【妻が乳腺炎になったら】 症状と適切なケア、夫に何ができるか(僕の体験談)

スポンサーリンク

次女を出産したあと、僕の妻は重傷の乳腺炎になりました。母乳を赤ちゃんにあげるという行為が苦しみに満ちたものとなり、赤ちゃんとの大切な触れあいの時間がつらい思い出になってしまいました。

僕は夫として、そんな妻を助けてあげることができませんでした。妻は「助けてほしい」と僕に訴えていたのに、僕はその大変な状況から逃げてしまったのです。僕は、乳腺炎の知識がない上に、学ぼうとする姿勢も持っていませんでした。妻の痛みに共感することができず、「どうにかしてあげなければ」という思いに欠けていました。

もし早い段階で適切なケアを受けさせてあげていれば、その後の育児はもっと楽しいものになっていたと思います。僕が夫としての役割を果たさなかったばかりに、妻と赤ちゃんの大切な時間をつらいものにしてしまったのです。

乳腺炎に苦しむ奥さんを持つ旦那さんに、僕を反面教師にしてもらいたいと思い、この記事を書くことにしました。

乳腺炎とは

授乳2

乳腺がつまって炎症が起こり、激しい痛みや発熱などの症状が現れます。母乳ができるのに、うまく出すことができないために起こるトラブルです。授乳中の女性の20~30%が乳腺炎にかかると言われています。代表的な症状としては、

・おっぱいが熱を持つ
・おっぱいにしこりができる
・おっぱいが赤みを帯びる
・おっぱいを押すと痛む
・熱、寒気、頭痛、関節痛
・腕を上げたりすると胸のあたりが痛む
・黄色っぽい母乳が出る

乳腺炎

このようにサラッと書くと、その深刻さが伝わりにくいと思いますが、乳腺炎による痛みは本当に半端ではないようで、実際の声を聞いた方がリアリティが感じられると思います。

タレント東尾理子さんのブログから
「胸が痛いのはもちろん、悪寒は走るし、ガタガタ震えるし、足先がむっちゃ寒いし、けど胴体は燃えるように熱いし・・・熱測ったら40度超えてて」

タレントSHEILAさんのブログから
「痛い~ とっても痛いの、左のお胸が…。右も痛いけど、左が特に痛い。なんでだろう。。。って言うか、おっぱいあげられないくらい痛いんだよ」

タレント根本美緒さんのブログから
「ヤバイです。ついにこの時が…おっぱいが…詰まりそう( ̄□ ̄;)!! ふと気づいた時ガチッと岩化してました…」

僕の妻もおっぱいが岩のように固くなり、熱を持って、わずかに触れただけでも激痛が走るという状態でした。

乳腺炎の原因

乳腺炎の原因には、次のようなことが考えられます。

・脂肪分が多く、高カロリーな食事
・きついブラジャーや姿勢による胸部圧迫
・赤ちゃんの母乳の飲み方が偏っている
・母乳の飲み残しがある

乳腺炎の治療方法

赤ちゃんに飲んでもらう

Mother breast feeding her infant

乳腺炎の一番の対処法は、赤ちゃんにいっぱい飲んでもらうことです。乳腺炎になった母乳でも、赤ちゃんの身体に悪いということはなく、与えても問題はありません。ただ、乳腺炎の時はおっぱいは非常においしくないようで、嫌がる子もいます。

ある程度、言葉が分かる月齢であれば、「ママのおっぱい、ちょっとおいしくないけど、○○ちゃんが飲んでくれると痛いのがなくなるの。飲んでくれるかな?」と言い聞かせるのも、効果的だそうです。

おっぱいの飲ませ方にもコツがあります。片方のおっぱいに偏ったり、同じような抱き方で赤ちゃんに授乳していると、飲み残しができてしまいます。乳腺は乳首を中心に放射状に広がっているため、片方だけや、同じ抱き方で授乳していると、一部の乳腺に母乳が残ったままになり、そこが詰まって乳腺炎になってしまいます。

ですので、オーソドックスな横抱きだけでなく、縦抱き(赤ちゃんと正面に向い合って授乳する)やフットボール抱き(ラグビーのボールを抱えるように)も意識して、授乳のたびに方向を変えると、すべての乳腺の通りがよくなります。また、左右交互に与えるのも大切です。

夫にも飲んでもらう

どうしても赤ちゃんがうまく飲めないときには、夫が吸い取ってあげることもできます。ちょっとコツがいりますが、奥さんにしこりのある場所を聞いて、方向を変えながら吸ってあげると、効果的に詰まりが解消されます。

僕も何度かトライしましたが、どうも心理的な抵抗があって、気が進みませんでした。今思えば、そんな僕の都合は関係なく、妻のためにしっかりやってあげるべきだったと後悔しています。

身体を締め付ける衣類を避ける

おっぱいはママの血液から出来ているので、血液の流れが悪いと詰まりやすくなります。ワイヤー入りのブラジャーや、締めつけ感のあるブラジャーは、血液の流れを悪くするので、楽な服装にかえるようにしてください。

食事に気を付ける

粗食

授乳中はお腹が空きやすく、疲れがたまるので、高カロリーなものや脂肪分の多いものを食べたくなりがちです。しかし、母乳はママの血液でできているので、脂肪分の多い食べ物を必要以上に摂取すると、母乳がドロドロになり、乳腺がつまる原因になってしまいます。摂取カロリーは減らさずに、脂肪分を減らし、バランスのとれた食事を摂れるよう心がけましょう。和食が最適ですね。

お恥ずかしいのですが、あえて僕の失敗談を書いておきます。妻のためにと思って、以前妻が好きだった「ラスク」を買って帰ったのです。ラスクは、パンを油で揚げて砂糖をまぶしたものですから、まさに高カロリー、高脂肪な食べ物ですよね。乳腺炎で苦しんでいる妻からしたら、そんなものを買ってくる夫は、ちょっとどうかしているということになります。今考えると、本当に恥ずかしく、情けなく、妻に対して申し訳ない気持ちでいっぱいになります。妻が苦しんでいる病気のことを調べもせずに、馬鹿のひとつ覚えのように、以前好きだったおやつを買って帰る・・・皆さんは、こんな風になってはいけませんよ。奥さんの食欲を満たしつつ、身体にも優しいものをセレクトしてあげてください。こういう時にどういう行動を取れるかが、その後の夫婦の信頼関係を決めていくのだと思います。

他の注意点としては、温かい飲み物は炎症を悪化させる可能性があるので、避けた方が無難です。また、いったん症状が収まったからと言って、いきなり普通の食事に戻すのは危険です。授乳期間中は、赤ちゃんのためにも和食系のバランスのとれた食事を心がけるようにしてください。こういうときこそ、旦那さんも積極的に料理を学んで、健康的な食事を奥さんのために作ってあげてください。本当に喜ばれると思いますよ。

スポンサーリンク

湿布

乳腺炎のとき、おっぱいを温めると炎症を悪化させてしまうので、避けた方がいいと思われます(温めた方がいいという人もいるようですが、冷やす方が理にかなっています)。お風呂も控えめにして、シャワーですませた方が無難です。

かと言って、熱を持ったおっぱいを氷などで一気に冷やすのはかえって危険です。詰まった乳腺が固まってしまうからです。「冷えピタ」などの冷却シップはほどよい冷たさなので問題ありませんが、乳腺炎の時には、じゃがいもで作った湿布がオススメです。赤ちゃんの口に入っても安全で、安い材料で作ることができ、効果が高いです。「最強母乳外来」というサイトを参考にしました。同名の本も出版されていて、とても勉強になるので、ご覧になってみてください。

〔じゃがいも湿布〕
じゃがいも 1個
小麦粉(薄力粉)大さじ4~5杯程度
お酢 2~3滴
キッチンペーパー

作り方
1.じゃがいもの皮をむき、芽をかき取る
2.おろし金ですり下ろす
3.小麦粉を混ぜ、お酢をたらす(A)
4.Aを半分に折ったキッチンペーパーに、大さじ2杯分くらい乗せる
5.そのまま半面(つまり1/4面)にバターナイフなどで塗り伸ばす
6.塗っていない残り半面を重ねる

使い方
湿布を患部に当てて、医療用のテープで固定するように貼ります。4~6時間が交換のメドですが、パリパリに乾燥したら交換してください。症状の程度にもよりますが、2~3日は続けます。1日分をまとめて作っておき、ビニール袋などに密封して冷蔵庫に入れておけば丸1日は品質保持出来ます。

注意点
Aを緩く作ると、体熱でダレてきて服が汚れますし、反対に硬く作ると伸ばしにくいので、小麦粉の量を加減してください。お酢はたくさん入れるとにおいがキツいので、ほんの少量にした方がいいです。

もうひとつ簡単にできる自然素材の湿布が〔キャベツの葉の湿布〕です。これは、キャベツの葉を洗って、そのまま患部に貼るだけという簡単さです。ずれないようにスポーツブラなどで固定します。葉がしなしなになったら交換します。キャベツには消炎効果があり、気持ちよく患部を冷やすことができます。

こういったものも、痛みを抱えている奥さんが自分で用意するのは大変ですよね。旦那さんが用意してあげると、それだけで奥さんは救われるのではないでしょうか。こういうことも、当時の僕は全然してあげませんでした。できることは、何でもやっておけばよかったと思います。

僕なんかに偉そうなことは言えないのですが、旦那さんの心構えとして、「10のケアを提供して、ひとつ効果があればOK」くらいに思うべきだと思います。僕の場合、こういう点もまったく未熟者で、何かひとつしてあげて、効果がなかったり、妻の反応がいまいちだと、「せっかくしてあげたのに」と思ってしまう傾向がありました。乳腺炎はそんなに甘くはありません。色々試して、その中から奥さんにあったケアを見つける、というつもりで取り組んでみてください。

最強母乳外来 [ SOLANIN ]

最強母乳外来 [ SOLANIN ]
価格:1,296円(税込、送料込)

 

漢方

乳腺炎になりそうな初期段階には、葛根湯液が効果的です。ドリンクタイプのものもあり、飲みやすいと思います。

 

また、ごぼうの種(牛蒡子・ゴボウシ)を煎じたものが、血行を促進して、しこりを和らげる効果があると言われています。

 

僕の妻に効果があったのは、五苓散(ゴレイサン)という漢方でした。体内の水分調整をする作用をもつお薬で、乳腺にたまってしまった水分を排出させる作用があります。僕がまったくの役立たずだったので、妻が自力でネットで調べ上げて見つけたのが、これでした。かなり効果があったようですが、完治に至ったわけではありません。補助的なものとして、試してみていただきたいと思います。ただ、五苓散は大きなドラッグストアで漢方を多く扱っているところにしか置いていません。あちこち探し回るより、ネットで注文するのが早いと思います。

【第2類医薬品】ツムラ漢方 五苓散料(1017) 24包

【第2類医薬品】ツムラ漢方 五苓散料(1017) 24包
価格:1,948円(税込、送料別)

 

搾乳

軽いしこり・詰まりの場合は、自分で搾乳して詰まりを取り除くことも出来ます。しこりの部分を軽く押して、たまった母乳を押し出すのです。僕の妻も、痛みをこらえながら自分で搾乳していました。

それを補助するグッズとして、メデラという海外メーカーの搾乳機を使っていました。はじめは手動のものを使っていましたが、ポンプを押すのに結構力が必要で、妻は疲れ切っていました。一度、僕にポンプを押すように頼んできたのですが、僕がまた下手クソで、グッと強く押してしまい、かえっておっぱいに激痛が走るという事件を起こしてしまい、それ以降頼まれなくなりました。本当に僕は役立たずだったのです。

 

手動が疲れるということで、電動のものもレンタルして使いました。今思うと、こんな機械まで使わせて、本当にかわいそうなことをしました。次の項目に挙げる「助産師さんのマッサージ」を、もっと早い段階で受けさせてあげるべきでした。

 

助産師さんのマッサージ

僕の妻は自分でも一生懸命にケアを頑張りましたが、結局のところ、おっぱいケアの経験豊富な助産師さんの助けが本当に大きかったです。

実は妻は、長女の出産の時の経験から、次女の出産でも乳腺炎になる可能性があると予想していました。そして、自分で調べた助産院のリストを僕にあらかじめ渡していました。

残念なことに妻の予想は当たってしまい、出産直後から乳腺炎で苦しむことになりました。その経緯は、
【無痛分娩のリスク】 僕の妻の体験談 「脳脊髄液減少症」という過酷な医療事故

の記事に詳しく書きましたが、出産後のすさまじい頭痛を治療するために、鎮痛剤の点滴を打ったことで(ちょっと記憶があいまいなのですが)、乳腺炎が一気に悪化してしまった可能性が疑われました。

このとき、本当であれば、僕は夫として、妻が渡してくれていた助産院のリストを頼りに、片っ端から問い合わせをして、退院後すぐにケアを受けさせてあげられるよう、体制を整えるべきでした(出産した産院は、まったく助けてくれなかった)。ですが、僕はいくつかの助産院に問い合わせはしましたが、どの助産院が妻を助けてくれるのかの判断ができず、途中で放り出してしまったのです。そして妻には、「ケアしてくれる助産院は見つからなかった」と嘘をついてしまいました。

その時の妻の絶望は、計り知れないものがあったと思います。僕に対しての絶望です。こういった行動をとったことは、僕という人間の根本的な問題ですので、これを読んでくださっている皆さんも、ちょっと理解に苦しむのではないでしょうか。僕は自分の理解や共感を超えた状況に、一種のパニックを起こして、逃げてしまったのです。

そういうことがあって、妻が助産師さんのケアをきちんと受けることができたのは、その後数ヶ月経ってからになってしまいました。

僕が重い腰を上げて、ようやく助産院を見つけようと動き出したときに参考にしたのは(これも妻が見つけてきたのですが)、山西みな子先生という助産師さんが記した「母乳で育てるコツ」という本でした。その山西先生の弟子にあたる助産師さんが全国各地におられることが巻末に記されていて、その中から家に近い助産院に連絡をとりました。

母乳で育てるコツ増補改訂版 [ 山西みな子 ]

母乳で育てるコツ増補改訂版 [ 山西みな子 ]
価格:1,728円(税込、送料込)

 

そうして出会った助産師さんが、ようやく妻のことを助けてくれたのです。僕が最初から妻の不安に共感して、妻と同じレベルで乳腺炎に対する心の準備と勉強をしていれば、もっと早いタイミングで妻に適切な助産師さんのケアを受けさせてあげることができたのです。

助産院には、他にも「桶谷式」という手法をもつネットワークがあったりします。調べてみて、ご自分たちにあったところを見つけてください。

何度も何度も書きますが、僕のようなひどい例を反面教師にして、どうか奥さんを大事にしてあげてください。

追記:僕が苦しんでいる妻に何もできなかった理由

僕が苦しんでいる妻に対して、何もしてあげられなかった理由には、僕自身が抱える「大人の発達障害」と「自己愛性人格障害」という問題がありました。ずっと、これについては触れることができませんでしたが、思い切って記事を書き始めてみました。こちらもご覧いただけたら幸いです。

【大人の発達障害】ADHDとアスペルガー症候群の並存…結婚して気付いた自分の致命的な欠陥(僕の体験談1)

【大人の発達障害】ADHDとアスペルガー症候群の二次障害として「自己愛性パーソナリティ障害」が形作られた(僕の体験談2)

【大人の発達障害】アスペルガー症候群と自己愛性パーソナリティ障害は結婚生活を破壊する(僕の体験談3)

【大人の発達障害】夫のアスペルガーは妻の「カサンドラ症候群」を引き起こす(僕の体験談4)

【大人の発達障害】「カサンドラ症候群」の実例から学ぶ・・・アスペ夫の言動のすべてが妻を追い詰める(様々な体験談から)

【大人の発達障害】自己愛性パーソナリティ障害は治療できるのか?妻に見放されて初めて自覚した心の闇(僕の体験談5)

【大人の発達障害】治療への道のり・・・自分をさらけ出せる友人との出会いが僕の道しるべとなった(僕の体験談6)

追記:出産後の夫婦関係は・・・

分娩時の辛い経験、その後の乳腺炎など、妻をおそった数々の苦しい出来事に対して、夫である僕はきちんとケアすることができませんでした。そういったことが積み重なって、僕たち夫婦の関係は、その後取り返しがつかないほど悪化していきます。今思えば、この無痛分娩での事故が、大きなターニングポイントになっていたように思います。

その後のことを書いた、こちら↓の記事もご覧いただければと思います。

【パートナーシップ】僕たち夫婦が「家庭内別居」をすることになった理由、そして「希望ある離婚」とは

【産後クライシス】妻が僕を憎むようになった理由… 妻の怒りに夫としてどう向き合うか(体験談)

【産後クライシス】2012年9月5日放送のNHK「あさイチ」まとめ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ