「2016年11月」の記事一覧

【クラミジア】感染者100万人を超える最大の性病、その症状と治療法

%e6%81%8b%e4%ba%ba

近年増加の一途をたどる性感染症。その中で感染者が最も多いのが「クラミジア」で、その数は100万人を超えると言われてます。症状はあまり表に出ず見過ごされがちですが、女性が感染すると不妊や子宮外妊娠のリスクが増すため、甘く見・・・

【梅毒】急増する性感染症、その背景と症状

%e6%a2%85%e6%af%92%e3%83%90%e3%83%a9%e7%96%b9

性感染症のひとつ「梅毒(ばいどく)」の患者が、2012年以降急増しています。2016年は早々に前年の患者数(2698人)を超え、10月初旬の段階で3000人を上回りました。その背景には何があるのか?梅毒の症状はどのような・・・

【川崎病5】冠動脈瘤をケアし、心筋梗塞を予防する

%e5%bf%83%e7%ad%8b%e6%a2%97%e5%a1%9e%ef%bc%92

全身の血管に炎症が起こる原因不明の病気、川崎病。ある割合で冠動脈瘤の後遺症を患い、冠動脈狭窄や心筋梗塞のリスクを一生背負って生きていくことになります。そうした後遺症を患ってしまった場合に、どのようにして心筋梗塞のリスクを・・・

【川崎病4】後遺症の冠動脈瘤は、どのように形成されるのか

%e5%86%a0%e5%8b%95%e8%84%88

全身の血管に炎症が起こる原因不明の病気、川崎病。注意しなければならないのは「冠動脈瘤」です。これを患うと心筋梗塞のリスクを一生背負って生きていくことになります。こうした後遺症は、どのように起こるのでしょうか。

【川崎病3】後遺症に苦しむ子供たち・・・NHKの報道から

%e5%b7%9d%e5%b4%8e%e5%8c%bb%e5%b8%ab%ef%bc%91

2016年11月8日、NHKの「ハートネットTV」という番組で「急増する川崎病 ―病と戦う子どもたち―」という特集が組まれました。川崎病の原因が突き止められぬまま研究が先細りになってきた背景、後遺症を抱えて生きる人たちの・・・

【川崎病2】急性期の治療法「免疫グロブリン大量療法」

hand

4歳以下の幼児がかかりやすい原因不明の病気「川崎病」。迅速にに治療しなければ、心臓に後遺症を残してしまいます。急性期の激しい症状を、いかに早く乗り切るか。その治療法をご紹介します。

【川崎病1】急増する原因不明の難病、その症状と診断

Newborn baby lying on a white background

突然高熱に襲われ、全身の血管が炎症で腫れ上がる原因不明の難病「川崎病」。乳幼児を襲い、心臓に重篤な後遺症を残します。近年患者数が急増し、おととしには過去最高を記録。いったいどのような病気なのでしょうか。

【マイコプラズマ肺炎】2016年の患者数が過去最多に! 重篤な喘息を併発する恐れも・・・その症状と治療法

%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%82%b3%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%ba%e3%83%9e%e8%82%ba%e7%82%8e%ef%bc%88%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%b2%e3%83%b3%ef%bc%89

発熱としつこい咳が特徴で、重症の肺炎になることもある「マイコプラズマ感染症」。最新のニュースで2016年10月末の患者数が過去最多だったことが報じられました。感染拡大が懸念される今、マイコプラズマ肺炎についてお伝えします・・・

【痛風3】発作が起きてしまったら…痛風の治療法

Bunion with gout

高尿酸血症(血中の尿酸の濃度が高まる症状)となった結果、ついに痛風の発作が起こってしまったら…どのように治療していけばいいのでしょうか。痛風の診断基準と治療法をお伝えします。

【痛風2】尿酸値が高くなってしまった時に、痛風発作を起こさない予防法

%e7%97%9b%e9%a2%a8%ef%bc%92

すさまじい痛みで歩くことさえできなくなる「痛風」。その直接的な原因は血中の尿酸の濃度が高くなる「高尿酸血症」です。尿酸値が高くなってしまったとき、痛風の発作を予防するにはどうすればいいのでしょうか。

サブコンテンツ

このページの先頭へ