大人の発達障害

スポンサーリンク

僕は今、夫婦関係に大きな問題を抱えています。出会って18年になる妻が、僕のことを毛嫌いし、パートナーシップは崩壊寸前の状態なのです。

こうなってしまったひとつの原因に、僕のもともと持っていた「大人の発達障害」の傾向があります。

僕の場合は非常に軽度で、専門の医療機関にかかっても、まず「問題なし」とされるレベルなのですが、それ故に問題の存在に気付かず、知らず知らずのうちに「自己愛性人格障害」のような「心のクセ」を育んできてしまいました。

そうした表に出にくい「心のクセ」は、パートーナーとの間で問題化しやすいものです。

僕の場合、妻はずっと僕との関係に違和感を感じながらも、ずっと「自分が悪いのだ」と思い込んで傷ついてきました。誰かに相談しても、誰も僕に問題があるとは思わないのです。僕自身も、まさか自分に問題があるとは思いもしませんでした。その結果、妻はうつ症状を患うほどに疲弊していきました。いわゆる「カサンドラ症候群」です。

僕は自分を丸裸にするつもりで、ここに体験談を連載しました。あくまで、僕個人のケースであり、「大人の発達障害」の一般的な解説だとは思わないでください。

雑記 雲間の光

【大人の発達障害】ADHDとアスペルガー症候群の並存…結婚して気付いた自分の致命的な欠陥(僕の体験談1)

【大人の発達障害】ADHDとアスペルガー症候群の二次障害として「自己愛性パーソナリティ障害」が形作られた(僕の体験談2)

【大人の発達障害】アスペルガー症候群と自己愛性パーソナリティ障害は結婚生活を破壊する(僕の体験談3)

【大人の発達障害】夫のアスペルガーは妻の「カサンドラ症候群」を引き起こす(僕の体験談4)

【大人の発達障害】「カサンドラ症候群」の実例から学ぶ・・・アスペ夫の言動のすべてが妻を追い詰める(いくつかの体験談から)

【大人の発達障害】自己愛性パーソナリティ障害は治療できるのか?妻に見放されて初めて自覚した心の闇(僕の体験談5)

【大人の発達障害】治療への道のり・・・自分をさらけ出せる友人との出会いが僕の道しるべとなった(僕の体験談6)

スポンサーリンク

こうして僕が自分をさらして向き合ってきたのは、妻との関係を何とか修復したいと考えていたからでした。

しかし残念ながら、妻の僕に対する憎しみは圧倒的で、修復は困難を極めることがはっきりしてきました。

パートナーシップについて、そして離婚について、書き始めることになりました。

家庭内別居 タイトル

【家庭内別居】僕たち夫婦のパートナーシップが壊れてしまった理由(体験談)

【産後クライシス】妻が僕を憎むようになった理由… 妻の怒りに夫としてどう向き合うか(体験談)

【産後クライシス】2012年9月5日放送のNHK「あさイチ」まとめ

【離婚に向けて】思春期の娘に、妻との離婚について相談してみた

【離婚に向けて】「離婚は『自分軸』を確立してから」と助言してくれた美容師さん

離婚 虹

また、僕が真の自立に向けて歩んでいくために、「自分の人生を生きる」という観点から、日々感じることを書くようになりました。

【自分の人生を生きる】youtubeアフィリやトレンドアフィリに手を出して失敗した恥ずかしい過去を白状します

【自分の人生を生きる】片岡鶴太郎さんのインタビューに学ぶ「たましいの喜ばせ方」とは

【自分の人生を生きる】仕事と家事の両立は、どうやったらうまくできるのか?

これらの記事はすべて、僕の「独り言」のようなものです。僕が自分自身と向き合うために、あえて自分をさらす形で書いてきました。ですので、読んでくださる方にとっては、あまり情報として参考になるようなものではないかもしれません。その点、お許しください。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ