初めての方はこちらへ! 記事のご案内


【2018年版】4K液晶テレビ 5社を徹底比較! パナソニックとソニーの2強対決か?

こんにちは! 単身赴任ブロガーのえいぷりおです!

僕は大手番組制作会社で映像クリエイターとして長く働いていた経験があります。

2018年12月1日から本放送が始まる「新4K8K衛星放送」については、技術開発の過程から関わりを持っていました。

そんな僕が2018年の4K液晶テレビ、主要5社のモデルを徹底比較。

「どれを選べばいいか分からない」

というあなたに、分かりやすく特徴をお伝えします。

【関連記事】 4Kテレビで、どんなコンテンツを見れるのか? すべてまとめました!

4Kテレビで見れるコンテンツは? 4K衛星放送・VOD 全チャンネルまとめ
注意
映像の印象などは筆者の主観です。購入の際はご自分の目で確かめて自己責任でお願いします。

比較する条件

今回、比較する商品の条件は、以下のように設定します。

【4K液晶テレビ比較の条件】

  • 有機ELは除外(別の記事で比較)
  • サイズは55インチ(最も売れ筋)
  • HDR対応

液晶と有機ELは、まったく別物と考えてください。

はっきり言えば、有機ELの方が映像のクオリティは圧倒的に高いです。

ですので、液晶と有機ELを同列に並べて比較するのはフェアではありません。

4K有機ELテレビの徹底比較は、こちらの記事をご覧ください。

【2018年版】4K有機ELテレビ 4社を徹底比較! 安さのLGか技術力のソニー・パナソニックか?

サイズは55インチに統一することにします。今もっとも売れ筋のサイズだからです。

HDR(ハイ・ダイナミック・レンジ)は、明るいところの描写と、暗いところの描写を両立させる映像技術です。これからテレビを買うなら絶対にはずせない仕様です。

以上の条件で、主要5社の4K液晶テレビを徹底比較していきます。取り上げるのは、この5製品。

【4K液晶テレビ 比較する5製品】

  1. LGエレクトロニクス/55UJ6500
  2. 東芝/REGZA 55BZ710X
  3. シャープ/AQUOS LC-55UH5
  4. パナソニック/VIERA TH-55EX850
  5. ソニー/BRAVIA KJ-55X9000F

LG(韓国)安さが最大の魅力

LGエレクトロニクスは韓国の総合家電メーカー。サムスンに次ぐ大企業です。

2014年の液晶テレビの販売台数は世界2位の3206万台(14.9%)。圧倒的なシェアを背景に、日本でも存在感を増しています。

取り上げる機種は55UJ6500。LGのテレビにはビエラやブラビアといった愛称はないようです。

この商品の長所と短所をまとめてみましょう。

【LGの長所】

  • 9万円前後という圧倒的な安さ
  • 年間消費電力量108kWhは最も省エネ

【LGの短所】

  • LEDバックパネルがエッジ型
  • 倍速処理の機能がない

55インチの液晶が9万円前後というのは、他社の商品に比べて圧倒的な安さです。

ですが、その分、映像技術に関しては手を抜いている印象が否めません。

ひとつめの減点ポイントは、LEDバックパネルがエッジ型である点です。

LEDバックパネルにはエッジ型と直下型があり、輝度のコントロールを精密に行うには直下型が望ましいとされます。

エッジ型だと、画面の上下左右から照らし出すだけなので、映像が大味になってしまいます。

エッジ型を採用しているのは、今回紹介する5社のうち、LGとシャープの2社です。

また、倍速処理の機能がないのも減点ポイントです。テレビの映像は1秒間に60コマで成り立っていますが、そのまま映し出すと、速い動きの映像はカクカクして残像が出てしまいます。

そこで各社は、60コマの間を埋めるような処理して、よりなめらかな映像を作り出します。それが倍速処理です。

ところがLGの液晶には、この機能がありません。今回紹介する他の4社はすべて、この機能を備えています。

これら2つの短所は致命的です。LGの液晶は安さを重視する方のみ選ぶべきだと思います。

東芝 REGZA(レグザ)唯一4Kチューナー内蔵

東芝のREGZA(レグザ)からは、55BZ710Xという機種を取り上げます。

【東芝 REGZA(レグザ)の長所】

  • 価格が12万円前後で2番目に安い
  • 4K放送対応のチューナーを内蔵
  • 年間消費電力量が2番目に低い131k

【東芝 REGZA(レグザ)の短所】

  • 企業に対する信頼性に疑問

最大の長所は、2018年12月1日から本放送が始まる「新4K衛星放送」に対応したチューナーを内蔵している点です。

実は2018年8月の時点で発売中の4Kテレビは、ほぼすべてが4K対応チューナーを搭載しておらず、別売りのチューナーをつけなければ4Kの放送を見ることができません。

東芝REGZAは唯一、対応チューナーを内蔵しています。他社に先駆けてユーザーの利便性を優先した姿勢は高く評価するべきでしょう。

しかし一方で、東芝を手放しで信頼することはできません。

東芝は2015年に不正経理が発覚。テレビ事業の採算新4K衛星放送がとれなくなり海外から撤退、その後中国企業に買収されました。

購入後のアフターメンテナンスは大丈夫なのかなど、不安は拭えません。

created by Rinker
東芝(TOSHIBA)
¥147,000 (2018/12/15 12:21:02時点 Amazon調べ-詳細)

シャープ AQUOS(アクオス)決め手に欠ける

シャープのAQUOS(アクオス)からは、LC-55UH5という機種を取り上げます。

【シャープ AQUOS(アクオス)の長所】

  • この商品の魅力が分からない…

【シャープ AQUOS(アクオス)の短所】

  • LEDバックパネルがエッジ型
  • 企業に対する信頼性に疑問

かつて液晶のトップメーカーと言われていたシャープも、経営の失敗で2016年に台湾の鴻海に買収されてしまいました。

他社が投資してきた有機ELには進出せず、8Kに活路を見出そうとしていますが、それが吉と出るかは不透明です。

30万円以上する上位モデルは、直下型のLEDバックパネルを搭載していますが、普及モデルである当機種はエッジ型が採用されています。これは大きな減点ポイントです。

created by Rinker
シャープ(SHARP)
¥187,902 (2018/12/15 12:21:02時点 Amazon調べ-詳細)

パナソニック VIERA(ビエラ)音のよさはナンバーワン

パナソニック VIERA(ビエラ)からは、TH-55EX850という機種を取り上げます。

【パナソニックVIERA(ビエラ)の長所】

  • 細部まで忠実に色彩を表現
  • 独自の音響技術で迫力のサウンド
  • 番組からネット動画まで一覧チェック

【パナソニックVIERA(ビエラ)の短所】

  • 輝度の高さ、コントラストの強さはソニーに軍配か

パナソニックのビエラシリーズ。特徴は映像と音の総合力の高さです。

画面の両サイドについたスピーカーから、ずっしりと量感のある音が出てきます。液晶テレビの中でサウンドはナンバーワンです。

目立った短所はなく、あえて書いた「輝度の高さ、コントラストの強さはソニーに軍配」という項目も、好みの問題です。

ソニーに比べて、パナソニックは自然で深みのある映像表現が特徴。僕は個人的にはパナソニックの方が好きです。

ソニー BRAVIA(ブラビア)鮮やかな映像は圧巻

ソニー BRAVIA(ブラビア)からは、KJ-55X9000Fという機種を取り上げます。

【ソニー BRAVIA(ブラビア)の長所】

  • コントラストが強く鮮やかな映像
  • 通常の映像(SDR)もHDRのように描き出す
  • 動きの速い映像も残像なく表示

【ソニー BRAVIA(ブラビア)の短所】

  • 年間消費電力量が205kWhと最も高い
  • 少し動作が遅い
  • 自然で深みのある映像表現はパナソニックに軍配か

ソニーのブラビアシリーズ。特徴は何と言ってもエッジの効いた鮮やかな映像、そして残像のない滑らかな表示です。

各社それぞれ技術を競い合っていますが、ソニーは頭一つ抜けている感じがします。

バックライトの輝度が高めで、映像はパナソニックよりも美しいと感じる人が多そうです。

ただ。これは好みの問題。より自然で深みのある映像が好きな人はパナソニックの方が好きかもしれません。

ネット動画への対応を重視していて、Android TVというシステムで動いていますが、このシステムの動作が少し遅いのは気になります。

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥177,564 (2018/12/15 12:21:03時点 Amazon調べ-詳細)

【注意!】専用チューナーとアンテナが必要

2018年12月1日に本放送が始まる4K・8Kの放送を見るには別途4K・8K放送受信チューナーと、4K・8K衛星放送対応アンテナが必要です。

今回紹介した機種(東芝を除く)には専用チューナーが搭載されていませんので、ご注意ください。別途チューナーを購入する必要があります。

【関連記事】 4Kを見るのに必要なチューナーやアンテナについて、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

新4K衛星放送を見るには【4Kチューナー】が必要!!2018年10月から発売される機種を徹底解説

ただ、チューナー・アンテナを購入しなくても、Netflixなどのインターネットで配信される4Kコンテンツを楽しむことはできます。

また通常のハイビジョン番組(2K)を、4K風に美しく変換した映像で見ることができます。

ですので、まず4Kテレビを購入してから、12月の本放送開始までに専用チューナーとアンテナを買い足せばいいと思います。

【関連記事】 4Kテレビで、どんなコンテンツを見れるのか? すべてまとめました!

4Kテレビで見れるコンテンツは? 4K衛星放送・VOD 全チャンネルまとめ

えいぷりお的まとめ

若者のテレビ離れが進み、テレビを置かない家も多くなったと聞きます。

スマホで様々な動画を見られるようになり、テレビの存在価値は相対的に下がっていることは間違いありません。

けれど4Kコンテンツ制作に携わった経験のある僕は、4Kテレビの驚くべき美しい映像を見てもらいたいと思っています。

なぜならスマホの小さな画面ばかり見ていると、心のスクリーンまで小さくなってしまうような気がするからです。

大きな画面の映像はイマジネーションを掻き立ててくれます。

これから新たな映像表現の可能性を切り開く4Kテレビ。ぜひあなたもご家庭で体験してみてください。

★安さ重視ならLG!

★4K対応チューナー内蔵なら、東芝REGZA!

created by Rinker
東芝(TOSHIBA)
¥147,000 (2018/12/15 12:21:02時点 Amazon調べ-詳細)

★シャープの液晶が好きな人は、シャープ!

created by Rinker
シャープ(SHARP)
¥187,902 (2018/12/15 12:21:02時点 Amazon調べ-詳細)

★自然な映像と迫力の音響なら、パナソニックVIERA!

★鮮やかな映像美を楽しみたいなら、ソニーBRAVIA!

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥177,564 (2018/12/15 12:21:03時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください