【無痛分娩】日本産婦人科医会が実態調査を開始 ―現場の状況を把握し、これ以上の犠牲者を出すなー

スポンサーリンク

2017年4月から6月にかけて、大阪、神戸、京都の産婦人科で起こった無痛分娩にからむ医療事故が次々に報道されました。それを受け、日本産婦人科医会が実態調査に乗り出しました。今後の安全性向上のために、何が必要なのでしょうか。

2017年6月17日の時事通信のニュース

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2017年6月17日に時事通信から次のようなニュースが配信されました。

無痛分娩、全国調査を開始=死亡例判明で―産婦人科医会

日本産婦人科医会は17日までに、出産の痛みを麻酔を使って和らげる無痛分娩(ぶんべん)について、全国約2400の産科医療機関を対象に実態調査を始めた。

一部の医療機関で妊産婦が死亡した例が判明しており、現状を把握して安全対策につなげる方針だ。

医会は今月、分娩を扱う全国の病院と診療所にアンケートを送付。無痛分娩の件数、麻酔を誰が管理しているか、重大事故になりかねなかった例のほか、帝王切開での麻酔の体制などについても尋ねている。7月をめどに調査結果をまとめ、近く発足する予定の厚生労働省研究班に提供して、安全対策の提言などにつなげる。

医会によると、大阪府和泉市、京都府京田辺市、神戸市中央区などで、無痛分娩や帝王切開で麻酔を受けた妊産婦の死亡や重症化が相次いで判明した。医会には死亡事故などの報告を受ける制度があるが、いずれも報告されていなかった。

医会は産婦人科の開業医などで構成する団体。

(引用:時事通信社

日本産婦人科医会とは

新聞記事にも書かれているように、日本産婦人科医会とは産婦人科の開業医などで構成する団体です。2017年6月現在、会長を務めるのは東京都世田谷区の成城木下病院の木下勝之院長です。

役員一覧を見ると、開業医だけでなく、総合病院や大学病院、国立成育医療センターの先生なども理事に名を連ねています。

会員名簿を見ると、数えきれないほどの医師の名前が並びます。おそらく全国の産婦人科医のほとんどが加入しているのではないでしょうか。

「日本産科婦人科学会」とは異なる組織で、会員同士の連携と情報の共有を目的としているようです。

スポンサーリンク

未来につながる実態調査を

全国約2400の産科医療機関を対象に送付されたアンケートでは、主に硬膜外麻酔の現状について聞いているようです。無痛分娩の最大のリスクが硬膜外麻酔にあることが、アンケートの傾向からも読み取れます。

この調査を通じて、産婦人科における麻酔科医の状況が、明らかになることを強く望みます。

できることなら日本産婦人科医会の指導によって、産婦人科における麻酔科医の体制について厳しい基準を設けてほしいと思います。基準に満たない場合は、無痛分娩を行わないようにさせるなど、具体的な対策につなげてほしいと思います。調査しただけで終わってしまっては、事故は今後もなくならないでしょう。

そして、調査結果はきちんと公表してもらいたいです。安全に無痛分娩を行える麻酔科医の体制とは、どのようなものなのか、その基準を明確に示してほしいです。そして、安全な体制が整っている病院はどのくらいの割合だったのかを(可能なら病院名も)、公表してもらいたいです。逆に、麻酔科医が足りていないのに無痛分娩を行っていた病院はどのくらいの割合なのかも公表してほしいです。

今回行われる実態調査は、病院関係者への情報としてだけではなく、これからお産に臨むお母さんとその家族にも公開されるよう、強く希望します。そうした情報は、無痛分娩を選択するかどうかの、貴重な判断材料となるでしょう。

無痛分娩に関する記事について

僕の妻が無痛分娩による後遺症で苦しんだこともあり、関連する記事をたくさん書いてきました。ここに、まとめておきます。

まず、僕の妻のケースを詳述した最初の記事。硬膜外麻酔がうまくいかず、硬膜穿孔による脳脊髄液減少症の後遺症に苦しみました。この記事は、多くの方の目にとまったようで、僕の零細サイトの中でも、最も閲覧数の多い記事となっています。
【無痛分娩のリスク】 僕の妻の体験談 「脳脊髄液減少症」という過酷な医療事故

ネット上に残されている無痛分娩に関する体験談をまとめた記事です。うまくいったケースから、死亡事故のケースまでを挙げています。
【無痛分娩】副作用や死亡事故も…体験談まとめ

医療現場の人間模様を描いた漫画「コウノドリ」にも、無痛分娩に関する1話があります。産科の抱える課題も見えてくるもので、ぜひ読んでいただきたい作品です。
【無痛分娩】漫画「コウノドリ」第10巻を読んで(※ネタバレ注意)

その「コウノドリ」の無痛分娩のエピソードが、2017年10月にドラマ第2シリーズの第3話として放送されました。
【コウノドリ】2017年ドラマ 第3話「母を救え 産後うつと無痛分娩」感動シーンを振り返る(※ネタバレ注意)

2017年4月以降、無痛分娩にからむ事故が相次いで報道されました。時系列で整理しておきます。

まず、2011年4月に京都の産院で起こった医療過誤訴訟。赤ちゃんが脳に重大な障害を持って生まれ、その後3歳で亡くなったという痛ましい事故でした。事故の原因のひとつとして「陣痛促進剤」の過剰投与が示唆されています。
【無痛分娩】2011年4月、京都「ふるき産婦人科」の事故 脳に障害、3歳で死亡 ―陣痛促進剤の過剰投与か―

次に、2012年11月に京都の同じ病院で起こった訴訟。母子ともに意思疎通のできない重大な障害を負いました。原因の可能性として「局所麻酔薬中毒」が挙げられました。
【無痛分娩】2012年11月、京都「ふるき産婦人科」の事故 母子ともに脳障害で提訴 ―局所麻酔薬中毒か―

2015年2月には、特定機能病院に指定されている順天堂大順天堂病院でも事故が起こりました。2014年から24時間体制で専門の麻酔科医がバックアップする体制を導入していましたが、死産および子宮全摘出という痛ましい事故となり、裁判となっています。
【無痛分娩】2015年2月、高度な医療を誇る順天堂大順天堂病院で死産 ―陣痛促進剤を説明せずに投与か―

2015年8月には、神戸の病院で、36歳の母親が陣痛促進剤の過剰投与と思われる子宮からの大量出血などで亡くなる事故がありました。異変が起こった後の病院側の対応にも問題があり、刑事告訴されました。
【無痛分娩】2015年8月、神戸「母と子の上田病院」の事故 36歳の母親が死亡 ―陣痛促進剤の過剰投与で刑事告訴―

2015年9月に、同じく神戸の別の病院で起こった事故。硬膜外麻酔の手技とその後の管理に、明らかに杜撰な点が見られ、母親が死亡、赤ちゃんも脳に重い障害を負いました。。
【無痛分娩】2015年9月、神戸「おかざきマタニティクリニック」の事故 35歳の母親が死亡 ―麻酔科医の不足が一連の事故の根底に―

さらに、2016年5月にも京都の同じ病院で医療事故が起こっています。この事故でも、母子ともに意思疎通のできない重大な障害を負いました。原因として「全脊髄麻酔状態」が考えられています。
【無痛分娩】2016年5月、京都「ふるき産婦人科」の事故 母子ともに脳障害で提訴 ―全脊髄麻酔に陥ったか―

2017年1月には、大阪の産院で、31歳の母親が出産中に呼吸不全に陥って意識不明となり、その後亡くなるという死亡事故が起こりました。僕の勝手な推測で、麻酔薬によるアレルギー反応(アナフィラキシーショック)について検証してみました。
【無痛分娩】2017年1月、大阪「老木レディスクリニック」の事故 31歳の母親が死亡 院長が書類送検 HPの虚偽記載も

2017年4月17日の新聞記事に、無痛分娩が妊産婦の死亡率を上昇させるとのショッキングな記事が掲載されました。この記事の内容について検証してみました。
【無痛分娩】2017年4月の日本産科婦人科学会で発表された「無痛分娩で13人死亡」の真相とは

これらの事故(2017年4月~6月に相次いで報道された)を受けて、日本産婦人科医会が全国の産婦人科に対して実態調査を行うことになりました。今後の安全性向上に生かされるよう、強く希望します。
【無痛分娩】日本産婦人科医会が実態調査を開始 ―現場の状況を把握し、これ以上の犠牲者を出すなー

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ