【麻疹(はしか)ワクチン】年代別の感染リスク

スポンサーリンク

2016年の夏に関西空港から感染が広がった麻疹(=はしか)は、9月11日時点で感染者115人。その7割近くを20~30代が占めていることが報告されました。はしかの年代別の感染リスクと対処法についてまとめます。

日本における麻疹ワクチンの歴史

%e9%ba%bb%e7%96%b9

※麻疹についての基本的な知識は、こちらをご覧ください。
※子供の病気については、こちらにまとめています。

麻疹ワクチンが定期接種(公費での接種)が始まったのは1978年です。当時は1回のみの摂取。1歳児に対して摂取されました。

1989年からは新三種混合ワクチン(MMR)として接種されるようになります。MMRとは、麻疹ワクチン、流行性耳下腺炎(おたふく風邪)のワクチン、風疹ワクチンが混合されたものです。これも1歳児に対して1回のみの接種でした。

MMRはその後、ウイルス性髄膜炎(無菌性髄膜炎)の副作用を招くことが分かり、1993年に中止。再び麻疹ワクチン単品の接種に戻りました。

ところがその後、1回のみの接種では、徐々に免疫力が低下することが指摘され、2006年4月から2回接種が義務付けられるようになりました。

2007年には高校生や大学生に大流行が起こり問題となりました。その解決策として、2008年から5年間限定で、中学1年生と高校3年生に対して公費での接種が行われることになりました。1歳の時に1回のみ接種していたこの世代に対して、2回目の接種の機会を与えたのです。

年代別の接種回数

1977年4月1日より前に生まれた人たちは、麻疹ワクチンを1回も受けていない世代です。2016年現在、39歳以上の人たちです。

1978年に導入された麻疹ワクチンを受けた最初の世代は、1977年4月2日以降に生まれた人たちです。2016年現在、39歳以下の世代です。彼らは1回しか接種を受けていません。

2回の接種を受けている最初の学年は、2008年に高校3年生だった人たち、つまり1990年4月2日以降に生まれた人たちです。つまり、2016年現在、26歳以下の世代です。彼らは、2008年から5年限定で行われた中学1年生と高校3年生への2回目の接種を受けることができた一番上の学年です。

まとめると、以下のようになります。

1977年4月1日以前に生まれた人たち
(この記事が書かれた2016年9月現在、39歳以上の人たち)
麻疹ワクチンを1回も受けていない。

1977年4月2日~1990年4月1日に生まれた人たち
(2016年9月現在、26歳~39歳の人たち)
麻疹ワクチンを1回のみ受けている。

1990年4月2日以降に生まれた人たち
(2016年9月現在、26歳以下の人たち)
麻疹ワクチンを2回受けている。

スポンサーリンク

年代別の麻疹への感染リスク

麻疹ワクチンを受けている回数によって、感染に対するリスクが変わってきます。前項で分類した3つの世代ごとにまとめてみます。

1977年4月1日以前に生まれた人たち
(2016年9月現在、39歳以上の人たち)
麻疹ウイルスには「空気感染」という特徴があり、異次元とも言えるすさまじい感染力を持っています。そのため、ワクチンを打っていないこの世代は、ほぼ100%子供時代に麻疹に感染していて、免疫を獲得しています。そのため、一生麻疹にはかからないと考えられています。

1977年4月2日~1990年4月1日に生まれた人たち
(2016年9月現在、26歳~39歳の人たち)
麻疹ワクチンを1回しか受けていないため、子供時代は感染を免れていますが、その後徐々に抗体価が下がっていき、大人になってから感染するリスクが高まっています。

2016年夏の流行で、感染者のうち20代が38%、30代が30%と、20~30代が全体の7割近くを占めているのは、26歳~39歳が「谷間世代」となっているためです。

※1回のみのワクチン接種では効果がない理由は、こちらを。

1990年4月2日以降に生まれた人たち
(2016年9月現在、26歳以下の人たち)
麻疹ワクチンを2回受けているため、感染の可能性が低い世代です。ほとんどの人が麻疹にかかることはないと考えられています。

ワクチンの接種率は100%ではない

ただ注意しなければならないのは、ワクチンの接種率は100%ではないことです。何らかの事情で1歳の時と小学校入学前にワクチンを打っていない人もいます。年代や地域によっては、接種率が80%程度のこともあります。つまり10人に1~2人は、ワクチンを打っていない可能性があるのです。

自分が受けるべきワクチンをきちんと受けているのかは、母子手帳を見ると記録されているはずです。もし母子手帳を持っていない場合は、抗体価の検査を受けることができます。これは健康保険の対象外なので3000~5000円ほどの負担が生じます。

「子供の病気」に関する記事について

子供は様々な病気にかかります。当サイトでは、保育園や学校でもらってくる感染症やアレルギー性疾患など、それぞれの症状や治療法をご紹介しています。

〔子供がよくかかる感染症〕
子供がかかる典型的な感染症を列記します。詳しくは、それぞれの病名をクリックしてください。

インフルエンザ
高熱、寒気、頭痛・関節痛・筋肉痛など全身症状が現れます。11~3月ごろ流行します。
※タミフルやリレンザなどのインフルエンザ治療薬によって、飛び降りなどの異常行動が起こる事例が報告されています。

インフルエンザ脳症
インフルエンザの合併症。痙攣、意識障害、異常行動などを起こし、30%が死亡、25%に後遺症が残ります。
※具体的な事例をこちらにまとめました。

マイコプラズマ肺炎
発熱としつこく長引く咳が特徴。2016年秋の患者数が過去最高と報じられました。

川崎病
4歳以下の子供に多く発症する原因不明の病気。全身の血管に炎症が起こり、心筋梗塞のリスクを高める重篤な後遺症を残す危険性があります。近年増加の傾向があり注意が必要です。次の5つの記事からなります。
【川崎病1】急増する原因不明の難病、その症状と診断
【川崎病2】急性期の治療法「免疫グロブリン大量療法」
【川崎病3】後遺症に苦しむ子供たち・・・NHKの報道から
【川崎病4】後遺症の冠動脈瘤は、どのように形成されるのか
【川崎病5】冠動脈瘤をケアし、心筋梗塞を予防する

溶連菌感染症
喉のはれ、発熱などつらい症状を起こしますが、検査によって正確な診断が可能で、特効薬もあります。

水疱瘡
全身の発疹が特徴です。発疹は水ぶくれになり、かゆみを伴い、熱も出ます。

おたふく風邪
正式名称は「流行性耳下腺炎」。耳の下が腫れあがる症状が特徴です。

麻疹(ましん)=はしか
高熱と咳、鼻水、結膜炎、そして全身に発疹が現れる比較的重い感染症です。空気感染による非常に高い感染力が特徴です。
※年代別のワクチン接種状況と感染リスクについてはこちらを。
※1回のみのワクチン接種では効果がない理由はこちらを。

風疹
顔から全身に広がる発疹、発熱、耳の後ろあたりのリンパ節の腫れなどの症状を表すウイルス性疾患です。

先天性風疹症候群
妊婦が風疹にかかることによって、お腹の中の胎児にも風疹ウイルスが感染。その結果、生まれてくる赤ちゃんに引き起こされる白内障や心奇形、難聴といった障害のことを指します。

ウイルス性髄膜炎
発熱、頭痛、嘔吐が主な症状です。手足口病やヘルパンギーナ、おたふく風邪などの合併症として発症します。

〔夏の三大感染症〕
夏の乳幼児に流行する典型的な3つの病気があります。

手足口病
手と足と口の中にポツポツとした水疱性の発疹ができるのが特徴です。

ヘルパンギーナ
39℃を超える急な発熱と、喉の奥にできる水疱が特徴です。

咽頭結膜熱=プール熱
39℃を超える急な発熱と、痛みを伴う喉の症状(咽頭炎)と目の症状(結膜炎)が特徴です。

〔子供の貧血〕
「鉄欠乏性貧血」は、鉄分の不足によって起こる貧血です。成人女性によく見られる症状ですが、実は子供にも発症します。

乳幼児の鉄欠乏性貧血
乳幼児の鉄欠乏は発育に大きな影響を及ぼす危険性があると言われています。妊娠中の母親の鉄欠乏が、おなかの中の胎児の鉄欠乏の原因にもなるので、お子さんを授かったら、ママ自身のケアが重要になります。

思春期の鉄欠乏性貧血
思春期によく見られる「顔色が悪い」「疲れやすい」「注意力や集中力の低下」といった問題は、鉄欠乏が原因かもしれません。特に思春期の女性は、その約10%が治療が必要なレベルの鉄欠乏性貧血と言われています。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ