初めての方はこちらへ! 記事のご案内


血管年齢を測定できる機器「U-BIO(ユーバイオ)」で健康状態を把握しよう!

こんにちは!えいぷりおです。

血管年齢という言葉を聞いたことがありますか? 健康状態を知るための指標として、最近注目されています。

血管の状態が分かれば、身体の状態からストレスの度合いまで、様々な情報が得られます。

でも、どのようにしたら血管年齢を測定できるかは、あまり知られていません。

今回は、血管の状態を短時間で簡単に、しかも精密に測ることのできる機器をご紹介します。

その名もU-BIO(ユーバイオ)。美容大国の韓国で、国家の支援を得て開発されました。

「U-BIO(ユーバイオ)」とは

UBIO

U-BIOとは、血管年齢やストレス、各臓器の状態を、指先を使って短時間で測定することができる機器です。

手の指先に洗濯ばさみのようなセンサーを取り付け、約2分半かけて測定します。血管の状態(血管の詰まり具合・血管の弾力性など)をはじめ、心身のストレスの度合いや各臓器の状態などが数値化されます。

開発したのは、美と健康に対する意識が高いと言われる韓国。2014年ごろ日本にも導入されました。

U-BIOの世界での利用実績

UBIO使用

開発国の韓国では、一般企業にも導入され、社員の福利厚生の一環として利用されているところが多数あります。

韓国以外では、インドネシアの保健所に重点的に導入されていて、すでに8000カ所で使われています。ロシアやアメリカの医療機関でも導入が進んでいます。

日本でも医療機関などに導入の動きがあり、すでに3000カ所以上で使われています。測定は自由診療なので、通常10,000~15,000円ほどの料金がかかります。

一般的なパルスオキシメーターとは違う

「パルスオキシメーター」という医療器具をご存じでしょうか。血中酸素濃度と脈拍を10秒ほどで測定できるものです。

高齢者の日頃のバイタルチェックや、喘息患者がちゃんと酸素を取り込めているかの確認などに役立ちます。

Amazonなどで評価の高い機器には、6000円ほどで購入できる手軽なものもありますね。

U-BIOはパルスオキシメーターと形状は似ていますが、測定できる内容も精度も、まったく違います。その能力の高さが、世界的に注目を集めているのです。

U-BIOで測定できる項目

僕は医療機関ではなく、友人に測定してもらいました。彼はデトックス(解毒)の指導を専門的に行うトレーナーとして、全国で活動している人です。

医療機関では有料(10,000~15,000円)ですが、彼はクライアントの健康状態を把握するために無料で測定していました。

洗濯ばさみのようなセンサーを指先に装着。テーブルの上に静かに手を置いた状態で、ゆっくり呼吸しながら約2分半。

指先の毛細血管の微細な変化から、血管に関わる様々なデータが測定されます。

2分半が経過すると、センサーにつながれたノートパソコンの画面には、次のようなファクターが数値化されて表示されます。

【U-BIOの測定項目】

  • ストレス指数
  • 交感活性
  • 副交感活性
  • 自律神経均衡
  • 平均脈拍
  • 脈拍標準偏差
  • 平均編者
  • 脈拍変化度
  • 心拍分布図
  • 自律神経均衡図

なんだかちょっと難しいですね。でも、これらの数値を見ていくと、心身の状態が詳しく分かります。

僕の測定結果を例に、ひとつずつ見ていきましょう。

ストレス指数

UBIO1-2(ストレス)

どれだけ心身に負荷(ストレス)がかかっているかが数値化されます。数値が小さいほどストレスが小さく、大きいほどストレスが大きいことを示しています。

【ストレス指数で何が分かる?】

  • 25以下・・・ストレスがほとんどない
  • 25~35・・・一時的なストレス状態
  • 35~45・・・慢性ストレスの初期段階
  • 45~60・・・ストレスが反復して弱りはじめている
  • 60以上・・・慢性ストレスで専門医との相談が必要

このような感じで、自分のストレス状態を知ることができます。

僕の測定結果は、なんと71! すぐに病院に行かなければならないレベルでした。

トレーナーによると、これまでに500人以上を測定してきた中で、70以上はたったの3人。僕は上位1%の超エリートだったのです(涙)

やっぱり妻との関係が大きなストレスになっているのかな…

【家庭内別居の意味とは】離婚したいのにできない理由は何か? ー僕の体験談を交えてー

交感活性(肝臓の状態)

UBIO交感

交感活性という言葉は、あまり耳馴染みがありませんよね。これは、緊張、興奮状態を示すファクターです。低い値ほどリラックスした状態を示します。

上のグラフの緑色の部分が正常値です。

それに対して、赤マークの僕の値は、正常値をはずれて、かなり低い数値となりました。

これは、疲労が蓄積しすぎて緊張・興奮状態になるだけのパワーが残っていないことを示しています。リラックスを通り越して無気力に近い状態というわけです。

トレーナーによると、この値は「肝臓」の状態を反映するのだそうです。つまり僕の肝臓は、かなり機能が低下していて、あまり解毒ができていない状態だったのです。

副交感活性(胃腸の状態)

UBIO副交感

副交感活性とは、怒り、憂い、恐怖状態を示すファクターです。低い値であるほど、怒りや憂いや恐怖の強い状態で、高い値であるほど、そういった負の感情のない状態となります。

上のグラフの緑色の部分が正常値です。

僕の値は、ギリギリ正常範囲内にありますが、とても低い値。つまり僕は怒りや憂いや恐怖をかなり強く感じながら生きているようなのです。

あぁ、妻からディスられることの恐怖! 日々、妻からのモラハラに耐えている結果でしょうか…

あなたの奥さんはモラハラ妻? 8つの特徴と対処法まとめ(僕の体験を交えて)

トレーナーによると、この値は「胃腸」の状態を反映するそうです。食べたものから栄養をきちんと吸収できていない可能性があると指摘されました。

さらに「第2の脳」と言われる腸のはたらきが低下しているということは、実は思考や意識にも悪影響が及んでいる可能性があるのです。

自律神経均衡(自律神経のバランス)

UBIO自律神経均衡

自律神経均衡とは、自律神経がちゃんとバランスがとれた状態かどうかを表す指数です。

上のグラフの緑色の部分が正常値です。

赤マークの僕の値ですが、ようやくマシな値が出ましたね。ホッ・・・

逆に言うと、この強靱な自律神経がなければ、僕は疲れ切った心と身体を支えることができないのかもしれません。

よく妻からは「あんたはピンピンしてていいよね」とイヤミを言われるのですが、何のことはない、自律神経だけで立っているようなものだったのです。同情してほしいですよ…

平均脈拍(血液を送り出す力)

UBIO平均脈拍

1分あたりの平均心拍の指数

上のグラフの緑色の部分が正常値で、高い値であるほど心拍の状態がいいとされます。

僕の値は、基準に収まってはいますが、低めの数値。全身に血を送り出す元気が、ちょっと足りていないようです。

脈拍標準偏差(外部環境への適応力)

UBIO脈拍標準偏差

これは、外部環境に対する適応力を示す指数です。

上のグラフの緑色の部分が正常値で、高い値であるほど適応力が優れています。

僕の値は、またもや基準値からはずれて、極めて低い数値。もう驚きもしません。

僕は激しい疲労とストレスを抱えながら、なんとか自律神経の強さで生きていますが、「もう適応しきれない!」と身体も心も悲鳴を上げている。そんな状態のようです。とほほ・・・

平均編者(怒り、憂い、恐怖)

UBIO平均編者

先ほど出てきた「副交感活性」と似ていますが、怒り、憂い、恐怖状態を示す指数です。

上のグラフの緑色の部分が正常値で、値が低いほど怒りや恐怖が強い状態です。

僕の値は、正常範囲内ではありますが、やはり低い値。怒り、憂いが強いことが、この指数でも裏付けられました。

脈拍変化度(多様性・元気さ)

 UBIO脈拍変化度

脈拍の多様性を示す数値で、変化が多様なほど元気と言えます。

成人の平均値が30~40程度で、20以下なら慢性ストレスを抱えていることを示します。

僕の値はかなり低くて18。慢性ストレスにさらされている状態でした。

心拍分布図(ストレスの度合い)

UBIO心拍分布図

心拍の状態をグラフ化したものです。緑色の放物線の中を、オレンジ色の棒グラフが満たすような形で、なだらかに分布するのが良い状態です。

分かりやすく言うと、心拍の穏やさを示したグラフということです。

僕の場合、オレンジの部分が、切り立った崖のようになっていますよね。これは、過度なストレス状態を示しています。

自律神経均衡図(ストレスのタイプ)

UBIO自律神経均衡図

ストレスのタイプを、慢性~急性、過労型~病気型で、いくつかの類型に分けています。

赤いボックスに入るのが理想的なのですが、僕の場合(緑色のドット)は、左に大きくはずれています。

これは、慢性の度合いが強く、過労と病気、どちらの要素も持ち合わせていることを示しているようです。

血管年齢は何歳?

ここまでにご紹介した測定項目に加えて、血管年齢が表示されます。もちろん若ければ若いほど、弾力性があり、血を全身に送り出す力が強いことを意味します。

僕の血管年齢は… なんと11歳でした!

測定項目は悪い数値ばかりだったので、矛盾しているように見えますよね。でも、総合して考えると、次のようにまとめることができます。

【U-BIOで分かった僕の状態】

  • ストレスがひどく病院送りレベル
  • 肝臓の機能が低くなっている
  • 胃腸の機能も低くなっている
  • 気力が落ちている
  • 怒り、憂い、恐怖にさいなまれている
  • でも自律神経は強い
  • 血管は柔軟で少年のよう
  • だから何とか生きていられている

このように、たった2分半の簡単な測定で、心身の状態が様々な角度から分かるのが、U-BIOのよさなのです。

U-BIOはどこで入手できるのか

このU-BIOはどこで入手できるのか、気になる方も多いと思います。

結論から言いますと、残念ながら一般には販売されていません。

では、どこで入手できるのかというと、デトックス(解毒)の専門知識を持ったトレーナーを通じて買うことができます。僕の測定をしてくれた方も、その一人です。

測定してほしいだけの場合も、トレーナーが対応してくれます。

これまでに、このブログを読んでくださった多くの方から、U-BIOについて問い合わせをいただいています。

実際にU-BIOを購入された方も多く、その中には医療関係者や鍼灸整骨院の方などの仕事をされている方もいます。

皆さん、日頃の活動に役立てておられるようです。

また、当ブログを通じて測定を体験された方も数多くいて、「自分の状態を客観的に知ることができた」と喜んでおられます。

少しでも興味のある方は、こちらの問い合わせフォームから、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちらのボタンへ

U-BIOの測定結果を健康増進の糧に

たった2分半の簡単な測定で、様々なデータが得られるU-BIO。

僕は自分の測定結果を見て「このままでは近いうちに倒れてしまう…」と気付くことができました。

そして、トレーナーの指導でハーブデトックスという画期的なプログラムに挑戦することにしたのです。

〔関連記事〕ハーブデトックスの概要は、こちらの記事をどうぞ。

ハーブデトックスとは何か? 身体を解毒する画期的な方法と、その効果を徹底解説!

〔関連記事〕僕が取り組んだ7週間のハーブデトックスの体験談は、こちらの記事をどうぞ。

ハーブデトックス体験談 7週間で10kgダイエット!健康的に痩せた全記録【写真あり】

興味のある方は、問い合わせフォームからメッセージください。僕がお世話になったトレーナーを紹介することもできます。

お問い合わせはこちらのボタンへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください