初めての方はこちらへ! 記事のご案内

パートナーシップ





パートナーシップは最も難しい人間関係ですよね。自分という人間の弱さや欠点が、えげつないくらいに出てしまうのですから。

僕自身の未熟で情けない夫婦関係の悩みを、できるだけ正直に赤裸々に表現することで、よりよい関係への道を探りたいと考えました。

なぜ僕たち夫婦は家庭内別居になってしまったのか

まず、僕の夫婦関係がいかにして壊れてしまったのかを振り返りました。そして、離婚という選択肢を具体的に考え、自分がどういう人生を選びたいのかを自らに問いかけました。

【家庭内別居】僕たち夫婦のパートナーシップが壊れてしまった理由(体験談)

僕の問題点が一気に明るみに出たのは、二人目の子供の妊娠出産の時でした。いわゆる「産後クライシス」です。出産を通じて、なぜ妻の夫への愛情は失われしまうのか。自分のケースに照らして考えてみました。

【産後クライシス】妻が僕を憎むようになった理由… 妻の怒りに夫としてどう向き合うか(体験談)

「産後クライシス」という言葉が語られるようになったきっかけは、NHKの番組でした。その放送を振り返り、この問題の本質をまとめました。

【産後クライシス】2012年9月5日放送のNHK「あさイチ」まとめ

僕たちの夫婦関係が壊れてしまった、もう一つの大きなきっかけに、住宅の購入がありました。家を建てたり購入したりすることが、離婚の原因になることが多くあるようです。僕自身の経験を書きました。

【夫婦関係の崩壊】住宅の購入や新築が離婚のきっかけに!?(体験談)

高校生の長女に「離婚」のことを相談してみました。妻と話し合う前に・・・ いったい娘はどんな反応を示したのか?そのやり取りの一部始終を記録しました。

【離婚に向けて】思春期の娘に、妻との離婚について相談してみた



自分自身と向き合ってみる

とあるスピリチュアルな美容師さんに、離婚を決意する前に大切なことをアドバイスされました。自分が本当に望む人生とは…考えるきっかけを与えてくれました。

【離婚に向けて】「離婚は『自分軸』を確立してから」と助言してくれた美容師さん

僕は「相手を咎めない、ジャッジしない」を意識して妻と接することを試みてみました。その結果、本当に少しずつではあるのですが、夫婦関係にある変化が起こり始めたような気が…

【夫婦関係】修復の兆しか!?離婚回避のために僕が取り組んだこととは―

「相手を咎めない、ジャッジしない」ことに加えて、「相手を信じて祈る」ということにも取り組んでみました。友人のセラピストから教わったことを実践してみた記録です。

【夫婦関係】「介入」ではなく「信じて祈る」・・・僕の20年間の過ちとは―

妻がヒステリーを起こしたとき、夫はどう対応すればいいのか。ずっと火に油を注いで大炎上していた僕が、ちょっと気付いた対応のしかたをお伝えします。

ヒステリーを起こしている女性(妻)への対応のしかた ―真正面から反応せず、明るく大人の接し方を―

「強い思い込み」はパートナーシップを壊す原因になります。パートナーが強い思い込みを抱いて攻撃してくるとき、どう対処すればいいのか、考えてみました。

【夫婦関係】思い込みの強い妻にディスられる日々… 対処法はこれだ!

都立高校の3年生が「サザエさん」の寸劇を通じて、女性の社会進出について学んだという興味深い新聞記事がありました。高校生の目線を通じて、夫婦関係や家族のあり方について考えさせられました。

【夫婦関係】夫は妻の人生をどう応援すべきか ―高校生のサザエさん寸劇授業から考える―

僕自身の根本的な問題に、どうやら「解離」という心の闇があるのではないかと気付きました。ここと向き合わなければ、僕は真の自立はできないし、人との深い関わりを築いていくことはできないでしょう(この記事は「自分の人生を生きる」というカテゴリーにエントリーしています)。

僕の心は「解離」しているのか? 本来の自分の感性を取り戻す方法とは
「解離性障害」の原因・病理・治療法 ー誰もがなる可能性がある心の病ー

自分の課題を、これまでとはまったく違う視点で見てみたいと思い、愛原実鳥(あいはら・みどり)さんというセラピストのセッションを受けました。理屈ではなく、僕の「存在そのもの」から感じ取ったメッセージを届けてくれました(この記事は「自分の人生を生きる」というカテゴリーにエントリーしています)。

【愛原実鳥さんのセッション1】霊的な存在(守護霊=サポーター)からのメッセージ
【愛原実鳥さんのセッション2】母親の負のエネルギー(過保護・過干渉)から自立する
【愛原実鳥さんのセッション3】「過去世」は自分の知られざる一面を教えてくれる

ずっと見ることができなかった昔のビデオテープを、思い切って再生してみました。過去の自分の姿を直視すると、様々な大切な気付きを与えてくれます。

【過去の自分に向き合う】昔のビデオを見ていたら、自分の愚かさと妻の優しさに気付いた

若い世代にインタビューする

若い世代の方々は、夫婦関係や親子関係、家庭と仕事などについて、僕たち中年サラリーマンとは違う視点を持っています。学ぶべき点がたくさんあります。

ブロガー仲間のこっこさんとハンサム真木さんご夫婦に、根掘り葉掘りお話を聞きました。

【インタビュー1】新しい時代の理想の夫婦像ー こっこさん・ハンサム真木さん夫妻に聞く
【インタビュー2】人間関係に必要なのは「自己肯定感」ー こっこさん・ハンサム真木さん夫妻に聞く
【インタビュー3】自分の容姿と向き合い、美しさを追求する夫婦ー こっこさん・ハンサム真木さん夫妻に聞く



社会の中の夫婦問題を考える

3組に1組の夫婦が離婚する時代。僕と同じような悩みを抱える人は多くいるはずです。

ニュースや書籍でも、パートナーシップの難しさを感じさせる報告が、たびたび目に止まります。

そんな社会の中の夫婦問題について、僕なりの見解を綴りました。

【フラリーマン】気持ちは分かる! でもそれは家庭内別居の入り口かも…

妻からのモラハラのつらさを愚痴る

やっぱり妻の無視や否定にあうのは、とてもつらくて… なかなか成長できず後戻りばかりですが、そのつらさを独り言のように書いてしまいました…

【夫婦関係】妻からの無視・非難・暴言に耐えられますか?つらい時の対応は…

上の記事に対して、あるメッセージが寄せられました。妻と同じ立場だという女性からの言葉は、僕の胸に深く刺さりました。

【夫婦関係の修復】妻が僕を許すのには15年かかるーある体験者からの助言

女性はなぜ過去の出来事をいつまでもネチネチと蒸し返して男性を責め続けるのか。専門家の見解やネット上の意見を拾い上げ、自分なりの妻との向き合い方を模索しました。

【パートナーシップ】女性はなぜ過去の事をいつまでもネチネチと蒸し返し続けるのか?―怒りは悲しみの表現なのか―

 

自分はかつて「モラハラ夫」だったわけですが、ここ5年ほどで夫婦の関係に逆転が起こり、僕が妻からモラハラを受けていることに気付きました。実はこうした逆転現象は多くの夫婦に起こっているといいます。

【夫婦関係】ふと調べたら僕の妻は「モラハラ妻」の条件をほとんど満たしていた

家庭内別居というネガティブな状況を、ポジティブにとらえてみよう! ということで、家庭内別居のメリットと果たすべき義務について考えてみました。

家庭内別居のメリット!? 距離を保ち、お互いに自分らしく生きるのも悪くない