初めての方はこちらへ! 記事のご案内


【悲報】単身赴任先から帰宅して子供の顔を見たいけど、妻から「帰ってくるな」と拒否された

こんにちは。えいぷりおです。

僕は単身赴任してます。

たまには帰宅して幼い娘に会いたいのですが、妻から「帰ってくるな」と拒否されています。

以前から夫婦関係は壊れているとは言え、自分の家に帰っちゃいけないのかなぁ…(涙)

かわいい娘に会いたいなぁ…(号泣)

今日は、この悲しみをつづります。

僕たち夫婦の関係が壊れてしまった経緯

僕と妻の関係は5~6年前から壊れてしまっています。

家庭内別居の状態に陥り、お互いにストレスのたまる日々を送っていました。

【家庭内別居の意味とは】離婚したいのにできない理由は何か? ー僕の体験談を交えてー

その原因を説明するのは簡単ではありませんが、僕の性質が影響していました。僕には軽度の発達障害の傾向があり、それが妻を長年にわたって傷付けてきました。

【大人の発達障害】軽症・グレーゾーンだと子供のころに気付けず、問題をより深刻化させる(体験談1)

妻から笑顔が亡くなった最大のきっかけは、二人目の子供の妊娠・出産でした。いわゆる「産後クライシス」でした。

【産後クライシス】妊娠・出産が夫婦崩壊の危機に…!妻が僕を憎むようになった理由(体験談)

妻は日を追うごとに僕を憎むようになっていき、取り返しのつかないところまできてしまったのです。

ここでご紹介した記事以外にも、夫婦関係の難しさについて様々な視点で記事を書いてきました。夫婦関係の記事まとめはこちらへ。

【夫婦関係の悩み】記事まとめ 僕が妻との関係を破綻させてしまった原因・理由とは(体験談)

単身赴任して4ヶ月、1回しか帰宅していない

家庭内別居の状態に変化が訪れました。

僕が単身赴任することになったのです。単身赴任先は、自宅のある東京から新幹線で2時間半の場所になりました。

【ご報告】転勤で単身赴任することに! 経済的な不安、子供と離れる寂しさ、夫婦関係は…?

当初は、少し離れて暮らすことで、夫婦関係にもいい影響があるかも… などと淡い期待を抱いたりもしました。

しかし別居して1ヶ月、妻の僕に対する非難はひどくなる一方でした。幼い次女とは、電話で話すことさえできなくなりました。

【悲報】単身赴任1ヶ月、妻からの非難はひどくなり、娘とは電話もできなくなりました…

そして今、単身赴任を始めて4ヶ月が経ちました。

本当は月に1回くらいは帰宅して、子供の顔を見たいんです。

次女は小学校1年生。目の中に入れても痛くないほど可愛い年齢です。会いたくて、ほっぺたに触れたくてたまりません。夜な夜な写真を見ては涙があふれてきます。

でも、この4ヶ月の間に、僕は1回しか帰宅できませんでした

2回目の帰宅は拒否された

そして今回、2回目の帰宅をしたいと妻に打診したところ、

あんたが帰ってくると平穏な生活が乱される。帰ってくるな!

と言われ、帰宅を拒否されました。

実は今回は、東京への出張だったのです。

東京に自宅のある僕には、会社から宿泊費は支給されません。当たり前ですよね。自宅に泊まればいいのですから。

帰宅を拒まれてしまった僕は、出張の間、どこに泊まればいいのでしょう…

長女も僕のことを拒否している

妻だけでなく、長女も僕の帰宅を拒否しました。

長女は父親(僕)に対して、とても複雑な思いを抱いています。

幼いころは「とうちゃん、とうちゃん」と言って、僕のことが大好きでした。

性質が僕と似ていて、いい面も悪い面も受け継がれた感じでした。

だから、妻が僕を憎むようになったとき、長女の性質も標的になってしまいました。

あんた(長女)は、ロクでなしの父親とそっくり!私の言った通りに人間性を治さないと、あんなふうになるよ!

と言って、過酷な「教育」をしてきました。それは今も続いています。

長女はママに愛されるために、必死に自分の性質を治そうと努力してきました。

自分の中にある父親に似た要素を否定して、とうちゃんみたいになっちゃいけない…!と思いながら思春期を送りました。

必然的に、父親は憎しみの対象になっていきました。

僕が単身赴任してから、長女は少し楽になったと思います。否定しなければならない存在が、生活からひとつ消えたのですから。

だから今回、僕が帰宅するかもしれないとなったとき、激しくうなされるようになったそうです。

長女から送られてきたLINEは、まるで妻が書いたかのような衝撃的な文章でした。

僕は長女からも完全に拒否されてしまいました。正直、妻から拒否されるよりショックでした。

〔関連記事〕僕が娘に伝えたいこと。それは「君はありのままでいいんだよ」ということ。

【父から娘へのメッセージ】自分を否定しないでほしい 君はそのままで愛される存在だよ

新宿のカプセルホテルに宿泊する虚しさ

結局、僕は新宿のカプセルホテルに宿泊することにしました。

1泊3000円ちょっと。今日から5泊で、税込み18000円くらい。これを自分の生活費から捻出しなければなりません。

今、カプセルホテルのラウンジでこの記事を書いています。

ここから30分の距離に自宅があるのに…

愛する娘が、すぐそばにいるのに…

カプセルホテルという環境にいると、言葉にできない虚無感に襲われます。

〔関連記事〕この悲しみを紛らわせるために、泊まり歩いたカプセルホテルについてレビューを書いてみました…

東京のカプセルホテル12選まとめ! 快適で格安なおすすめ宿を徹底比較! 宿泊体験レビューも

僕には帰る家がない

僕は、たしかに多くの失敗をして、妻を傷付けてきてしまいました。結果として長女も傷付けてしまいました。

でも、それがすべてではないと思うのです。

愛し方は間違ってしまったかもしれないけど、愛情を注いできたのも事実です。楽しい思い出もたくさんあります。

懸命に働いて家計を支えてきたし、反省して家事もやってきました。

家族のために、頑張ってきたんだけどな…

こういうことを言うと、妻は決まってこう返してきます。

頑張っているのを認めてくれとか、全否定しないでくれとか、あんたにはそんなことを言う権利はない。あんたは人間性を変えなければならない。反論することは許されない

〔関連記事〕実は今回の東京出張の期間中に、短時間だけ帰宅が許されました。家の用事のためで、子供には会えず… 誰もいない家で僕は孤独を深めることになりました。こちらの記事もご覧ください。

【悲報】妻から帰宅を拒否されている僕が久しぶりに家に戻ってみたら、自分の痕跡が消えていた

えいぷりお的まとめ

家はあるのに、帰宅を拒否されるって、つらいなぁ…

今、カプセルホテルのラウンジで、深夜1時半を回りました。

妻との関係、長女との関係が、今後いい方向にいく希望は見えません。

幼い次女と、次はいつ会えるんだろう…

あー… 本当はこんな暗い記事も、最後は明るく終わりたかったんだけど。

ごめんなさい。

こんな独り言に付き合ってくださって、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください