初めての方はこちらへ! 記事のご案内


クラシック音楽の魅力とは何か? おすすめの曲、旅行記、演奏会の感想など記事まとめ

僕はクラシック音楽が大好きです。

小学校から高校まではピアノを弾いていました。下手でしたが、ショパンが好きでした。

高校から大学まではチェロを弾いていました。下手でしたが、オーケストラの楽しさを知りました。

社会人になってからは楽器は弾いていませんが、クラシック音楽を聴くことは、僕の心のよりどころです。

このカテゴリーでは、僕が愛する作品を紹介したり、ゆかりの地を訪ねた旅行記や、演奏会のレビューなどを書いていこうと思っています。

おすすめ5選シリーズ

僕が好きだった作品を、様々な切り口でご紹介する「おすすめ5選」シリーズ。あなたの心に響く作品や演奏があるとうれしいです。

癒やしのクラシック音楽のおすすめはこちら。

【クラシック音楽】心が傷ついて苦しいときに聞きたい「癒しの曲」おすすめ5選

ワクワク爽快なクラシック音楽のおすすめはこちら。

【クラシック音楽】ワクワク楽しくなりたいときに聞きたい「爽快な名曲」おすすめ5選

水を描いたクラシック音楽のおすすめはこちら。

【クラシック音楽】さわやかな気分になれる「水を描いた作品」おすすめ5選

感動的・胸キュンなクラシック音楽のおすすめはこちら。

【クラシック音楽】涙が止まらない… 感動的な「胸キュンの曲」おすすめ5選

切ないクラシック音楽のおすすめはこちら。

【クラシック音楽】胸が締め付けられて苦しくなる… 「切なすぎる名曲」おすすめ5選

リサイタル・室内楽の演奏会の感想

コンサートホールだけでなく、教会やカフェなどでも魅力的な演奏会が行われています。

イーヴォ・ポゴレリチの2018年大阪公演の感想はこちら。凄まじい演奏でした。

【演奏会の感想】イーヴォ・ポゴレリチのピアノ・リサイタルを聴く(2018年12月 大阪)

▼現代音楽集団Ensemble FOVEの2018年京都公演「TRANS」の感想はこちら。異次元の音楽体験でした。

【演奏会の感想】Ensemble FOVE「TRANS」若き作曲家と演奏家たちの挑戦(2018年12月 京都)

▼ミュンヘン国際コンクールで第3位入賞の期待の新人ピアニスト久末航の2018年京都ライブの感想はこちら。

【演奏会の感想】京都のカフェ・モンタージュで久末航(ひさすえ・わたる)さんのピアノを聴く

▼バイオリニスト石上真由子の2018年京都ライブの感想はこちら。これからブレイクすること間違いなしの天才です。

【演奏会の感想】弦楽トリオ版「ゴルトベルク変奏曲」バイオリン石上真由子ほか(2018年7月 京都)

長岡京室内アンサンブル(京都)2019年2月の演奏会の感想はこちら。

【演奏会の感想】長岡京室内アンサンブル 音楽の喜びに溢れた至福の時間(2019年2月 京都)

(これらの記事は感想文のカテゴリー

関西のオーケストラの感想

関西にはプロのオーケストラが6つもあります。それぞれに特徴的なサウンドを奏でます。

京都市交響楽団の2018年6月の定期演奏会の感想はこちら。

【演奏会の感想】京都市交響楽団 若手指揮者リオ・クオクマンとの「悲愴」を聴く

日本センチュリー交響楽団の2018年7月の定期演奏会の感想はこちら。

【演奏会の感想】日本センチュリー交響楽団の引き締まった響き、ジャン・ワンとの共演も

関西フィルの2018年7月の定期演奏会(ヴェルディ「レクイエム」)の感想はこちら。

【演奏会の感想】関西フィル/藤岡幸夫のヴェルディ「レクイエム」 団結力が生み出した祈りの響き

大阪交響楽団の2018年7月の定期演奏会(「ばらの騎士」)の感想はこちら。

【演奏会の感想】大阪交響楽団/川瀬賢太郎 「ばらの騎士」夢のような響きに感涙

(これらの記事は感想文のカテゴリー

クラシックの旅行記

クラシック音楽にまつわる場所を旅行した記録です。

作曲家の生まれ育った土地や、作品にまつわる場所などを訪れると、クラシック音楽への愛着がさらに深まります。そんな旅行記を皆さんとシェアできればと思っています。

プッチーニの歌劇「トスカ」の舞台、ローマの観光名所の旅行記はこちら。

【イタリア旅行記1】プッチーニの歌劇「トスカ」の舞台、ローマの観光名所を訪ねる

レスピーギ作曲「ローマの噴水」で描かれた観光名所の旅行記はこちら。

【イタリア旅行記2】レスピーギ作曲「ローマの噴水」で描かれた観光名所をめぐる

オペラ作曲家プッチーニの故郷ルッカの旅行記はこちら。

【イタリア旅行記3】オペラ作曲家プッチーニの故郷、ルッカを訪ねる

ラヴェルが生まれた街、シブールとサン・ジャン・ド・リュズの旅行記はこちら。

【クラシック音楽の旅】ラヴェルが生まれた街、シブールとサン・ジャン・ド・リュズ(フランス)を訪ねる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください