【パートナーシップ】女性はなぜ過去の事をいつまでもネチネチと蒸し返し続けるのか?―怒りは悲しみの表現なのか―

スポンサーリンク

男性にとって女性は宇宙人のようなものです。ことに「怒り」のメカニズムは、男性の理屈を超えていて理解不能。一つのささいな出来事から、芋づる式に過去の出来事を蒸し返して攻め続ける…男性はこれにどう対処すればいいのでしょうか。

女性は過去を蒸し返して責める生き物

女性の怒り タイトル

男性の多くが、女性から過去を蒸し返されてエンドレスに責められる…という経験をしているのではないでしょうか。僕もまさにそうで、ほとほと困り果てています。

一つのささいな出来事をきっかけに、「あなたはひどい人間だ!」ということになると、次々に「ひどい人間エピソード」が芋づる式に蒸し返され、怒りの炎が燎原の火のごとく燃え広がり鎮火不能になります。

過去の出来事は、今さらどうしようもありません。「何度あやまれば気がすむんだ…今のことと関係ないだろ」という気持ちが少しでも表に出ようものなら、さらに火に油を注ぐことになります。

僕は確かに過去に妻の気に入らない言動をしたかもしれない。でもそのことは、そのたびに反省して改善の努力もしてきました。今起きている出来事に対しては、何が問題となっているのかを考えて、今後に向けての改善点を探る。それ以上でもそれ以下でもないと、僕は考えています。男性の多くは、こういう思考をするのではないかと思います。

女性に過去を蒸し返されるたびに、うんざりした気持ちになり、かえって現状が見えなくなり、適切な反省や改善ができなくなります。そういうことが重なると、相手の女性への嫌悪感、あきらめ、関係を続けていくことへの絶望につながっていきます。

今この瞬間の問題にフォーカスすればいいはずなのに、なぜ女性は、過去と関連付けて「深刻な問題」にしようとするのか。男性はどう対処すればいいのでしょうか?

女性と男性は脳の仕組みが違う

女性の怒り 脳米

こうした男性と女性の思考の違いを、簡潔にまとめた文章があったので、一部引用してみます。

「女性を味方にする言葉、敵にする言葉」(PHP文庫)という書籍の著者として知られる心理学者の伊東明(いとう・あきら)さんが、プレジデント・オンラインに寄稿した「なぜ女は、怒ると芋ヅル式に過去を掘り起こすのか」という文章です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

女性を味方にする言葉、敵にする言葉 (PHP文庫) [ 伊東明 ]
価格:514円(税込、送料無料) (2017/10/15時点)

 

男女の行動特性には意外なほどの違いがあり、男がロジック(論理)の生き物なら、女はエモーション(感情)の生き物です。これは私が勝手に決めつけたことではなく、現代の心理学や生物学、脳科学においてすでに定説となっている考え方です。

男性なら「君はこうすべきときに別の選択をして、僕たちに大きな迷惑をかけた。だから許せない」などと、ロジカルな怒り方をしますが、女性の場合はまず「怒り」という感情が先にあり、それを正当化するためにロジックを展開します。筋道が逆なのです。

(中略)

まさに芋ヅル式に、数カ月前の話から何年も前の話、はては結婚前の出来事まで掘り起こしては列挙し、呆然とする夫を責め続けます。この場合、何かをきっかけに「ひどい人」と思ったら、それを補強するような証拠を、ありとあらゆるところから引っ張り出してくるのです。ロジックはエモーションの後付けにすぎません。

女性は男性に比べて感情の記憶が豊かです。比喩的に言うと、脳内にさまざまな感情が格納され、感情にはそれをもたらした記憶が付随しています。男性がフォルダ一つ分だとしたら、女性は本棚一列全部というくらい量に差があります。さらに女性の感情を伴う記憶へのアクセス速度は、男性より格段に速く、目の前の出来事が、あっという間に過去の感情を伴った記憶とリンクします。

その中で過去の話を引っ張り出すのは、女性からみれば必勝の戦略なのです。過去に起きたことは変えようがないから、男性には反論のしようがありません。
(引用:プレジデント・オンライン

なるほど!びっくりするくらいに過去のことを覚えていて、ささいな出来事をきっかけに「過去の嫌な出来事データ」に瞬時にアクセスしていく… これは男女の脳のシステムの違いなんですね。

となると、この違いを受け入れた上で、対処法を考えるしかありません。

女性からの意見

女性の中にも、こうした女性ならではの性質を自覚している人もいて、自制する必要性を説いています。いくつか取り上げてみます。

女性に多いですよね?喧嘩してる最中過去のことを持ち出すパターン。
私も女ですが、私自身気をつけています。

結論として、言わないほうがよいです。
理由は、過去の喧嘩内容を話すことにより、あなたがさらにイライラをヒートアップさせるから。
聞いている相手も、今言われても…みたいになり、反省する気すらならない。
(引用:yahoo! 知恵袋

 

今の喧嘩に関係ない喧嘩を持ち出す事はしません。今の喧嘩の理論からずれますので。喧嘩を脱線させるのが良いとは思えないので。

ただし、過去にも同じ失敗をして、改善されていない場合は
「過去の話をだすよ」
と前置きしてから
「過去、今回の類似点」
をあげて、失敗を繰り返してるので
「改善策を出してくれ」
と要求します。

喧嘩は現在の不満を改善するためにするものです。
必要であれば、引っ張り出す事によって相手に再認識させるためなら、出す事もあります。
(引用:yahoo! 知恵袋

 

うちは、私がそのタイプ^^;
自分でほじくり返して、またはらたって・・・
自分でも自分に腹が立つくらい;

うちの場合、旦那が黙って聞いてる^^
そうそう!そういう奴には、「まだ始まったよ^^;」
って流しちゃえばいいと思います。

私が、それでおさまるから
(引用:教えて!goo

 

喧嘩をしたときに、過去のことに焦点をあて、無意識に過去をむし返し、せめてしまうのは、自分は犠牲者であり彼が悪者で、罰を与える権利があることを主張するためです。

誰にも過去を変えることはできません。喧嘩をする度に過去のことをむし返し、悪者扱いされたら、あなたと一緒にいるのが苦痛になり、やがて彼に別れを告げさせてしまいます。どう言えば納得してもらえるか、よく考えてから発言してください。
(引用:女性の美学

スポンサーリンク

男性からの意見

男性の側は、どのように対応すればいいのか。これについても、参考になる意見をいくつか挙げげてみたいと思います。

こちらが戦いを挑めば、相手もバトルモードになりますし、相手の落ち度を突くとこちらの落ち度を突かれます。
相手を無視すれば、逆切れするか無視されます。
そしてお互い望んでいないのに嫌な思いをして、何日もつまらない日々が続きます。

まず、私は伝え方を変えました。
貴女の事は大好きだけどこう言う事をされるのは嫌いだよと、つまり相手を責めるのでなく、している事が嫌だよ伝える様にしました。
するとワイフも同じように、貴方の事は好きだけど私はこれをされる事は嫌と言うようになりました。
お互い相手の嫌がることを極力しないようにしたら、争う事が殆どなくなりました。
(引用:教えて!goo

先ほど引用した心理学者、伊東明さんの文章の最後に、男性が女性の怒りをかわす方法が書かれています。専門家の意見、参考になると思いますよ。

もし女性の怒りを鎮めたいのであれば、男性は「自分の言い分が絶対に正しい」と思える場面でも、とにかく女性の言い分を認めてあげることです。できれば「そうだね、あのときは悪かった」と謝ってみせるのが上策です。

しかし、実際にそう言えるかというと別問題。よほど場数を踏んでいないかぎり、悪いと思っていないのに謝ることはできません。「そんなこともあったね」と、うなずきながら事実関係を認めることが大切だと思います。
(引用:プレジデント・オンライン

「怒り」は「悲しみ」の表現なのか

女性の怒り 悲しみ

ここまでに挙げてきたのは、わりと一般的な見解だと思います。「まぁ、そうだよね」「そんなこと、分かってるよ」という方も多いでしょう。

僕が今回、この記事を書こうと思ったのは、自分の妻に対する対応の仕方を学ぶためでした。

そのためにネット上を色々と調べてみたのですが、ここまでにご紹介したような考え方とはまったく違う観点から、とても心に響いたブログ記事がありました。

「花は折りたし梢は高し」というタイトルの個人ブログです。女性が書いたものです。その中に「女が過去の話を持ち出してネチネチ責める心理について書いてみる」という記事があり、その内容が非常に深かったのです。

心に響いたフレーズを、いくつか引用させてもらいます。

もともと飲み込めるほどの、キャパシティに収まるような怒りだけで済んでいるなら、ネチネチは言われないのだ。
あまりにも大きな痛み。もしくはささいな痛みの積み重ね。
飲み込んだつもりの怒りが逆流し、んんん、どうしても腹がおさまらん!となっているのだ。
そうなるとアレだ。ドカンと爆発をして、( ゚д゚)、ペッと吐き出す。

(中略)

仕事のクライアントかなんかだと思えばいい。
例えば一度の請求書のミスを、今までの付き合いに免じて許してもらえたからといって、二度三度は許してもらえるかといったらどうだろう。
今まで許してくれてたじゃん。大した間違いじゃないじゃん。
仕方ないじゃん確認する時間なかったんだから。
分かってるならいちいち指摘すんなよ。

そんなのはいつまでも通用しない。

(中略)

どうにかしてほしい、と。分かってよ、と。
今プンプンしているのは、実際はそこまで怒っていない。
いきなり?と言われないように、奮い立たせて怒っている。
そこにあるのは愛である。

(中略)

世の男性陣に言いたい。
確かに女性の言い方は論理的じゃないかもしれない。
ただ、男性こそ論理的になるべきなのだ。
あなたのやってきたことが「ふわっとしたなにか」で許されるわけじゃないんだと。
論理的に謝罪すべきなのだということに気がついていただきたい。
コレコレこういう事情があって、コレコレこうなった。
でも今はコレコレこういう風にして再発防止に努める。と。企業の謝罪会見のように。
心から納得してもらえるように。

どんな理由であれ、あなたが深く傷つけたその出来事は、あなた自身にとっては通過点であって、終わったこととなっていたとしても。
実際許されているわけでも、受け入れているわけでもないのだ。
終わっていないですよ。溜飲を下げられてはいないですよ。流せてもいないですよ。
ただ結論や判断を保留しただけですよ。
あなたへの大いなる愛をもって。力づくで。痛みを伴いながら、心に収めたのだ。

直視を避けて逃げ続けられる限り、その傷は癒えることなく膿んでいく。

すっかり終わったことのようになっている、忘れきった様子を見て、下手すると同じことを繰り返す様子を見て。
いずれ愛だけでは支えきれず、爆発する。

その本質は怒りではない。ただただ、悲しいのだ。
愛を持って棚上げしたその痛みすら、気付かれていないという事実に。
当たり前と思われているその扱いに。

高まったフラストレーションの正体とは、結局のところ、信じてたものが裏切られたと感じているからだ。
共感が得られると思っていた相手から、自分の、当たり前と思っていた価値観を否定されたような気がするからだ。

そしてそれでもなお怒り続けている理由は、これ以上相手に失望したくないからだ。
分かってくれる人だと信じたいのだ。
(引用:花は折りたし梢は高し

「女はなんでこんなにネチネチと文句を言い続けるんだ…」と思ったことのある男性諸氏は、一度この記事の原文を読んでみてください。

「その本質は怒りではない。ただただ、悲しいのだ」という一文は、僕の心に深く刺さりました。そして、著者は最後に、男性が取るべき態度を、こう指南しています。

結局怒らせてしまったら、共感して謝り倒して二度としないと信じてもらえるまで何度も誓ったり謙虚な姿勢を示して
がむしゃらに取り戻すしかないのだ。失った信頼を。
そのプロセスを経て、「もういいよ…」と相手が音を上げるまで、何度も何度も。

「もういいよ…」と言ってもらえるまで、がむしゃらに謝り続けることができるか、その前にうんざりして相手の女性から心が離れてしまうか…

つまるところ、男性の愛の深さが試されているのかもしれません。

僕は正直、妻から気持ちが離れかけてしまっているのが正直なところです。「うんざり」が重なり過ぎてしまって。がむしゃらに謝り続けるなんて、今さら面倒くさくてやる気にならない、というのが偽らざる気持ちなのです。

だけど、それでいいのか。そんな風に逃げることによって、僕は何を失ってしまうのか。

それは、こんなに怒るまで(つまり悲しむまで)僕に注ぎ続けてくれた、彼女の「愛」そのものなのかもしれません。

パートナーシップに関する記事について

パートナーシップは最も難しい人間関係ですよね。自分という人間の弱さや欠点が、えげつないくらいに出てしまう。

僕自身の未熟で情けない夫婦関係の悩みを、できるだけ正直に赤裸々に表現することで、よりよい関係への道を探りたいと考えました。

まず、僕の夫婦関係がいかにして壊れてしまったのかを振り返りました。そして、離婚という選択肢を具体的に考え、自分がどういう人生を選びたいのかを自らに問いかけました。
【家庭内別居】僕たち夫婦のパートナーシップが壊れてしまった理由(体験談)

僕の問題点が一気に明るみに出たのは、二人目の子供の妊娠出産の時でした。いわゆる「産後クライシス」です。出産を通じて、なぜ妻の夫への愛情は失われしまうのか。自分のケースに照らして考えてみました。
【産後クライシス】妻が僕を憎むようになった理由… 妻の怒りに夫としてどう向き合うか(体験談)

「産後クライシス」という言葉が語られるようになったきっかけは、NHKの番組でした。その放送を振り返り、この問題の本質をまとめました。
【産後クライシス】2012年9月5日放送のNHK「あさイチ」まとめ

僕たちの夫婦関係が壊れてしまった、もう一つの大きなきっかけに、住宅の購入がありました。家を建てたり購入したりすることが、離婚の原因になることが多くあるようです。僕自身の経験を書きました。
【夫婦関係の崩壊】住宅の購入や新築が離婚のきっかけに!?(体験談)

高校生の長女に「離婚」のことを相談してみました。妻と話し合う前に・・・ いったい娘はどんな反応を示したのか?そのやり取りの一部始終を記録しました。
【離婚に向けて】思春期の娘に、妻との離婚について相談してみた

とあるスピリチュアルな美容師さんに、離婚を決意する前に大切なことをアドバイスされました。自分が本当に望む人生とは…考えるきっかけを与えてくれました。
【離婚に向けて】「離婚は『揺るぎない自分軸』を持ててから」と助言してくれた美容師さんの話

僕は「相手を咎めない、ジャッジしない」を意識して妻と接することを試みてみました。その結果、本当に少しずつではあるのですが、夫婦関係にある変化が起こり始めたような気が…
【夫婦関係】修復の兆しか!?離婚回避のために僕が取り組んだこととは―

「相手を咎めない、ジャッジしない」ことに加えて、「相手を信じて祈る」ということにも取り組んでみました。友人のセラピストから教わったことを実践してみた記録です。
【夫婦関係】「介入」ではなく「信じて祈る」・・・僕の20年間の過ちとは―

でもやっぱり妻の無視や否定にあうのは、とてもつらくて… なかなか成長できず後戻りばかりですが、そのつらさを独り言のように書いてしまいました…
【夫婦関係】妻からの無視・非難・暴言に耐えられますか?

女性はなぜ過去の出来事をいつまでもネチネチと蒸し返して男性を責め続けるのか。専門家の見解やネット上の意見を拾い上げ、自分なりの妻との向き合い方を模索しました。
【パートナーシップ】女性はなぜ過去の事をいつまでもネチネチと蒸し返し続けるのか?―怒りは悲しみの表現なのか―

都立高校の3年生が「サザエさん」の寸劇を通じて、女性の社会進出について学んだという興味深い新聞記事がありました。高校生の目線を通じて、夫婦関係や家族のあり方について考えさせられました。
【夫婦関係】夫は妻の人生をどう応援すべきか ―高校生のサザエさん寸劇授業から考える―

スポンサーリンク

2 Responses to “【パートナーシップ】女性はなぜ過去の事をいつまでもネチネチと蒸し返し続けるのか?―怒りは悲しみの表現なのか―”

  1. カサ妻 より:

    度々、拝読させて頂いています。
    筆者様が、これ以上の奥様への歩みよりはら本能的にも、ここが限界っていうのを感じられているように思いました。
    子どもを産むことは、自分の子ども時代に受け取ってきた愛を感じ、受けとらなかった愛についても知ることになる機会です。
    筆者様の影響は少なからずあるとしても、奥様はご両親の影響で怒り、弱り、お子様への食事の支度などが出来ないのです。
    ですから、奥様の両親に代わって筆者様から無情件の庇護や愛情を求めてるように感じます。
    これほど怒るまでの愛という表現もあり、また愛を依存と言いかえることも出来ます。
    奥様がそのことに気づくことを願っています。

    • eiji-maru より:

      カサ妻さん、いつもありがとうございます。女性のお立場からの的確なご指摘、いつも勉強させていただいています。

      おっしゃるように、僕の妻は両親との関係に大きな問題を抱えています。「自分は愛されなかった」と強く思い込み、ここ10年ほどは完全に絶縁状態。僕が連絡をとっているような状態です。

      客観的に見ると、妻の両親は彼らなりに愛情を注いできたことは間違いありません。言動に問題があったのは確かなのでしょうが、特別に裕福というわけではない中で、娘が希望する東京の私大への入学を支援するなど、感謝すべきこともたくさんしてきているのです。

      ですが、妻の目には「自分のことを理解せず愛してくれなかったひどい親」としか映らず、「毒親」という言葉が流行ったころには「まさに自分の親は毒親だ」と、思い込みを強めていきました。

      カサ妻さんの言うように、妻は僕に対して、両親の代わりとして無条件の庇護や愛情を求めているのかもしれません。でも、それに答えるのは不可能だと感じる日々です。

      僕もこれまでに失敗もしましたし、妻に対してよくない言動も多くありました。でも、僕なりに愛情をもって寄り添ってきた面もあるし、楽しい時間も共有してきたはずなのです。

      けれど、妻の目には「私に共感せず傷つけて人生を壊した最悪の夫」としてしか映らず、「発達障害」「人格障害」という概念を知ったとき「まさに夫は発達障害で人格障害だ」と、思い込みを強めていきました。

      「怒るまでの愛という表現」という言葉、深いですね。でも、このまま一緒にいることは、お互いにとってよくないのでは・・・との思いは、僕の中で強くなっているのが正直なところです。

      またアドバイスいただけますとうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ