【麻疹(はしか)ワクチン】なぜ1回のみの接種では効果がないのか

スポンサーリンク

2016年8月以降、関西空港から感染が拡大している麻疹(はしか)。感染者の多くは20~30代であることが分かっています。彼らは麻疹ワクチンを1回しか受けていない世代。なぜ1回のみのワクチン接種は効果がなかったのでしょうか。

何度もウイルスが侵入することで抗体価は上がる

%e9%ba%bb%e7%96%b9

※麻疹についての基本的な知識は、こちらをご覧ください。
※麻疹ワクチンの歴史と年代別の感染リスクについては、こちら
※子供の病気については、こちらにまとめています。

1978年4月に麻疹ワクチンの定期接種が始まるまで、麻疹(はしか)は誰もがかかる一般的な病気でした。麻疹ウイルスは空気感染するという特徴があり、異次元とも言えるすさまじい感染力を持つため、1977年4月1日以前に生まれた世代は、ほぼ100%が子供時代に感染していると考えられています。

この世代は、最初に感染した際に麻疹に対する抗体を獲得しています。そして、さらにその後、何度も麻疹ウイルスにさらされていますが、抗体のはたらきによって、2回目以降に体内に侵入してきた麻疹ウイルスはすぐに排除され、二度と感染することはありません。

ここで重要なのは、このように何度も麻疹ウイルスの侵入にさらされることで、麻疹に対する抗体は強度を増していくということです。抗体はウイルスの侵入を受けるたびに、次なる侵入に備えて「防御態勢」をより確固としたものにしていきます。抗体の強さを「抗体価」と呼びますが、抗体価は何度もウイルスが体内に侵入してくることによって上昇していくのです。

1990年代以降、麻疹の罹患者が激減

1978年からの麻疹ワクチンの接種が功を奏して、1990年代以降、麻疹の罹患者は激減していきました。このこと自体は評価されるべきことなのですが、それまで頻繁に体内に侵入してきた麻疹ウイルスがやってこなくなったのです。

麻疹ウイルスにさらされる機会が減ると、抗体を持っている人も、その抗体価が次第に減少していきます。

特に、1977年4月2日~1990年4月1日に生まれた世代は、麻疹ワクチンを1歳時に1回しか受けていません。かつては1回のワクチン接種が生涯有効とされていましたが、それが正しくないことが、その後明らかになりました。1回のみの接種で十分な抗体価が得られていないのに加えて、その後ウイルスにさらされる機会にも恵まれず、この世代には、ウイルスを排除できないレベルにまで抗体価が低下している人が多くいると推測されます。

2016年現在、26~39歳にあたるこの世代が、2016年夏の麻疹流行で、もっとも多くの感染者を出してしまったのは、こうした事情があったためです。

スポンサーリンク

2回接種した世代も安全ではない

1990年4月2日以降に生まれた世代、つまり2016年現在26歳以下の世代は、麻疹ワクチンを2回接種してます。

1歳時に1回目の接種を行い、抗体価が下がり始めた小学校就学前に2回目の接種を行うことで、抗体価をブーストする(押し上げる)効果が期待されています。

ところが、この世代にも抗体が定着していない人が一定割合いることが分かっています。ここでも、生活の中で麻疹ウイルスにさらされる機会が減っていることが影響しているのかもしれません。

抗体価検査と必要に応じた追加のワクチン接種を

自分に麻疹に対する抗体があるのかどうかは、抗体価検査を行うことで分かります。検査は基本的には自費になり、4000~5000円ほどかかります。

抗体価が十分でないことが分かったときには、追加のワクチン接種を行うことが推奨されます。こうした接種も基本的には自費で、4000~5000円ほどかかります。

2016年夏の流行で感染源になったのは空港でした。海外からウイルスが持ち込まれる危険のある空港では、職員が感染を拡大させることがないよう、すべてのスタッフに対して抗体価の検査と必要に応じた追加のワクチン接種を行うことが求められるでしょう。

さらに今回の流行では、大阪市立大学医学部付属病院の医師も麻疹に感染。医療関係者自身が院内感染の媒介者になってしまった可能性が指摘されています。空港の職員もさることながら、医療関係者はさらに徹底した対策がなされるべきだと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ