「子供の病気」の記事一覧

【インフルエンザ脳症】中1飛び降りの衝撃 ーウイルス性脳症の実例と体験談―

2014年6月に、中1男子が校舎の4階から飛び降りて死亡。その原因は「インフルエンザ脳症による異常行動」とされました。インフルエンザ脳症は、どのような異常行動を引き起こすのか。具体的な事例を紹介します。

【リレンザ転落死】インフルエンザ治療薬が招く異常行動、その事例と対応策(子供の病気)

2017年2月15日、インフルエンザ治療薬であるリレンザを吸入した男子中学生が転落死したとの報道が出ました。以前、タミフルによる異常行動がクローズアップされたことがありましたが、今後リレンザによる異常行動にも注目が集まり・・・

【川崎病5】冠動脈瘤をケアし、心筋梗塞を予防する

全身の血管に炎症が起こる原因不明の病気、川崎病。ある割合で冠動脈瘤の後遺症を患い、冠動脈狭窄や心筋梗塞のリスクを一生背負って生きていくことになります。そうした後遺症を患ってしまった場合に、どのようにして心筋梗塞のリスクを・・・

【川崎病4】後遺症の冠動脈瘤は、どのように形成されるのか

全身の血管に炎症が起こる原因不明の病気、川崎病。注意しなければならないのは「冠動脈瘤」です。これを患うと心筋梗塞のリスクを一生背負って生きていくことになります。こうした後遺症は、どのように起こるのでしょうか。

【川崎病3】後遺症に苦しむ子供たち・・・NHKの報道から

2016年11月8日、NHKの「ハートネットTV」という番組で「急増する川崎病 ―病と戦う子どもたち―」という特集が組まれました。川崎病の原因が突き止められぬまま研究が先細りになってきた背景、後遺症を抱えて生きる人たちの・・・

【川崎病2】急性期の治療法「免疫グロブリン大量療法」

4歳以下の幼児がかかりやすい原因不明の病気「川崎病」。迅速にに治療しなければ、心臓に後遺症を残してしまいます。急性期の激しい症状を、いかに早く乗り切るか。その治療法をご紹介します。

【川崎病1】急増する原因不明の難病、その症状と診断

突然高熱に襲われ、全身の血管が炎症で腫れ上がる原因不明の難病「川崎病」。乳幼児を襲い、心臓に重篤な後遺症を残します。近年患者数が急増し、おととしには過去最高を記録。いったいどのような病気なのでしょうか。

【マイコプラズマ肺炎】2016年の患者数が過去最多に! 重篤な喘息を併発する恐れも・・・その症状と治療法

発熱としつこい咳が特徴で、重症の肺炎になることもある「マイコプラズマ感染症」。最新のニュースで2016年10月末の患者数が過去最多だったことが報じられました。感染拡大が懸念される今、マイコプラズマ肺炎についてお伝えします・・・

【インフルエンザ脳症】突然のけいれん、意識障害、異常行動・・・その前駆症状と後遺症

インフルエンザによる発熱にともなって、けいれん、意識障害、異常行動などの神経症状がみられる場合、インフルエンザ脳症が疑われます。死亡率は約30%、約25%に後遺症が残ると言われる重い合併症です。

【インフルエンザ】2016~2017年シーズン最新情報と基礎知識

インフルエンザは、高熱、寒気、頭痛・関節痛・筋肉痛など全身症状が現れる感染症です。2016年9月に入り、全国で感染者が報告され始めました。最新情報と合わせて、基本的な知識をお伝えします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ