初めての方はこちらへ! 記事のご案内


【ぷりお画廊】全作品まとめ! アラフォーで独学、ド素人の趣味でも発信していいじゃない!

こんにちは。えいぷりおです。

40代にして絵を描き始めました!

アラフォーで独学。ド素人の趣味です。

以前の僕だったら「そんなものに何の価値があるのか!」と自虐的になって、そもそも描こうとしなかったでしょう。

でも、たとえ下手でも、描いていて幸せなら、発信したっていいじゃない!と思えるようになりました。

そんな僕の作品を、少しずつこの「ぷりお画廊」に展示していきたいと思います。

愛する娘を描く

作品1『いちばん愛おしいもの』

▼最初に描いた作品がこちら。タイトルはいちばん愛おしいものです。

ぷりお画廊1「笑顔」

次女が赤ちゃんのころの姿。

やわらかいほっぺと、優しい目もとが、いい感じに描けたかなぁと思います。

【関連記事】 この作品を描いたときの思いは「自分の本当にやりたいことは何?」でした。

ぷりお画廊1「笑顔」
【ぷりお画廊】あなたが本当にやりたいことは何? 僕は数年ぶりに絵を描いてみました

作品2『七色の夢を見て』

2番目に描いた絵がこちら。タイトルは『七色の夢を見て』です。

ぷりお画廊2『七色の夢を見て』

次女の寝顔を思い出して描きました。

子供の寝顔って、いつまででも見ていられますよね。

どんな夢を見ているんだろう…って。

七色の素敵な夢を見ているのかな…って。

【関連記事】 この絵を描くときに思ったのは「下手でも自由に描こう」でした。

ぷりお画廊2『七色の夢を見て』
【ぷりお画廊】絵を描くことが好き!「どうせ下手だから」と諦めず、自由に描いてみることにした

作品3『たべれるようになったよ』

▼3作目がこちら。タイトルはたべれるようになったよです。

ぷりお画廊3『たべれるようになったよ』

次女は食べるのが苦手だったんです。

それが少しずつ食べられるようになるのは、親としてホッとしたし、うれしかったです。

そんな思い出を込めて描きました。

【関連記事】 この絵を描きながら「絵を描くことは癒やしであり祈りである」と感じていました。

ぷりお画廊3『たべれるようになったよ』
【ぷりお画廊】絵を描くことは「癒やし」であり「祈り」である ー 愛する娘の幸せを願って ー

(おまけ)自画像を描く

作品0『自画像』

▼このブログ用に描いた自画像です。

プロフィールイラスト色付き2(サイズ600)

ずっと名無しで書いていたブログでしたが、「えいぷりお」というペンネームとこの自画像をつけたことで、ようやく命が吹き込まれたような気がします。

パソコンの「Photo Scape」というフリーソフトで、マウスを使って描きました。

【関連記事】 プロフィール画像を描いたプロセスはこちらの記事をどうぞ。

プロフィールイラスト色付き2(サイズ600)
【プロフィール画像】フリーアプリ「Photo Scape」で水彩画のお絵かき風に描いてみたよ

この記事は「ブログ運営」のカテゴリーにエントリーしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください