【咽頭結膜熱=プール熱】子供の夏風邪、症状と治療法

スポンサーリンク

夏に子供がよくかかる「三大夏風邪」といえば、手足口病とヘルパンギーナ、そして咽頭結膜熱(プール熱)です。咽頭結膜熱は、39℃を超える急な発熱と、痛みを伴う喉の症状(咽頭炎)と目の症状(結膜炎)が特徴。。大人にも感染し、症状が重くなることもあるので、早期治療が重要になります。

咽頭結膜熱(プール熱)とは

プール熱

「プール熱」という通称は、かつてプールで感染することが多かったことに由来します。ですが、実際にはプールに限らず、生活の様々な場面で感染します。
(子供のかかる病気は、こちらにまとめています)

咽頭結膜熱の症状

「咽頭結膜熱」という名前に示されているように、主な症状は喉の症状(咽頭炎)、目の症状(結膜炎)、発熱の3つです。

まず、突然の高熱から始まります。発熱は39~40℃が3~7日と長く続きます。

その後、喉の症状(咽頭炎)と、目の症状(結膜炎)の両方が現れます。喉が真っ赤になり、痛みの強い状態が3~5日間持続します。

 プール熱(喉)

目は痛みやかゆみがあり、目やにが出て、まぶしくなったり涙が止まらなくなったりします。目の症状は一般的には片方から始まりますが、多くの場合はもう一方にも広がります。

プール熱(目)

ただし、これら3つの症状が全て現われてこない不完全なケースもあります。

また、頭痛や吐き気、腹痛や下痢が起こることもあります。これらの症状は3~5日程度続きます。

基本的に予後の良い疾患ですが、まれに肺炎など重症化することがあり注意が必要です。

子供がよくかかる他の2つの夏風邪については、次の記事を参考にしてください。
【手足口病】子供の夏風邪、症状と治療法

【ヘルパンギーナ】子供の夏風邪、症状と治療法

原因は「アデノウイルス」

アデノウイルス

咽頭結膜熱は、「アデノウイルス」というウイルスによって引き起こされます。アデノウイルスには約50種の型が確認されおり、主に3型のアデノウイルスが原因となります。他にも1、4、7、14型による感染も見られます。1995年以降、7型による流行が見られ、他の型に比べ熱が長く続き、乳幼児が肺炎にかかるなど重症化するケースが報告されています。

これらのウイルスが喉や鼻の粘膜、あるいは眼の結膜から体の中に入り込むことによって感染します。

一度感染を経験すると免疫ができますが、原因ウイルスに多数の型があるため、何度も感染する可能性があります。

潜伏期間は5~7日間です。

感染する年齢

幼児から学童にかけての子どもがかかりやすい疾患です。免疫がない成人にも感染することがあります。

流行時期

通常は、6月頃から徐々に増加しはじめ、7~8月頃にピークを形成し、10月頃まで流行が見られます。ただし、アデノウイルスは1年中活動しており、夏以外にも流行することがあります。

感染経路

多くは、くしゃみや咳による飛沫感染ですが、プールなどでの結膜からの感染や、便を介しての経口感染もあります。また目やにから接触感染も起こすので、目をこすったりする行為には注意が必要です。

治癒後も感染する可能性がある

治った後も、咽頭からは発症後1~2週間、便からは約1か月もウイルスが排出し続けます。アデノウイルスの感染力は非常に強いので、慎重に対処する必要があります。

スポンサーリンク

咽頭結膜熱の治療法

アデノウイルスに抗生物質は効かず、特効薬はありません。治療はそれぞれの症状に対する対症療法が中心となります。

結膜炎が強い場合は眼科の治療が必要になります。

脱水症状のケア

喉が痛みが強いので、食欲不振による脱水症に注意が必要です。イオン飲料などで水分を取らせ、部屋を涼しくしてゆっくり休めるようにしましょう。

もし、どうしても水分が取れないときは早めに病院にかかってください。脱水症状があれば点滴してもらいましょう。

喉にしみない食べ物を

家庭では、十分な水分・栄養がとれるようにします。喉の痛みが食欲不振を招くので、ヨーグルト、プリン、ゼリー、アイスなど、刺激が少なく、固くない食物を試してみてください。

予防法

流行時には、うがいや手洗いを励行することが大切です。便にもウイルスがいますので、おむつ交換後の手洗いは、しっかりしましょう。手指消毒を徹底することも有効です。

また、目やにからの接触感染もありますので、目をこすらないよう注意するとともに、タオルの共用はやめた方が無難です。患者が目やにや涙を拭き取る場合は、ティッシュペーパーや清浄綿を使い、眼を直接手で触れないように気をつけましょう。

ドアノブや手すり、おもちゃなどは、できるだけこまめに消毒用エタノールや次亜塩素酸ナトリウム(0.02%)で消毒するようにします。

プールでの感染に対しては、水泳前後のシャワー、水泳後の洗眼、うがいをしっかりしましょう。他人とのタオルの共用は避けるようにしてください。

基本的なことですが、次のような対策を実践してください。

・こまめに手洗いをする
・帰宅時や食事の前に必ずうがいと手洗いをする
・タオル等を共用しない
・咳やくしゃみの際にティッシュなどで鼻や口を押さえる
・咳が続くときにはマスクをする
・おむつ交換に細心の注意を払う

とはいうものの、小さな子供には難しこともありますよね。幼稚園や保育園での集団感染を防ぐのは困難かもしれません。

ですが、子供に正しい手洗いやうがいを教えるのは大切なことです。教えてあげると、意外に大人より熱心にやるようになったりします。そのような意識が育つことが、手足口病をはじめとする感染症の流行を防ぐ一歩となります。

また、免疫力を高めるための小さな積み重ねも大切です。次の記事を参考になさってください。
【免疫力を高める食材】風邪に打ち勝つ食べ物13選

【免疫力を高める方法】今日からできる8つの生活習慣

いつから登園・登校できるか

学校保健法では、咽頭結膜熱は第二種伝染病に位置づけられています。登校基準については、症状がなくなった後、2日を経過するまでは出席停止となります。登園・登校のタイミングについては主治医とよく相談してください。

大人も感染、高齢者は注意

アデノウイルスは、感染力がとても強いウイルスですので、子供の看病をしている大人にもうつる場合があります。大人が罹患すると、子供と同様に高熱が出て結膜が充血し、喉の痛みを強く訴えます。

高齢者は抵抗力が落ちているので、呼吸障害が起きるなど、重篤な症状になる場合があります。十分に注意してください。

「子供の病気」に関する記事について

子供は様々な病気にかかります。当サイトでは、保育園や学校でもらってくる感染症やアレルギー性疾患など、それぞれの症状や治療法をご紹介しています。

〔子供がよくかかる感染症〕
子供がかかる典型的な感染症を列記します。詳しくは、それぞれの病名をクリックしてください。

インフルエンザ
高熱、寒気、頭痛・関節痛・筋肉痛など全身症状が現れます。11~3月ごろ流行します。
※タミフルやリレンザなどのインフルエンザ治療薬によって、飛び降りなどの異常行動が起こる事例が報告されています。

インフルエンザ脳症
インフルエンザの合併症。痙攣、意識障害、異常行動などを起こし、30%が死亡、25%に後遺症が残ります。
※具体的な事例をこちらにまとめました。

マイコプラズマ肺炎
発熱としつこく長引く咳が特徴。2016年秋の患者数が過去最高と報じられました。

川崎病
4歳以下の子供に多く発症する原因不明の病気。全身の血管に炎症が起こり、心筋梗塞のリスクを高める重篤な後遺症を残す危険性があります。近年増加の傾向があり注意が必要です。次の5つの記事からなります。
【川崎病1】急増する原因不明の難病、その症状と診断
【川崎病2】急性期の治療法「免疫グロブリン大量療法」
【川崎病3】後遺症に苦しむ子供たち・・・NHKの報道から
【川崎病4】後遺症の冠動脈瘤は、どのように形成されるのか
【川崎病5】冠動脈瘤をケアし、心筋梗塞を予防する

溶連菌感染症
喉のはれ、発熱などつらい症状を起こしますが、検査によって正確な診断が可能で、特効薬もあります。

水疱瘡
全身の発疹が特徴です。発疹は水ぶくれになり、かゆみを伴い、熱も出ます。

おたふく風邪
正式名称は「流行性耳下腺炎」。耳の下が腫れあがる症状が特徴です。

麻疹(ましん)=はしか
高熱と咳、鼻水、結膜炎、そして全身に発疹が現れる比較的重い感染症です。空気感染による非常に高い感染力が特徴です。
※年代別のワクチン接種状況と感染リスクについてはこちらを。
※1回のみのワクチン接種では効果がない理由はこちらを。

風疹
顔から全身に広がる発疹、発熱、耳の後ろあたりのリンパ節の腫れなどの症状を表すウイルス性疾患です。

先天性風疹症候群
妊婦が風疹にかかることによって、お腹の中の胎児にも風疹ウイルスが感染。その結果、生まれてくる赤ちゃんに引き起こされる白内障や心奇形、難聴といった障害のことを指します。

ウイルス性髄膜炎
発熱、頭痛、嘔吐が主な症状です。手足口病やヘルパンギーナ、おたふく風邪などの合併症として発症します。

〔夏の三大感染症〕
夏の乳幼児に流行する典型的な3つの病気があります。

手足口病
手と足と口の中にポツポツとした水疱性の発疹ができるのが特徴です。

ヘルパンギーナ
39℃を超える急な発熱と、喉の奥にできる水疱が特徴です。

咽頭結膜熱=プール熱
39℃を超える急な発熱と、痛みを伴う喉の症状(咽頭炎)と目の症状(結膜炎)が特徴です。

〔子供の貧血〕
「鉄欠乏性貧血」は、鉄分の不足によって起こる貧血です。成人女性によく見られる症状ですが、実は子供にも発症します。

乳幼児の鉄欠乏性貧血
乳幼児の鉄欠乏は発育に大きな影響を及ぼす危険性があると言われています。妊娠中の母親の鉄欠乏が、おなかの中の胎児の鉄欠乏の原因にもなるので、お子さんを授かったら、ママ自身のケアが重要になります。

思春期の鉄欠乏性貧血
思春期によく見られる「顔色が悪い」「疲れやすい」「注意力や集中力の低下」といった問題は、鉄欠乏が原因かもしれません。特に思春期の女性は、その約10%が治療が必要なレベルの鉄欠乏性貧血と言われています。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ