初めての方はこちらへ! 記事のご案内


【牛肉と舞茸のピリ辛炒め】決め手は豆板醤とコチュジャン! 弁当にも最適な簡単おかず

こんにちは! ピリ辛が大好きな、えいぷりおです!

牛肉のレシピと言えば、すき焼き、肉じゃが… あたりが代表格でしょうか。どちらも甘い味付けが特徴ですね。

もちろん、すき焼きも肉じゃがも最高ですが、牛肉にはピリ辛の味付けも合いますよ!

今回は舞茸の食感もステキな、ピリ辛レシピをご紹介します。

牛肉と舞茸のピリ辛炒めの材料

まずは牛肉と舞茸のピリ辛炒めの材料を、ご紹介します。

  • 牛肉切り落とし 500グラム
  • 舞茸 1パック
  • 焼肉のタレ 大さじ3~4
  • 豆板醤 好み
  • コチュジャン 好み

牛肉のお値段はピンキリですが、僕が今回使ったのは、業務スーパーで100グラム118円という激安の牛肉(オーストラリア産)です。

今回のようなしっかりした味付けの料理は、安い牛肉でも十分おいしく作れますよ。

決め手は豆板醤とコチュジャン

味付けのベースは、市販の焼肉のタレです。中辛のものを使います。僕が使ったのは、こちら ↓ の商品です。

お好みの焼肉のタレを使ってくださいね。

焼肉のタレをベースに、ピリ辛の調味料をプラスすることがポイントです。僕は今回、2種類の調味料を使いました。

まずは豆板醤(とうばんじゃん)

豆板醤はソラマメ、唐辛子を主原料にした中国の発酵調味料です。ペロッと舐めると、しびれるような辛さ!

もう一つは、コチュジャンです。

コチュジャンは、もち米麹、唐辛子の粉などを主原料とした朝鮮半島の発酵調味料です。こちらも独特の甘みとともに、強い辛さがあります。

焼肉のタレに、こうしたピリ辛の調味料を加えることで、自分好みの味に仕上げることができます。

このように、あらかじめ調味料を合わせて味をチェックし、ちょうどいい辛さに調整しておきましょう。

炒めた後に肉汁を拭き取る

牛肉を炒め、舞茸も加えて炒めます。

火が通ったら、ティッシュペーパーを丸めて肉汁を拭き取ります

このようにティッシュが茶色に染まるくらい、大量の肉汁が出ています。

この肉汁はおいしいものではなく、アクを含み、獣(けもの)っぽいにおいがします。しっかり拭き取ることで、雑味がなくなります

合わせ調味料を絡めて完成

最後に合わせ調味料を絡めたら完成です。

しっかり味付けで弁当にも最適

味付けがしっかりしているので、お弁当にもぴったりです。冷めてもおいしくて、食欲をそそられますよ!

お弁当に入れた例は、こちら ↓ の記事をご覧ください。

【弁当男子】単身赴任の中年サラリーマンのお弁当! 「4色ルール」で栄養も彩りもコスパも最高です!

えいぷりお的まとめ

僕は最近、お料理するときにはいつも、お弁当にも使えることを重視しています。

すき焼きや肉じゃがといった牛肉の定番料理は、ちょっとお弁当には使いにくいんですよね。

そういう意味で、今回のようなシンプルな炒めものは、とても便利。お弁当はもちろん、夜食に丼にすることもできたり。

ぜひ自分好みの味付けで作ってみてください。


こちら ↓ のボタンから、「中年サラリーマンの料理」についてジャンルごとに分かりやすく整理したまとめページに飛ぶことができます。

中年サラリーマンの料理まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください