【クラシック音楽】ワクワク楽しくなりたいときに聞きたい「爽快な名曲」おすすめ5選 | げんきリズム
初めての方はこちらへ! 記事のご案内


【クラシック音楽】ワクワク楽しくなりたいときに聞きたい「爽快な名曲」おすすめ5選

こんにちは! 家族に冷たくされても自力で立ち直りたい!えいぷりおです。

皆さんには、気分をワクワクさせてくれる音楽はありますか? クラシック音楽にも、一瞬で心を浮き立たせてくれる爽快な名曲があるんです。

僕の独断と偏見で5曲をご紹介しましょう。

バッハ作曲 無伴奏バイオリン・パルティータ 第3番からガヴォット

バイオリンの明るい音色は、心に光を与えてくれます。

そんなバイオリンの魅力を堪能できるのは、ヨハン・ゼバスティアン・バッハ(1685~1750)の無伴奏バイオリンのための作品です。ソナタとパルティータ、それぞれ3曲ずつあって、どれも音楽史に輝く傑作です。

その中で気持ちを明るくしてくれる作品として僕がオススメするのは、パルティータ 第3番のガヴォットです。

実はこの曲には個人的な思い出があるのです。高校時代に恋い焦がれていたバイオリンの上手な女性がいました。夕日の差し込む木造の校舎で、彼女が僕のために弾いてくれたのが、この曲でした。

「バイオリンって、なんて素敵な音がするんだろう…」セピア色の情景と胸が苦しくなるような初恋の思い出とともに、僕の心にその調べが刻まれました。

ご覧いただく映像は、僕の初恋とちょうど同時期の1991年に放送された、イスラエル出身の名バイオリニスト、イツァーク・パールマン(1945~)の来日公演です。アンコールで演奏されたこの曲の、澄み切った青空のような響きに魅了され、ビデオテープが擦り切れるほど繰り返して見たものです。

 

バッハの無伴奏バイオリン全集には、数々の名盤がありますが、僕は伸びやかなパールマンの演奏が一番好きです。

ハイドン作曲 チェロ協奏曲 第1番 ハ長調から第3楽章

チェロは深みのある音色だけでなく、軽やかな音色も楽しむことができます。

古典派を代表するオーストリアの作曲家、フランツ・ヨーゼフ・ハイドン(1732~1809)は、チェロ協奏曲を2曲残しましたが、第1番の第3楽章は、まさに爽快な名曲です。

ご紹介する動画は、ラトヴィア(旧ソ連)出身の人気チェリスト、ミッシャ・マイスキー(1948~)の若き日の映像です。

マイスキーは技巧派というより抒情派の演奏家だと思いますが、この演奏はテクニックも冴えわたっていて、疾走するフレーズも、一音一音が実に表情豊かに演奏されています。録音も撮影も素晴らしいので、ぜひ楽しんでください。

17分00秒の第3楽章から再生されるように設定していますが、気に入ったら是非第1楽章から聴いてみてくださいね。

 

CDでオススメするとしたら、名手ヨーヨー・マ(1955~)を挙げたいと思います。彼の特徴である軽やかで輝かしい音色が、この作品にぴったりです。




ショパン作曲 練習曲 作品10 第1番

ピアノの詩人フレデリック・ショパン(1810~1849)が残した作品の中で、突き抜けるような爽快感を味わうことができるのが、練習曲(エチュード)の最初の曲だと思います。

練習曲は、作品10と作品25という、それぞれ12曲から成る二つの曲集です。有名な「別れの曲」「黒鍵」「革命」「木枯らし」といった作品が含まれています。

作品10の第1番は、広い音域を駆け抜けるアルペッジョで構成されていて、鮮やかなテクニックの演奏を聴くと、本当に「スカッ」とします。

練習曲集の不朽の名盤と言えば、やはりイタリアの巨匠マウリツィオ・ポリーニ(1942~)の演奏でしょう。1972年に録音されたレコードは、今なおその完璧さで他を凌駕しています。

 

せっかくなので、作品25の方もぜひ。

モーツァルト作曲 交響曲 第41番「ジュピター」から第4楽章

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(1756~1791)最後の交響曲。輝かしく荘厳な曲調から、ローマ神話の最高神の名前がタイトルに冠されています。

この第4楽章は、二重フーガという複雑な技法で書かれていて、人間が作ったとは信じられないような音楽です。天才モーツァルトが神の領域にいたことを感じずにはいられません。聴き手は天空を駆け上がるかのように、人知の及ばない高みへと導かれていきます。

この動画は、現代最高の人気を誇るエストニア出身の指揮者、パーヴォ・ヤルヴィ(1962~がhr交響楽団(フランクフルト放送交響楽団)を指揮したものです。

レーシングカーが疾走するような運動神経抜群の演奏、お楽しみください(25分35秒から再生されます)。

 

CDでは、オーストリアの名指揮者オトマール・スウィトナー(1922~2010)とシュターツカペレ・ドレスデンによる演奏が、僕の中では最高の1枚です。

先ほどのパーヴォ・ヤルヴィも度肝を抜かれるような、凄まじい推進力を持つ演奏で、アンサンブルは一分の隙もなく、まさに奇跡のような記録です。




エドガー・メイヤー作曲「1B」

これはクラシック音楽というジャンルとは違うかもしれませんが、ぜひ聞いていただきたい音源です。

バイオリンのエドガー・メイヤー、コントラバスのマーク・オコーナー、チェロのヨーヨー・マが発表した「アパラチア・ワルツ」というアルバムの1曲です。

「1B」は、2000年に発表された2枚目のアルバムの1曲目に収録されたもので、爽快感の中に洒脱なジャズのテイストも感じられる、クセになる作品です。

僕は1999年に就職して、最初4年間ほど九州で働いていたのですが、まだ仲の良かった妻と幼かった長女と一緒に、よく大分県の久住高原にドライブに行ったんです。その時にカーステレオでいつもかけていたのが、このアルバムでした。

この曲を聞くと、高原の清々しい空気とともに、笑顔があふれていた当時の家族のことを思い出して、ちょっと泣きそうになっちゃます。

動画はNYのリンカーンセンターで行われたライブの様子です(3分40秒から再生されます)。

えいぷりお的まとめ

クラシック音楽は、実に多様な音楽です。様々な感情のスイッチを入れてくれます。

僕たちの人生を豊かにしてくれるだけでなく、うまく味方につければ、仕事のパフォーマンスを上げてくれたりもします。

今回ご紹介した、ワクワク楽しくなれる爽快な曲たちは、きっと大きな力を与えてくれると思いますよ。

クラシック音楽の記事について

子供のころから大好きだったクラシック音楽について書いてみることにしました。

様々な音楽ジャンルの中でも「敷居が高い」と敬遠されがちなクラシック音楽。分かりやすく口ずさめるポップスなどと違って、確かにクラシック音楽は複雑だったり長すぎたりと、ちょっととっつきにくい面があるかもしれません。

ですが、だからこそクラシック音楽は奥深いんです。その魅力を僕自身も再発見しながら書いていきたいです。

クラシック音楽の記事まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください