初めての方はこちらへ! 記事のご案内


娘に誕生日プレゼントと手紙を送ることにしました… 半年間も会えていない愛おしい娘へ…

こんにちは。えいぷりおです。

単身赴任で家族と離れて暮らすようになって半年が経ちました。

妻から拒絶されてしまっているため、まだ幼い娘と会えない日々が続いています。

会いたくて会いたくて、胸が痛いです。

せめて愛していることを伝えたいと思い、娘に誕生日プレゼントを送ることにしました。

なぜ僕は娘と会えなくなってしまったのか

僕は、なぜ娘と会えなくなってしまったのか。

それは、妻との関係が決定的に壊れてしまったからです。

次女が生まれた後、妻は僕のことを急激に憎むようになっていきました。

もともと僕に軽度の発達障害の傾向と、その二次障害としての自己愛性パーソナリティ障害の傾向があったのが原因でした。

妻は僕との生活に傷ついていましたが、それに耐えて笑顔で一緒にいてくれていました。

それが二人目の妊娠・出産を機に爆発してしまったのです。産後クライシスと呼ばれる夫婦関係の崩壊でした。

僕は自分の過ちを取り戻そうと努力したつもりでしたが、妻の僕に対する憎しみは増すばかりで、いつしか家庭内別居の状態になってしまいました。

半年前に僕は転勤の辞令を受け、単身赴任となりました。

当初は、離れて暮らすことで夫婦関係が少し良くなるのではないか、などと勝手な期待を抱いたりしましたが、そんなはずはありませんでした。

出張で東京に行くときにも、妻は僕が自宅に帰ることを拒否するようになりました。

せめて娘に会わせてほしいと懇願しましたが、それも聞き入れてもらえませんでした。

強引にでも帰宅すればいいと言う友人もいましたが、そんなことをしたら関係は悪化するばかりだと分かっていたので、出張中はカプセルホテルで宿泊するようになりました。

そんな経緯があって、僕は幼い次女と半年間も会えずにいるのです。

【関連記事】 大人の発達障害や自己愛性パーソナリティ障害についての体験談はこちら。

僕の「大人の発達障害」体験記まとめ ーなぜ僕は自分を否定し、大切な人を傷つけてしまったのかー

【関連記事】 産後クライシスの体験談はこちら。

【僕の産後クライシス体験談】妻はなぜ僕を憎むようになってしまったのか?その理由と経緯

【関連記事】 家庭内別居の体験談はこちら。

僕が家庭内別居になった理由(体験談)

【関連記事】 単身赴任したら帰宅を拒否され娘に会えなくなった悲しみはこちら。

【悲報】単身赴任先から帰宅して子供の顔を見たいけど、妻から「帰ってくるな」と拒否された

【関連記事】 結果、ライフワークとなってしまったカプセルホテルの宿泊体験レビューまとめはこちら。

東京のカプセルホテル13選まとめ! 快適で格安なおすすめ宿を徹底比較! 宿泊体験レビューも

小杉健治の小説『父からの手紙』を読んで

幼い娘に会えないつらさは想像を超えていました。写真を見ていると、泣けてきます。

そんな時、たまたま小杉健治の小説『父からの手紙』を読んだのです。

家族を捨てて失踪した父は、残した二人の子供に、誕生日ごとに手紙を送り続けます。

別離から9年後、成人した子供たちは困難に見舞われますが、父からの手紙が道標となって…

そんな親子の絆を軸にした物語です。

そうだ。もうすぐ次女の誕生日だ…!

僕は妻に拒絶されたり攻撃されたりすることを恐れて、行動することを避けてきましたが、次女に誕生日プレゼントと手紙を送ろうと決めたのです。

【関連記事】 小杉健治著『父からの手紙』の書評・感想レビューはこちら。

【書評・本の感想】小杉健治著『父からの手紙』 親として子供にどんなメッセージを残せるか?

髪飾りのプレゼント

娘はロングヘアの美しい、とてもきれいな少女です。

一緒に暮らしていたころは、幼稚園のお弁当を作ったあと、髪の毛を結わえてあげることもありました。

そうだ、誕生日プレゼントはかわいいキラキラした髪飾りにしよう。

今日は仕事で梅田に出たので、デパートに寄って探してみました。

子供向けのヘアゴムやヘアピンって意外に見つけるのが難しくて、今日は収穫なしでしたが、素敵な便箋と封筒は買うことができました。

こんなふうに、大切な人のために贈り物を選ぶなんて、久しぶりのことです。

▼この髪飾り、とってもかわいくないですか? 娘につけてあげたいなぁ…(記事はまだ続く)

子供に愛を伝えることの意味

こんなふうにプレゼントと手紙を送ることは、正しい行為だろうか?

僕の独りよがりなのではないか?

もしかしたら、封書を受け取った妻が、娘に渡してくれないかもしれない。

娘に届いたとして、果たして喜んでくれるだろうか…?

そもそも、半年も会っていない父親のことを、娘は覚えてくれているだろうか…?

そんなことを勝手に悩んだりもします。

でも、僕はやはり伝えたい。

離れて暮らしていても、たとえ会えなくても、愛していることを。

いつも娘の人生を応援していることを。

えいぷりお的まとめ

半年前までは、娘と会えないつらさなど想像もできませんでした。

今は、親子が一緒に暮らせることが、いかに幸せなことか、身に沁みて分かります。

もう、あの幸せは戻ってこないかもしれない。

でも、伝えることはできるはず。愛する娘に届きますように…!

【関連記事】 夫婦関係の悩みに関する記事のまとめはこちらをご覧ください。

【夫婦関係の悩み】記事まとめ 僕が妻との関係を破綻させてしまった原因・理由とは(体験談)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください