覚。まさに「腑に落ちる」感じ。

仕事の生産性がより上がる

思考がぐるぐる回らず、整理されていく。仕事が重複しても、全体を俯瞰しながら、優先順位を明確に判断できるように。

固執せず手放せるように

ひとつのことに固執せず、思い込みをスッと手放すことができるように。よりいい方法を柔軟に選択できるようになりました。

食に対する意識改革

食に対して、次のように考えられるように。

【食に対する意識改革】

  • 空腹は気持ちのいい状態である
  • 「脳の声」よりも「腸の声」を聞く
  • 21時以降は腸を休める時間
  • 朝は排泄を促す時間
  • 「毒」への中毒症状を自覚する
  • 本当に身体が喜ぶものを摂る

ハーブデトックスの結果(6)リバウンドしない

最後にダメ押しの情報を。

短期間にこれだけ急激な変化があれば、普通ならリバウンドのリスクが高いですよね。

僕の場合はどうだったか。実際のグラフをご覧いただきましょう。

まずは体重のその後の経過です。

4ヶ月間、理想体重の56~58キロをキープしています。

続いて体脂肪率の経過です。

こちらも、理想値である15~18%をキープしています。

なぜこんなことが可能なのかというと、次のようなことが考えられます。

【リバウンドしない理由】

  • 食に対する意識が改革された
  • 空腹が気持ちのいい状態だと知った
  • すっきりしたウェストが愛おしい
  • 気持ちが前向きになった

無理をして身体を痛めつけた結果なのではなく、自然なあるべき姿に戻ったからこそ、リバウンドと無縁なのだと思います。

注意
この記事は、効果を保証するものではありません。個人によって結果は異なることをご留意ください。

【関連】 僕がいま取り組んでいるサイドビジネスがあります。海外旅行の企画をシェアするもので、大きな副収入につながっています。詳しくはこちらへ。

 

世界を旅するビジネス企画を見る

 

★期間限定のキャンペーンで現在6万円プレゼント中!

 

★ご不明な点は問い合わせフォームにコメントください。

えいぷりお的まとめ

4週間の断食というのは、決して楽なことではありません。食欲に悩まされることもありました。

おそらく一人では乗り越えられなかったと思います。トレーナーが常に伴走してくれたから、やり遂げることができました。

結論はハーブデトックスに取り組んでよかった!です。

体重も体脂肪率も理想値になり、身も心も本当に軽くなりました。リバウンドもしていません。

心の感度が高まり、見える景色が変わりました。

「腸は第二の脳」と言われますが、僕は腸は魂そのものだと思います。腸がきれいになることで、あらゆる感覚や言葉は直接「たましい」に響く。そんなことをハーブデトックスを通じて体感しました。

あなたにも、この感覚を味わってもらいたいです。

興味のある方は、問い合わせフォームからメッセージください。僕がお世話になったトレーナーを紹介することもできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください