初めての方はこちらへ! 記事のご案内


【コウノドリ】2017年 第3話 産後うつの深刻な現実をリアルに描く

こんにちは! 「コウノドリ」大ファンの、えいぷりおです。

出産後の女性は誰もが「産後うつ」にかかるリスクを抱えています。産後うつは適切なケアをしないとより深刻な状態になり、最悪自殺に至るケースもあります。

2017年10月からスタートしたドラマ「コウノドリ」の第2シリーズ。10月27日放送の第3話では、産後うつの現状がリアルに描かれました。

今回は「コウノドリ」の印象的なシーンを振り返り、産後うつがいかに深刻なものなのか、そして夫はどうあるべきなのかについて、考えたいと思います。

産後うつのリアル

今回のドラマでは、無事に出産を終えたキャリアウーマンの妊婦、佐野彩加(高橋メアリージュン)をめぐる物語が描かれます。

彩加の赤ちゃん、みなみには「心室中隔欠損」という先天的な障害があります。出産後すぐに職場に復帰したいと希望していた彩加にとって、娘の病気は職場復帰を妨げるものとして映ります。

彩加を追い詰めていくのは、娘の病気だけではありません。彩加の母親は「子供が3歳になるまでは、母親がそばにいるべき」と、勝手な理想を押し付けてきます。

ナオト・インティライミ演じる彩加の夫は、「会社では僕、イクメンって言われてるんです」などと言いながら、妻の悩みに寄り添うことができず、こんな言葉を投げかけます。

夫「ただいま。…ねぇ、みいちゃん泣いてるよ?オムツじゃないの?」

彩加「私、絶対保育園に入れるから」

夫「あのさ、復帰はもうちょっとゆっくりしてからでもいいんじゃないの?そんな焦らなくても」

彩加「焦るに決まってんじゃない!早く戻んないと今のポジションなくなっちゃう。もうデッドラインだって何度も言ってるでしょ?」

夫「やめてよ、もう。なんでそんなにイライラしてんの。出産してから性格変わったよ。このままじゃ俺、しんどいよ」

この「出産してから性格変わったよ」という夫の言葉に対しては、放送後、女性の立場から多くのコメントが寄せられていました。

性格が変わったんじゃない。人生が変わったんだ

そのことに対する共感のなさに、妻は絶望するんだと…

産後うつは深刻な結果をまねく

追い詰められていく彩加にとどめを刺したのは、職場の後輩からの報告でした。自分の復帰を待たず、プロジェクトのリーダーの座が、彩加の同期に奪われたというショッキングな事実。

これで精神の均衡をギリギリ保っていた最後の糸が切れてしまいます。

彩加のような産後うつの疑いのある出産後の女性に対して、産科医がどのように関わるべきか。ここにも大きな葛藤があります。

何とか力になりたいと願う鴻鳥と助産師の小松に対して、四宮は違う立場を取ります。彩加に個人的な連絡先を渡そうとした小松の行動をきっかけに、次のような議論が起こります。

小松「日本の妊産婦の死因に自殺が多いのは知ってますよね?産後に自殺した人の3割が産後うつだって言われてます。精神疾患はなかったと言われている4割の人も、診断されていなかっただけで、そこまで追い込まれていたんだと思う。

私は、今苦しんでるお母さんがいるのに、ほっとけません!それは四宮先生が大事にしている赤ちゃんを大切にすることにもつながるんじゃないんですか!?」

四宮「それは、理解してますよ。でも、1日に何人も診る中で、その上で、心療内科みたいなことをするんですか?」

鴻鳥「話を聞くだけでも楽になってくれるお母さんもいるかもしれない。手遅れになる前に何かできることがしたい、そう思うのは間違ってないよ」

四宮「あのな…!」

今橋「こうのとり先生が言っていることも、四宮先生が言っていることも、どちらも正しい。だからこそ、産後うつ、この問題は難しい。小松さんの気持ちはわかる。だけど今回のことはルール違反です」
(※大森南朋が演じるNICUのリーダー)

小松「すいません…」

今橋「感情の赴くままに患者さんの心に踏み込んでいっても、逆にそれが彼女たちを追い詰めてしまうこともあるからね」

妊産婦を産後うつから守るために

彩加は病院の屋上から身を投げようとするところを、主治医の四宮に救われます。駆け付けた夫に対して、四宮が放った言葉は、夫婦のあり方の本質に触れるものとして、大きな反響を呼びました。

夫「大丈夫か?どうしてこんなことを…言ってくれよ。夫婦は二人でひとつって、お母さんも言ってたじゃない」

四宮「なんだそれ。人間は二人でひとつになんかなれない。死ぬまで一人だよ。たとえ夫婦でも、別々の人間だからこそお互いを尊重し合う。それで初めて助け合えるんだろ

互いに自立した人間どうしだからこそ、助け合える。これは夫婦関係を考える上で、非常に重要なポイントです。自立できないまま結婚してしまったことで、妻を傷つけ、夫婦関係を破綻させてしまった僕にとって、四宮医師の言葉は胸に突き刺さるのです。

夫は妻が身ごもった時点で、「真の自立とは何か」を真剣に考えなければなりません。そして自立した男として、妻の妊娠生活を支え、出産をサポートし、産後を主体的に生きることが大切です。

そんな夫のあり方が、妻を産後うつから守るのだと思います。

母親も父親も0歳 ―親が成長していくために―

大きな感動を呼んだ第3話。特に高橋メアリージュンの真に迫った演技には心を打たれました。

彩加「ごめんなさい…なんかほっとして…みんな可愛い可愛いって言うのに、私は全然可愛いって思えない。あんなにほしかった赤ちゃんなのに、私おかしいのかなって」

鴻鳥「産後はホルモンのバランスが崩れます。そこに慣れない子育てが重なって、精神や体調のバランスを崩す方は決して少なくありません。みんなが陥る可能性のある症状なんです

彩加「そうなんですね。でも自分がかかるなんて、まったく思ってなかったです」

鴻鳥「紹介する先生には、四宮から佐野さんの状態をしっかり説明しています」

彩加「ありがとうございます」

向井「あと、こちらですが、お母さんと赤ちゃんに集まる場所を提供している団体があるんです。色々子育て相談もしているので、気分転換に」
(※江口のりこが演じるメディカルソーシャルワーカー)

彩加「でも、私が利用していいんですか?」

向井「もちろん!どなたでも利用していいんです」

小松「佐野さん、他の人の力を頼るのは、ダメなことじゃないよ。みんな当事者じゃないからさ、勝手に理想を押し付けてくるけど、そんなのポイしちゃえばいいから」

向井「私もこんな仕事してますけど、子供、窓から投げ出したいって思ったこと、何度もありますよ。みんな子育て美化しすぎです。髪振り乱して必死にやってるんです。少しくらい誰かに頼ったっていいんですよ」

彩加「そんなこと、考えてもなかったです…」

鴻鳥「佐野さん、赤ちゃんが0歳なら、お母さんもお父さんも0歳ですよ

親も赤ちゃんの誕生を機に、一緒に成長していけばいい。このことに気付かせてくれるシーンでした。

そして、彩加の夫にも変化が。

俺、イクメンじゃなくて、父親になるから

この言葉、かつての自分に聞かせてやりたい。妻が妊娠しても自立できなくて、出産時もろくなサポートができなくて、産後も妻への共感を持てなかった最低の夫。

もっと早く気付くことができたなら、僕の夫婦関係は、もう少し違ったものになっていたような気がします。

様々な気付きを与えてくれるドラマ「コウノドリ」。これからも見続けて、僕自身少しずつでも成長していきたいです。

「コウノドリ」をぜひ見てほしい

「コウノドリ」の原作漫画はこちら ↓ から。2018年8月現在、21巻まで出版されています。

created by Rinker
¥12,746 (2018/11/21 17:41:54時点 Amazon調べ-詳細)

このドラマはTBSオンデマンドで見ることができます。

created by Rinker
¥324 (2018/11/21 14:02:07時点 Amazon調べ-詳細)

DVDボックスも素敵です。何度も見たい作品なので。

created by Rinker
¥15,800 (2018/11/21 17:41:55時点 Amazon調べ-詳細)

また、Amazonプライムに加入すると、2015年に放送された「コウノドリ」の第1シリーズ全話を無料で見ることができます。

TRY NOW

Amazonプライム会員30日間無料体験

妊娠・出産・無痛分娩に関する記事について

下のボタン ↓ から妊娠・出産・無痛分娩に関する記事を分かりやすくまとめたページに移動できます。

特に妻が医療事故にあって苦しんだ無痛分娩については多くの記事を書いています。

妻がつらい思いをしているときに上手に助けてあげられなかったダメ夫の反省を交えて書いたものです。参考にしていただけますと幸いです。

妊娠・出産・無痛分娩の記事まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください