【産後クライシス】2012年9月5日放送のNHK「あさイチ」まとめ

スポンサーリンク

もう5年前になりますが、NHK「あさイチ」で取り上げられた「産後クライシス」という言葉は、多くの女性の共感を集め、多くの男性を驚かせました。僕自身も直面しているこの問題、そのきっかけとなった放送を振り返ります。

夫婦を壊す「産後クライシス」

産後 あさいち1

番組では、「夫婦を壊す『産後クライシス』」というサブタイトルを掲げて、いくつかの典型的な実例を挙げながら、これまで語られることのなかった夫婦の危機に光を当てました。

浮き彫りになる夫婦の認識の差

産後 街頭インタビュー

番組の冒頭では、何組かの夫婦の街頭インタビューが紹介されました。

インタビューはアンケート形式で行われ、まず「子供が生まれた後、相手への愛情は減ったか?」という問いが投げかけられます。ヘッドホンを使って、それぞれが本音を言いやすい状況にして行われました。すると、

夫「妻への愛情は、出産後も特に変わらない」
妻「表向きは変わっていないが、内心はちょっと愛情がダウンした。育児にもっと参加してくれるだろうという期待感があったので・・・」

と夫婦間で食い違う見解が。続いての質問は、夫婦同時に○×形式で。問いは「産後に夫婦の危機があったか?」というもの。すると、

夫「危機なんて、なかった」
妻「当然あった!オムツ替えやお風呂に入れるのを、夫が最初イヤがったから・・・」

他の夫婦も、妻からは不満の声が続々と挙がります。

妻「『子供が泣いているよ』って言ってないで、あなたが何かしてよ!と思った」

妻「妻は家にいて子供の面倒を見て家事をすべてやるものだ、という夫の思い込みと、自分のギャップを埋められないまま、子供が生まれてしまった。今は離婚しないけど、子供が巣立ったら、その時は覚えてろよ!という気持ち。産後の恨みは忘れない」

調査の結果、10組の夫婦のうち、6組の妻が産後クライシスを感じていました。注目すべきは、6組のうち5組は、夫に自覚がまったくなかったことです。

専門家から見た「産後クライシス」

産後 先生

VTRには、お茶の水女子大学教授の菅原ますみさんが登場。産後の夫婦関係について、発達心理学の観点から研究しておられる方だとか。

「産後クライシスの原因は、妻が期待するほど共同作業がうまくいかないこと。なかなか夫が育児や家事をやる時間がなかったり、仕事で疲れすぎていて体力・気力がなかったり。さらに、家事・育児は女性の役割だよねという社会全体が共有している思い込みも大きい。妻は期待するほどのサポートが得られず、そこに対する失望が反映して、産後クライシスを生んでしまう」

産後、妻から夫への愛情は急速に冷める

ここで、こんなグラフが登場。

産後 愛情グラフ

(引用:ベネッセ次世代育成研究室の調査

これは、僕が以前、自分の体験を交えて書いた記事にも掲載したグラフです。妊娠時には、夫婦ともに74.3%の人がお互いへの愛情を感じています。出産から2年が経つと、妻の夫への愛情が激減して34.0%にまで下がってしまうことを示しています。夫の妻への愛情と比較すると、大きな溝が生まれていることが分かります。

この結果について、スタジオMCのイノッチがこんな発言を。

「妻の愛情が最初の1年で急落しているのが特徴的。最初がいかに肝心かを示しているのでは」

鋭い指摘ですよね。最初の1年で妻から夫への愛情は、74.3%→45.5%に急落。出産直後の夫のあり方が、妻のその後の愛情に決定的な影響を与えているのですね。夫は、妻が妊娠したら、すぐに心の準備を始めなければならないということでしょう。

産後 コンサル渥美

このグラフについて、スタジオゲストとして、ワーク・ライフ・バランスのコンサルタントをしているという渥美由喜さんが登場。なぜ、夫婦間の愛情にギャップができてしまうかについて、こう説明しました。

「赤ちゃんが生まれると、妻の愛情は赤ちゃんに向かう。それと同時に、こんな大変な子育てを、当然夫もやってくれるだろうと期待する。しかし、期待するほどには夫はやってくれない。どんどん不満が募ります。

一方、夫はそういう妻の気持ちには無頓着で、他人事のように思っている。そういう夫婦の認識のずれが、夫婦間の愛情のギャップとして現れてくる」

なぜ男は妻の気持ちの変化に気付かないのかについては、こんな風に語りました。

「核家族化の世の中になって、男性が育児の現場に触れる機会が失われている。

一方、妻は産婦人科に通う中で、先輩のママ友から色々教わって知識を蓄えている。夫は子供が生まれてきても、オロオロするだけで役に立たない。出産の時点で、親としての自覚に大きな開きができている」

妻は心の傷を一生ひきずる

出産後の夫の言動によって傷ついた妻の気持ちは、その後も癒えることなく、長く尾を引くことになります。そうした実例のひとつが、VTRで詳しく紹介されました。

取材に応じたのは、30代女性。初めての出産は10年前。しかし今でも産後に受けた心の傷が癒えないと言います。

「子供が生まれてから、夫の言動に対して、『あれ、あれれ?』というのが増えていって、つらかった」

妊娠中は幸せだった。夫は胎教のためのCDを買って帰ってきたりして、おなかの赤ちゃんに対する思いやりを見せていた。

産後 エピソード1-1

「生まれる前までは、このままいいパパになれる人なんだなと思って、期待して、楽しみにしていました」

ところが子供が生まれてみると、子供が泣いても「おーい、泣いてるぞ」と、対応はいつも妻任せ。

夜飲みに行くのを減らして、協力してくれるよう何度頼んでも、改善してくれない。「飲むのも仕方ないだろ、付き合いなんだから」と言って、一切対応してくれない。

夫の育児への参加は、まったく満足のいくものではなかったと言います。その上、家事に対しても、「うちは散らかっているし。ちゃんとしろよ」と言われ、心身ともの疲弊していく。

「一番、今も心に残っているのが、飲んできてベロンベロンになっていたとき、『子供が泣いてばかりのシケた家に、本当は帰ってきたくないんだよ!』と言われたこと。それが、本当に頭にくるというか、悲しいというか・・・忘れられないんです」

一方で夫は、二人目の子供をほしがった。妻も、今度こそ夫も変わってくれると思い、応じた。夫は育児休暇を取得。ところが、入院中の妻のところに持ってきたのは、自分のためのおもちゃだった。育休中も夫は、自分の趣味のために時間を使うことが多かったと言う。

産後 エピソード1-2

「主人としてはとても楽しかったんでしょうけれど、私としては怒りまくりだった。育休じゃないじゃん!自分のための、ただの休暇じゃん!って。自分のやりたいことばかりを優先して・・・この人は父親にはなっていないと思いました」

子供が少し大きくなると、夫は子供を連れて出かけるように。しかしここにも問題があった。外に連れ出すのは3歳を過ぎた上の子だけ。下の子の相手はほとんどしなかったのだ。まだ手がかかる赤ちゃんを、避けているように見えた。そして、上の子との遊び方も、自分の趣味に子供を付き合わせ、自分ばかり楽しんでいた。

「自分はおいしいところだけ。楽なところだけをやって、面倒くさいのは全部わたしに押しつけてくる。それで十分だと思っている。本人は『自分以上のイクメンはいないだろう』と言っていたくらいですから」

妻は今、自分と子供の生活のためだけに結婚を続けていると言う。夫への不満があっても、顔に出す気力もなくなった。心の中で「金のため、金のため」と繰り返して我慢している。

「夫は仲良くないとは思っていないでしょう。私も表面的にはそれなりに振る舞っているので。離婚を仮にしたとして、その後の主人の生活が楽しくなるのは悔しい。私は苦しい思いをしてでも、経済的には夫にすがっていきます。退職金を一人で使わせる気はありません」

・・・いかがでしょうか。これだけの憎しみを夫に対して抱きながらも、経済的な理由で結婚生活を続ける。まさに「家庭内別居」。とても幸せとは言えない状況ですよね。でも、そうするしかない。こういう夫婦が、本当に多くいるんだと思います。僕も含めて。

この実例から、妻が夫に対して不満を抱くポイントは、次の2点でした。

・夫が自分の楽しみを優先する
・夫が楽な関わり方しかしない

僕も含めて、男性諸氏は、このポイントを肝に銘じておく必要があるでしょう。

スポンサーリンク

FAXで寄せられた実例

スタジオでは、放送中に寄せられたFAXも、多数読み上げられました。その中からいくつかピックアップしてみます。

「産後の夫の非協力的な態度、言動すべてがトラウマとなり、第2子をあきらめました。家事が追いつかない、疲れてしまう、そういう私の事情がまったく理解できないようでした。心の傷が癒えず、10年経った今も引きずっています。一生恨みの気持ちを持ったまま過ごすんだと思います」

「夜泣きが激しいので、仕事に差し障るということで、夫は別室で寝ることになりました。ところが、寝ているのかと思ったら、部屋にこもってゲーム。子供が熱を出していても、酔っ払ってゲームやDVD鑑賞ばかり。ちっとも子育てに協力してこなかったのに、子供が大きくなると父親面してむかつきます。子供のために離婚は避けていますが、心は冷め切っています。あと10年は我慢かな」

スタジオゲストとして登場したカウンセラーの荒木次也さんは、これまでに500組以上の夫婦のカウンセリングをしてきたそうです。

産後 荒木カウンセラー

「夫婦関係に悩んで相談にくる方々の7割は、産後からの問題を抱えている。しかし、夫はそのことをほとんど分かっていない。妻はずっと恨み続けるので、子供が大きくなってからも、様々な場面で『またか・・・』と思い出すのです」

前に登場したコンサルタントの渥美さんは、こう指摘します。

「産後クライシスを経験した妻の多くが、将来的に離婚することを考えている。産後クライシスで埋め込まれた地雷が、夫の親の介護の際に爆発するケースもある。夫の親の介護など、絶対にしないと考えている妻は、本当に多い。一生引きずる問題なのです」

里帰り出産で夫婦に溝が!?

産後クライシスを招く意外な原因として、番組では「里帰り出産」に着目しています。ある夫婦の実例が紹介されました。

産後 エピソード2-1

夫は仕事が忙しく、出産直後の生活に不安があったため、里帰り出産を選択。産後しばらくは、忙しい夫とはあまり連絡をとらなかったが、気にはならなかった。

3ヶ月後、赤ちゃんを待ち望んでいた夫のもとへ戻る。

「子供を中心にして、二人で子供を育てていくんだと思っていた」

ところが、帰ってみると予想外の事態に見舞われる。子供との生活が始まっても、夫にまったく変化が見られないのだ。

「あなた父親としての自覚あるの?」
「自覚があるから働いているんだろ!一生懸命」

産後 エピソード2-2

夫は相変わらず仕事一辺倒。子供のために時間を作るということはなかった。子供に対する態度を見ていても、父親としての愛情は感じられなかった。

実家にいた間、ひとりで仕事漬けの日々を送っていた夫。父親としての自覚を持つチャンスを逃してしまったのかもしれない。

「子供がかわいくないのかなと、何度思ったことか。産後の一番大変だったところを、夫は全然見ていなかったので、分かってもらえなかった。一切育児の分担をしてもらえなかったのは、ショックだった」

夫の他には、助けてくれる友人もいなかった。子供とふたり、孤立無援に。頼りになるのは実家だけ。離婚してふるさとに戻ることを決意した。

「このまま二人でいたら、私が壊れちゃうと思った。離婚はできれば避けたかったけど、仕方なかった」

3人で暮らしたのは、わずか8ヶ月。夫も一緒に写った家族写真は、たった1枚しか残っていない。

「子供が生まれたら、より家族の絆が強くなって、より幸せになるもんだと思い込んでいた。こういうことになるとは、思いもしなかった」

・・・皆さん、どう感じますか?里帰り中、夫は24時間すべて自分の時間となるので、自分中心の思考が強まってしまうリスクは確実に高まりますよね。男性の皆さんは、よく分かるでしょう。

僕も一人目の子供が1歳になったころ、妻が家事・育児に行き詰まって、長期間実家に帰っていた時期がありました。一番かわいい時期に子供と離れてしまったのに、僕は内心、自由になれたことがうれしくて、羽を伸ばしていました。最低ですよね。今思えば、この頃から妻は僕に対して危機的な感情を抱いていたはずです。でも、僕はまったく自覚がありませんでした。こんな夫と、子供と向き合い続けている妻との間には、意識の差が生まれ、溝が深まっていくのは当然だったと思うのです。

番組では、「上手な里帰りの方法」として、次のようなポイントを挙げていました。

〔離れている時〕
・まめなコミュニケーション
・夫が来たら育児を体験

〔里帰りから戻る時〕
・夫に前もって掃除してもらう
・夫の参加はできることから

まめなコミュニケーション

現代においては、動画のメールなどの便利なツールが充実しているので、まめなコミュニケーションはやりやすいですよね。妻は夫に対して、育児の何が大変か、何が楽しいかなど、できるだけシェアするといいでしょう。もちろん、夫は羽を伸ばしてばかりいないで、妻からのメッセージをしっかり受け止めることが重要です。その積み重ねが、夫婦間のギャップが広がるのを防いでくれるはずです。

夫が来たら育児を体験

これには、妻の母親の協力も必要です。夫が来た時には、母親は席をはずし、夫婦と赤ちゃんの時間をしっかり持てるようにすること。妻の母親は必要以上に婿をもてなさないことですね。男はすぐに甘える生き物なので、マスオさんの状態が気持ちよくて、育児を体験する貴重なチャンスがダメになってしまいます。

夫に前もって掃除をしてもらう

いよいよ夫婦と赤ちゃん3人の生活を、気持ちよくスタートさせることは、とても大切です。汚れ放題、散らかり放題の家だと、妻はそれだけでストレスだらけのスタートになってしまいますよね。夫は、妻が気持ちよく新生活を始められるよう、まずスタートをがんばりましょう。

夫の参加はできるところから
妻に比べて自覚が育っていない夫は、家事も育児もできないことばかり。簡単なことから徐々に参加していき、すぐに成果を求めないことも大切です。

妻からの「産後クライシス対策」

番組の最後で、妻にできる対策として、以下のポイントが挙げられました。

・夫は察しないので言葉で伝える
・ほめて成功体験をつくる
・6割できればとりあえずOK

どれも大事なポイントです。ひとつずつ見てみましょう。

夫は察しないので言葉で伝える

男は本当に察しが悪い生き物です。女性のような共感力は持ち合わせていないのです。ですから、妻は分かりやすく具体的に、気持ちや要望を伝えるようにしてください。

ほめて成功体験をつくる

男は本当にほめられるのが好きな生き物です。ほめられれば、何でもできると言っても過言ではありません。ひたすら誉めてください。それが一番の成長の栄養となります。

6割できればとりあえずOK

男は本当に怒られるのが苦手な生き物です。がんばってやったら、絶対に怒らないでください。怒られたら、それだけで絶望し、やる気を失います。そもそも、妻と同レベルでは育児も家事もできるはずがないのです。60点でも怒らず、誉めてやってください。

パートナーシップに関する記事について

パートナーシップは最も難しい人間関係ですよね。自分という人間の弱さや欠点が、えげつないくらいに出てしまう。

僕自身の未熟で情けない夫婦関係の悩みを、できるだけ正直に赤裸々に表現することで、よりよい関係への道を探りたいと考えました。

まず、僕の夫婦関係がいかにして壊れてしまったのかを振り返りました。そして、離婚という選択肢を具体的に考え、自分がどういう人生を選びたいのかを自らに問いかけました。
【家庭内別居】僕たち夫婦のパートナーシップが壊れてしまった理由(体験談)

僕の問題点が一気に明るみに出たのは、二人目の子供の妊娠出産の時でした。いわゆる「産後クライシス」です。出産を通じて、なぜ妻の夫への愛情は失われしまうのか。自分のケースに照らして考えてみました。
【産後クライシス】妻が僕を憎むようになった理由… 妻の怒りに夫としてどう向き合うか(体験談)

「産後クライシス」という言葉が語られるようになったきっかけは、NHKの番組でした。その放送を振り返り、この問題の本質をまとめました。
【産後クライシス】2012年9月5日放送のNHK「あさイチ」まとめ

僕たちの夫婦関係が壊れてしまった、もう一つの大きなきっかけに、住宅の購入がありました。家を建てたり購入したりすることが、離婚の原因になることが多くあるようです。僕自身の経験を書きました。
【夫婦関係の崩壊】住宅の購入や新築が離婚のきっかけに!?(体験談)

高校生の長女に「離婚」のことを相談してみました。妻と話し合う前に・・・ いったい娘はどんな反応を示したのか?そのやり取りの一部始終を記録しました。
【離婚に向けて】思春期の娘に、妻との離婚について相談してみた

とあるスピリチュアルな美容師さんに、離婚を決意する前に大切なことをアドバイスされました。自分が本当に望む人生とは…考えるきっかけを与えてくれました。
【離婚に向けて】「離婚は『揺るぎない自分軸』を持ててから」と助言してくれた美容師さんの話

僕は「相手を咎めない、ジャッジしない」を意識して妻と接することを試みてみました。その結果、本当に少しずつではあるのですが、夫婦関係にある変化が起こり始めたような気が…
【夫婦関係】修復の兆しか!?離婚回避のために僕が取り組んだこととは―

「相手を咎めない、ジャッジしない」ことに加えて、「相手を信じて祈る」ということにも取り組んでみました。友人のセラピストから教わったことを実践してみた記録です。
【夫婦関係】「介入」ではなく「信じて祈る」・・・僕の20年間の過ちとは―

でもやっぱり妻の無視や否定にあうのは、とてもつらくて… なかなか成長できず後戻りばかりですが、そのつらさを独り言のように書いてしまいました…
【夫婦関係】妻からの無視・非難・暴言に耐えられますか?

女性はなぜ過去の出来事をいつまでもネチネチと蒸し返して男性を責め続けるのか。専門家の見解やネット上の意見を拾い上げ、自分なりの妻との向き合い方を模索しました。
【パートナーシップ】女性はなぜ過去の事をいつまでもネチネチと蒸し返し続けるのか?―怒りは悲しみの表現なのか―

都立高校の3年生が「サザエさん」の寸劇を通じて、女性の社会進出について学んだという興味深い新聞記事がありました。高校生の目線を通じて、夫婦関係や家族のあり方について考えさせられました。
【夫婦関係】夫は妻の人生をどう応援すべきか ―高校生のサザエさん寸劇授業から考える―

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ