初めての方はこちらへ! 記事のご案内


【ぷりお画廊】絵を描くことが好き!「どうせ下手だから」と諦めず、自由に描いてみることにした

こんにちは!えいぷりおです。

僕は子供のころ、絵を描くのが大好きでした。

でも大人になるにつれ自分は下手だから描く意味がないと考えるようになって、まったく描かなくなってしまいました。

あなたもどうせ下手だからなどと思って、本当はやってみたいのに、諦めてしまっていることってないですか?

何を怖がっているのか…?

誰に遠慮しているのか…?

僕はもう、そんなふうに自分を制限するのはやめたいと思います!

これからは自由に描きたいように描いて、どんどん発信していこうと決めました。

数年ぶりに絵を描いたら幸せだった

先日ふと思い立って数年ぶりに絵を描いてみたんです。

僕が本当にやりたいことって何だろう?と考えたとき、「絵を描きたい!」という思いが自分の中に隠れていることに気付いたのです。

その時の思いは、こちらの記事をどうぞ。

【ぷりお画廊】あなたが本当にやりたいことは何? 僕は数年ぶりに絵を描いてみました

『七色の夢を見て』

これが今日描いてみた絵です。

七色の夢を見てというタイトルです。

娘の幼いころを思い出しながら描きました。

僕は娘の寝顔を見るのが大好きで、愛おしくて何時間も見飽きることはありませんでした。

ほほに触れて、肌のにおいをかいで、髪の毛をそっとなでて、いつまでも見つめていました。

寝ながら微笑んでいることがあって「どんな夢を見ているんだろう…」と思ったものです。

そんなことを思い出しながら描きました。

はじめは娘の周りには色をつけていなかったのですが、楽しい夢を見させてあげたくなって、思いがけずカラフルな絵になりました。

【おすすめ】 使った画材は、柔らかくて発色のいいファーバーカステルの水彩タイプの色鉛筆です。水のついた筆でなぞると水彩画のタッチを楽しむことができます。

下手でもいいじゃん!

こうやってブログに載せていますが、「上手に描けた!」と思っているわけではありません。

構図も色も、ぜんぜん思うようには描けていないんです。

でも下手でもいいじゃん!と自分を励ますために、あえて発信することにしました。

あなたがもし、何かやりたいことがあるのに「どうせ下手だから…」と躊躇しているとしたら、僕と一緒に一歩踏み出してみませんか?

誰のためでもない。自分のためにやるんだから、怖がったり遠慮したりするなんて、もったいないですよね

僕はまだまだ「上手に描かなくちゃ…」という思いにとらわれています。

そういう制限をひとつずつ手放して、もっと自由に描いていきたいと思います。

ブログも自分らしく自由に書けばいい

このブログも自分の表現手段として始めたものなのに、アクセス数など余計なことばかり考えてしまいます。

競争に勝つためにやっているわけじゃないのに、他人のブログと比較してしまうのです。

アクセスを増やすことばかりに目が行くと、表現する喜びを忘れてしまいます。

一番大切なのは、自分が書きたいことを自由に書くこと。

その原点に戻って、自分らしいブログにしていきたいです。

「下手でもやってみたいこと」が他にも

やってみたいことが他にもあります。

例えば、楽器を弾くこと。子供のころピアノとチェロを弾いていたのですが、「自分は下手だから弾く意味がない」と卑下して、やめてしまったのです。

本当は演奏するのがとても好きだったのに…

単身赴任のアパートで音を出せるかなど、色々とハードルはありますが、いつかまた演奏してみたいです。

自分が心からやってみたいことを、恥ずかしがらずにリストアップしていきたいと思います。

【関連】 僕がいま取り組んでいるサイドビジネスがあります。海外旅行の企画をシェアするもので、大きな副収入につながっています。詳しくはこちらへ。

 

世界を旅するビジネス企画を見る

 

★期間限定のキャンペーンで現在6万円プレゼント中!

 

★ご不明な点は問い合わせフォームにコメントください。

えいぷりお的まとめ

僕はもともと自分に自信がなく、いろんなことに挑戦するのが苦手です。

そんな自分の殻を破るために、手始めに絵を選んだのはよかったかもしれません。

色鉛筆とスケッチブックさえあればすぐに始められるからです。

ブログやツィッターに載せるのも簡単ですから、どんどん発信していこうと思います。

僕はもうアラフォーの中年ですが、今からでも自分の新たな可能性に挑戦していきますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください