「子供の病気」の記事一覧(2 / 3ページ)

【ウイルス性髄膜炎】子供がよくかかる合併症、症状と治療法

%e5%ad%90%e4%be%9b%e9%a0%ad%e7%97%9b

おたふく風邪(流行性耳下腺炎)や手足口病、ヘルパンギーナといった子供がよくかかる病気には、合併症として「ウイルス性髄膜炎(無菌性髄膜炎)」を発症する可能性があります。どのような症状が現れるのでしょうか。

【麻疹(はしか)ワクチン】なぜ1回のみの接種では効果がないのか

%e9%ba%bb%e7%96%b9

2016年8月以降、関西空港から感染が拡大している麻疹(はしか)。感染者の多くは20~30代であることが分かっています。彼らは麻疹ワクチンを1回しか受けていない世代。なぜ1回のみのワクチン接種は効果がなかったのでしょうか・・・

【先天性風疹症候群】妊婦から胎児に感染する重い病気

%e5%85%88%e5%a4%a9%e6%80%a7%e9%a2%a8%e7%96%b9%e7%97%87%e5%80%99%e7%be%a4%e3%80%80%e7%99%bd%e5%86%85%e9%9a%9c

「風疹」そのものは、さほど重い感染症ではありません。しかし妊婦が罹患すると、高確率で胎児に感染し、白内障、心奇形、難聴といった先天的な重い障害を引き起こすことになります。

【風疹】子供の病気、症状と対処法

Crying baby girl with measles

風疹は、顔から全身に広がる発疹、発熱、耳の後ろあたりのリンパ節の腫れなどの症状を表すウイルス性疾患です。一般に軽症ですが、妊婦が感染すると胎児に影響が及ぶことがあります。症状、治療法などについて、基本情報をまとめます。

【麻疹(はしか)ワクチン】年代別の感染リスク

%e9%ba%bb%e7%96%b9

2016年の夏に関西空港から感染が広がった麻疹(=はしか)は、9月11日時点で感染者115人。その7割近くを20~30代が占めていることが報告されました。はしかの年代別の感染リスクと対処法についてまとめます。

【麻疹=はしか】子供の病気、症状と治療法

%e9%ba%bb%e7%96%b9

麻疹(=はしか)は、高熱と咳、鼻水、結膜炎、そして全身に発疹が現れる比較的重い感染症です。合併症で命を落とすケースもあります。症状、治療法、ワクチンなどについて基本情報をまとめます。

【流行性耳下腺炎=おたふく風邪】子供の病気、症状と治療法

おたふく

子供がよくかかる病気の代表格のひとつ、おたふく風邪。正式名称は「流行性耳下腺炎」。耳の下が腫れあがる症状が特徴です。症状、対処法、ワクチンなどについて基本的な情報をお伝えします。

【水疱瘡】子供の病気、初期症状と早期治療

水疱瘡

子供がよくかかる病気の代表格のひとつ、水疱瘡(みずぼうそう)。全身の発疹は水ぶくれになり、かゆみを伴います。熱も出ます。ポイントは初期症状に気付いて早期治療。重症化する危険もあるので注意が必要です。

【溶連菌感染症】発熱と喉の腫れ・・・検査を受けて適切な治療を

発熱3

子供がよく感染する病気のひとつに、溶連菌感染症があります。喉のはれ、発熱などつらい症状を起こしますが、検査によって正確な診断が可能で、特効薬もあります。

【咽頭結膜熱=プール熱】子供の夏風邪、症状と治療法

プール熱

夏に子供がよくかかる「三大夏風邪」といえば、手足口病とヘルパンギーナ、そして咽頭結膜熱(プール熱)です。咽頭結膜熱は、39℃を超える急な発熱と、痛みを伴う喉の症状(咽頭炎)と目の症状(結膜炎)が特徴。。大人にも感染し、症・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ