住宅の購入で夫婦が危機に!? 家を楽しく買うためのポイントとは | げんきリズム
初めての方はこちらへ! 記事のご案内


住宅の購入で夫婦が危機に!? 家を楽しく買うためのポイントとは

こんにちは! 家庭内別居ブロガーのえいぷりおです!

夫婦関係がダメになるきっかけには色々ありますが、「住宅の購入」もそのひとつ。

人生最大の買い物と言われる家の購入は、夫婦の価値観の違いが突きつけられる危険な場面です。

人生のビジョン、金銭感覚、子育ての考え方…

夫と妻は1件の家をめぐって、お互い価値観をすり合わせていかなければなりません。

僕は残念ながら、家の購入で、妻との関係を決定的にダメにしてしまいました。

これから家の購入を考えているご夫婦、特に旦那さんには、僕と同じ失敗はしてほしくない。

だから、恥を承知で僕の失敗談をお伝えすることにしました。

家の購入は家族の幸せのため。それを実現するためのポイントを探っていきます。

もともと夫婦関係は壊れかけていた

家の購入を考え始めたとき、僕たち夫婦の関係は、すでに壊れかけていました。

その経緯は、こちらの記事をご覧ください。

【家庭内別居】僕たち夫婦のパートナーシップが壊れてしまった理由(体験談)

一つ目の大きな危機は、二人目の子供の妊娠・出産で、産後クライシスと呼ばれる状態になってしまったこと。

【産後クライシス】妻が僕を憎むようになった理由(体験談)

そして二つ目の危機が、家の購入でした。

住まいに対するビジョン

まず大事なのは住まいに対するビジョンを持つこと。

賢明な人ならば、20~30代で住まいのことを真剣に考え始め、夫婦で相談しながら計画を立てていくでしょう。

例えば、こんな感じで…

住まいに対するビジョン
  1. 暮らしたい地域
  2. 子供の成長と住まいの形
  3. 賃貸なのか、購入なのか
  4. 戸建てなのか、マンションなのか
  5. 建売なのか、注文住宅なのか
  6. 住宅ローンの計画は

このように、考えるべきことはたくさんありますよね。

購入するとしたら、20代で計画を立てて30代で購入、定年までに住宅ローンを完済… と計画的に進めるのがベストでしょう。

ずっと賃貸でいく、という決断もありです。家族の状況に合わせて、その都度、最適な家を借りるという考えも理にかなっています。

でも、僕はずっと惰性に任せて、何も考えないまま40歳を迎えてしまいました。

もともと軽度の発達障害の傾向を持っていた僕は、大きな変化が苦手。家のことは難しすぎて、考えることから逃げていたのです。

【大人の発達障害】軽症・グレーゾーンでも夫婦関係に深刻な影響をもたらす(体験談1)

人生のビジョンを持っていない僕に対して妻は、「こいつ大丈夫なのか?」と思っていたに違いありません。

家を購入するタイミング

家を購入するとしたら、そのタイミングはとても重要です。

特に注文住宅を建てるなら、タイミングを間違えると大変なことになります。長期間にわたる打合せなどで、大きな負担がかかるからです。

家を購入するタイミングは、家族の大きなイベントとぶつからないように、慎重に考えなければなりません

例えば、次のようなことです。

家の購入で避けるべきタイミング
  1. 妊娠や出産
  2. 子供の受験
  3. 家族の体調が悪いとき

僕は見事にタイミングを失敗しました。

二人目の子供が生まれたばかりの育児の大変な時期。しかも上の子が受験を控えた時期に、注文住宅の購入を決めてしまったのです。

家族みんなに大きな負担を強いるタイミングでした。

これから家のことを考えるあなたには、家族にとって無理のない時期を選んでほしいです。

余裕をもって計画を立て、無理のない時期に購入を決め、楽しい気持ちで引っ越しをする

それができれば、新しい家は必ず幸せな場所になるはずです。

ローンは余裕をもって組む

家を買うとなれば、あなたもきっと住宅ローンを組むことになるでしょう。

自分の収入で、いくらのローンが組めるか、難しい問題ですよね。

独りで考えず、必ずファイナンシャルプランナー(FP)に相談するようにしましょう。

FPの選び方も大切です。

不動産屋や住宅メーカー、銀行から紹介されるFPは、あっちの味方です。できるだけ高い買い物をさせようとしてきます。

ですので、中立的な立場のFPがベストです。難しいかもしれませんが、知人のツテなどで信頼できる人を見つけて相談してみてください。

そして、少しシビアにライフプランを検証しましょう。

会社の給料は、今後下がる可能性もあります。

もし2019年に消費税が10%に上がってしまえば、確実に日本経済は腰折れします。そうなれば賃金にも悪影響が出ることは必至です。甘い見積もりは禁物です。

退職金で完済するプランもリスクがあります。20~40代の時点で定年退職金は正確には計算できません。今の会社のまま定年まで勤め上げられるかどうかも分かりません。

大きな病気にかかる可能性もあります。2人に1人がガンにかかる時代です。住宅ローンに3大疾病の保険をつけることも検討しましょう。

このようにシビアに見積もって、安心できる金額でローンを組むことが大事です。そうすれば、奥さんも子供たちも安心です。

残念ながら僕は住宅ローンの組み方も失敗しました。

毎月の支払いはそれまでの家賃と変わりませんが、完済は75歳! 定年退職した後、どうやって支払い続けるのか… 見通しが甘すぎますよね。

ここでもまた、僕は妻の信頼を落としてしまいました。

引っ越しも計画的に

引っ越しも家族の負担になるので計画的に

学校の大きな行事などは避けるように、家族とよく相談して時期を決めましょう。

パッキングも計画的にコツコツやりましょう

育児などが大変な時期なら、お任せプランを頼んでもいいかもしれません。

コストはかかりますが、引っ越しで家族が疲弊して、その後の生活が大変になるよりも、長い目で見たらお得かもしれません。

残念ながら僕は引っ越しもうまくできませんでした。

二人目の子供が小さかったので妻は育児に専念し、パッキングは僕に任されていました。

でも、引越し当日になっても、荷詰めが終わっていない有様。仕事が大変で… などという言い訳は通用しません。最悪でした。

この出来事も妻の僕に対する失望を大きくしました。

えいぷりお的まとめ

  • 住まいに対するビジョン
  • 購入するタイミング
  • 住宅ローンの組み方
  • 引っ越しの段取り

僕はすべての面で失敗してしまいました。

そして、そのことが、夫婦関係が壊れる決定打となりました。

これから家の購入を検討するあなたは、僕を反面教師にして、焦らず謙虚に一歩一歩しっかりやってくださいね。

〔参考図書〕住宅購入の基礎的な知識が網羅された本。住宅ローン控除などの新しい情報も加味されていて参考になりますよ。

created by Rinker
¥1,512 (2018/08/16 10:29:39時点 Amazon調べ-詳細)

パートナーシップに関する記事について

パートナーシップは最も難しい人間関係ですよね。自分という人間の弱さや欠点が、えげつないくらいに出てしまうのですから。

僕自身の未熟で情けない夫婦関係の悩みを、できるだけ正直に赤裸々に表現することで、よりよい関係への道を探りたいと考え、パートナーシップに関する記事を書いてきました。

下のボタンから「パートナーシップ」に関する記事を分かりやすくまとめたページに移動できます。ぜひご覧ください。

パートナーシップの記事まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください