初めての方はこちらへ! 記事のご案内


【ホテル浅草&カプセル】1泊2200円!?圧倒的な安さが魅力の老舗!実際に宿泊した体験レビュー

こんにちは! えいぷりおです。

安さが魅力のカプセルホテル。

その最高峰が今回ご紹介するホテル浅草&カプセルです。

大人が1泊2200円、学生はなんと1泊1700円!!

これより安いカプセルホテルを、僕は知りません。

実際に宿泊した体験を交えて、詳しくご紹介します。

ホテル浅草&カプセルとは

▼目印は「カプセルホテル浅草」と書かれたこの看板です。

ホテル浅草&カプセルの概要はこんな感じです。

【ホテル浅草&カプセル】

ホテル浅草&カプセルの長所・短所

ホテル浅草&カプセルの長所と短所をまとめておきます。

【ホテル浅草&カプセルの長所】

  • 圧倒的な安さ!

【ホテル浅草&カプセルの短所】

  • 古くてボロい…
  • カプセル内に窓があって寒い
  • ちょっとタバコの匂いが気になる
  • フェイスタオルの貸出がない
  • 大浴場のお湯がぬるい
  • チェックアウトが早すぎる(9時半)

では、詳しく見ていきましょう。

トリバゴで最安値を探してみる

★ホテル名に「ホテル浅草&カプセル」とコピペ
★宿泊予定日を入力して検索!
★200社以上の予約サイトから最安値が分かる!

【関連記事】 東京のカプセルホテル12選まとめ記事はこちら。

東京のカプセルホテル12選まとめ! 快適で格安なおすすめ宿を徹底比較! 宿泊体験レビューも

宿泊までの流れ

▼こちらがホテル浅草&カプセルのエントランスです。

カプセルだけでなく、普通のシングルルームもあります(1泊4400円~)。

▼受付はこちら。

▼靴置き場。この鍵と引き換えに、フロントでカプセル内ロッカーの鍵を受け取ります。

宿泊するカプセルはこんな感じ

▼カプセルの並ぶ廊下。カプセルと言っても、カプセルユニットが連結された造りではなく、完全に造り付けの構造になっています。

▼カプセルの入り口にはアコーディオンカーテンが。

ロールスクリーンが一般的なので、これはかなり珍しいですね。なかなか味わい深いです…

▼カプセル内から入り口方向を見ると、こんな感じです。

▼入り口付近に謎のロッカーが…。フロントで渡されたのは、この鍵だったのか。

▼ロッカーを開けてみました。

申し訳ないですが、ここに洋服を掛ける気にはなりませんでした… 貴重品ボックスとしては使えそうです。

▼カプセルの奥の方(枕側)を見たところ。

カプセルホテルなのにが!! こんなの初めてです。

冬に宿泊したら、明け方の寒さが半端じゃなかった…

そしてテレビが絶妙に見づらい場所に設置されていました。

普通、カプセルホテルのテレビは、ゴロゴロしながら見れるのが醍醐味なのですが、ここでは正座して少し腰を浮かせて見る感じになっちゃいますね。

▼当たり前ですが、夜が明けるとこの明るさ。カーテンがないから絶対に起きちゃいます。衝撃的すぎる。

布団の右側に中途半端な隙間がありますよね。造り付けならではの奇妙なサイズ感。荷物が置けて便利なんですけど、なんとも味わい深い。

▼バスタオルと浴衣が置かれています。フェイスタオルがないのが、かなりマイナスポイントですね。

トリバゴで最安値を探してみる

★ホテル名に「ホテル浅草&カプセル」とコピペ
★宿泊予定日を入力して検索!
★200社以上の予約サイトから最安値が分かる!

おそらく日本一? 圧倒的な安さ

ホテル浅草&カプセルの最大にして唯一(?)の魅力は、おそらく日本一と思える圧倒的な安さです。

一般で1泊2200円、学生に至っては1泊1700円!(学生証の提示が必要)

しかも僕が調べた範囲では、年末年始やお盆などのハイシーズンでも値上げをしていないようです(自己責任でご確認ください)。

安さ重視の方は、迷いなくここを選びましょう!

築28年!古くてボロい…

ホテル浅草&カプセルが開業したのは1990年。今から28年前のことです。

当時、女性が宿泊できるカプセルホテルは全国初。先進的な施設だったようです。

今も経営を続けているのはすごいことですが、さすがにボロさは隠せません。

清潔感や美しさを求めるなら、ここを選んではいけません。

ちょっとタバコの匂いが気になる

ホテル浅草&カプセルは喫煙者に優しいホテルです。

▼各階でエレベーターを降りると、そこにはまったく仕切りのない喫煙所が。

タバコの匂いを避けることは不可能です。

タバコが苦手な方は、絶対にここを選んではいけません。

大浴場のお湯がぬるい

(引用:公式サイト)

大浴場のあるカプセルホテルは少数派です。多くはシャワールームのみ。

その点、ホテル浅草&カプセルは、大浴場のある貴重なカプセルホテルです。

ですが、残念ながら僕が入ったときは、湯船の温度が低く、体の芯まで温めることができませんでした

これは本当に残念!

もしかしたら、たまたまだったのかもしれませんが、宿泊客にとっては一期一会ですからね。

チェックアウトが9時半と早すぎる

ホテル浅草&カプセルのチェックアウトは9時半

ただし、カプセルではない普通のシングルルームのチェックアウトは10時だそうです。

公式サイトには「10時」と書かれていますが、カプセルの方は9時半ですので、注意してくださいね。

ほとんどのカプセルホテルのチェックアウトは10時ですから、9時半はちょっと早すぎますね。

1階の休憩室はこんな感じ

▼1階には休憩室があります。

▼ポットや電子レンジが揃っているので、コンビニ弁当を温めたり、インスタントラーメンを作ったりして、ラウンジで食べることができます。

▼自動販売機は充実していて、カップヌードルやお酒も揃っています。

▼マッサージチェアも完備。

▼インターネットにつながったパソコンが6台あって、無料で使うことができます。

トリバゴで最安値を探してみる

★ホテル名に「ホテル浅草&カプセル」とコピペ
★宿泊予定日を入力して検索!
★200社以上の予約サイトから最安値が分かる!

ホテル浅草&カプセルへのアクセス

ホテル浅草&カプセルの最寄り駅は、東京メトロ銀座線 田原町駅で、徒歩3分と便利な立地です。

他にも、

  • 都営地下鉄浅草線 浅草駅から徒歩4分
  • つくばエクスプレス 浅草駅から徒歩8分
  • 都営大江戸線 蔵前駅から徒歩5分

などからも行くことができます。

ここでは一番近い田原町駅からのルートをご案内します。

ホテル浅草&カプセルの予約方法

ホテル浅草&カプセルの予約には、「トリバゴ」が便利です。様々な旅行サイトをまとめて比較して一番お得なプランを検索できるサービスです。

トリバゴで最安値を探してみる

★ホテル名に「ホテル浅草&カプセル」とコピペ
★宿泊予定日を入力して検索!
★200社以上の予約サイトから最安値が分かる!

えいぷりお的まとめ

最後にもう一度、ホテル浅草&カプセルの概要および長所・短所を復習しておきましょう。。

【ホテル浅草&カプセル】

【ホテル浅草&カプセルの長所】

  • 圧倒的な安さ!

【ホテル浅草&カプセルの短所】

  • 古くてボロい…
  • カプセル内に窓があって寒い
  • ちょっとタバコの匂いが気になる
  • フェイスタオルの貸出がない
  • 大浴場のお湯がぬるい
  • チェックアウトが早すぎる(9時半)

ホテル浅草&カプセルの魅力は、何と言っても圧倒的な安さ。

安さ重視の人で、多少ボロかったりタバコ臭かったりに耐えられる人には、断然オススメです。

【関連記事】 東京のカプセルホテル12選まとめ記事はこちら。

東京のカプセルホテル12選まとめ! 快適で格安なおすすめ宿を徹底比較! 宿泊体験レビューも

【関連記事】 ちなみに、なぜ僕が東京のカプセルホテルに宿泊しているのか… 自宅が東京にあるのにカプセルホテルを転々としなければならない悲しい事情は、こちらの記事をご覧ください。

【悲報】単身赴任先から帰宅して子供の顔を見たいけど、妻から「帰ってくるな」と拒否された

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください