初めての方はこちらへ! 記事のご案内


【家庭内別居のつらさ】冷え切った空気、子供への影響、将来への希望が見えなくなる…

こんにちは。えいぷりおです。

僕は妻との関係が壊れて、家庭内別居になってしまいました。

本当は仲のいい夫婦になりたかった。でも、自分の未熟さから、それを叶えられず、とても残念に思っています。

これから家庭を築いていく人たちには、僕と同じ思いはしてほしくありません。

そこで、家庭内別居のつらさについて、お伝えしておきたいと思います。

この記事は、家庭内別居の悲哀というテーマで書いた連載のひとつです。

夫婦関係に悩む方の参考になればと思い、僕の失敗談を交えながら、今回は家庭内別居のつらさについて書いていきます。

家庭内別居のつらさ

家庭内別居には、どのようなつらさがあるのか。リストアップしてみます。

【家庭内別居のつらさ】

  • 挨拶も交わさない冷え切った空気
  • 楽しい家族イベントがなくなる
  • 互いの非を責め合う無限ループ
  • 子供に気を使わせてしまう
  • 将来に希望が見いだせなくなる

ひとつずつ見ていきましょう。

挨拶も交わさない冷え切った空気

家の中の冷え切った空気は、知らず知らずのうちに心にダメージを与えます。

挨拶も交わさず、目も合わせなくなると、本当に心の底が乾いてガサガサになっていきます。

こうした日々のダメージによって、仕事の生産性も落ちるので、放っておくと職場で大きな失敗をしでかすことも。

家庭の問題が仕事にも悪影響を与えはじめると、どんどん悪循環にハマっていきます。こうなると、本当につらいです。

僕は幸い仕事で大きな失敗をすることはありませんでしたが、いつも疲れ切っていて、同僚から「顔色が死体みたいだな」と言われたこともあります。

僕からのアドバイスとしては、最低限のルールとして「挨拶だけは交わしましょう」ということを、夫婦間で合意した方がいいと思います。

【関連記事】 「家庭内別居のルール10項目」はこちらの記事へ。

家庭内別居のルール10項目 ー最低限のマナーを守って平穏に過ごすコツー

楽しい家族イベントがなくなる

僕たち夫婦はもともとは仲がよかった(少なくとも僕はそう思っていた)ので、楽しい家族イベントが色々とありました。

子供がらみの行事は年間を通じてたくさんありますし、長い休暇には旅行に行ったりもしました。

そういったイベントが、家庭内別居になると一切なくなってしまいます。

楽しかった時期があっただけに、今の状況が虚しくて、寂しくて、やりきれなくなります。

互いの非を責め合う無限ループ

ただ会話を交わさないだけなら、まだマシかもしれません。

互いの非を責め合う無限ループの状態に陥ってしまうと、悲劇です。

ちょっとした出来事で、どちらかが相手を非難したとします。その言い方は、どうしてもキツくなります。

言われた方にも言い分があるので、反論します。どんなに冷静に言い返したとしても、言葉はより攻撃的になります。

反論された側は、怒りに火が付き、過去のことまで持ち出して反撃に出ます。

過去のことは関係ないだろ!と応戦しはじめるころには、最初のきっかけはどうでもよくなっています。

僕の場合、これが明け方まで続くこともザラにありました。性も根も尽き果てるとはこのことです。

ボロボロになって完全徹夜のまま出社しますが、仕事に身が入るはずもなく、疲労困憊して帰宅。

疲れ切った顔が当てつけがましいと、また妻の攻撃が始まって… とまた無限ループに突入していきます。

これは本当に地獄です。

子供に気を使わせてしまう

家庭内別居の一番の犠牲者は子供です。

子供は、両親が仲良く笑ってくれていることを望んでいます。それなのに、親は身勝手に冷え切ったり、攻撃し合ったり…

さらには、どちらか一方の親が、もう一方の親の悪口を子供に吹き込むこともあります。

これは、ある意味、虐待だと僕は思います。

僕自身、子供に妻の悪口を言ってしまったことがあるし、逆に妻も僕の悪口を吹き込んだことがあります。

どちらの方が悪いなどと考えるのは愚かなことです。傷ついているのは子供なのですから。

家庭内別居の家の子供で、傷ついていない子はひとりもいないのではないでしょうか。

将来に希望が見いだせなくなる

家庭内別居にゴールがあるとすると、ふたつしか道はありません。

ひとつは、夫婦関係を修復する道。

もうひとつは、離婚です。

でも、ほとんどの場合、どちらの道も取ることができません。夫婦関係は修復不能、そして離婚に踏み切ることもできない。

つまり、ゴールのない道を進んでいくことになるのです。

家庭内別居の夫婦は、将来に希望を見出すことのできないこの状況に、耐え続けなければなりません。

えいぷりお的まとめ

このように、家庭内別居という生き方は、幸せの対極にあります。

だから、もしあなたがこれから家庭を築いていくのなら、絶対に道を誤らないでほしい。

夫婦関係を破綻させないよう、結婚後こそ人としての成長を目指してください。

【つづき】 「家庭内別居が子供に与える影響」はこちらの記事へ。

夫婦関係のカテゴリーはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください