初めての方はこちらへ! 記事のご案内


【2018年版】4K有機ELテレビ 4社を徹底比較! 安さのLGか技術力のソニー・パナソニックか?

こんにちは! 単身赴任ブロガーのえいぷりおです!

4Kテレビが家電量販店に並ぶようになって、有機ELの存在感がとても大きくなっています。

液晶と見比べたら一目瞭然ですが、有機ELの美しさは別次元です。

僕は大手番組制作会社で映像クリエイターとして勤務した経験から、今4Kテレビを買うなら、迷わず有機ELをオススメします。

2018年12月1日から本放送が始まる新4K8K衛星放送に向けて、4K有機ELテレビを徹底比較。

「どれを選べばいいか分からない」

というあなたに、分かりやすく特徴をお伝えします。

〔関連記事〕4Kテレビで、どんなコンテンツを見れるのか? すべてまとめました!

4Kテレビで見れるコンテンツは? 4K衛星放送・VOD 全チャンネルまとめ
注意
映像の印象などは筆者の主観です。購入の際はご自分の目で確かめて自己責任でお願いします。

比較する条件

今回、比較する商品の条件は、以下のように設定します。

【4K有機ELテレビ比較の条件】

  • 液晶は除外(別の記事で比較)
  • サイズは55インチ(最も売れ筋)
  • HDR対応

液晶と有機ELは、まったく別物ですので、同列に並べて比較するのは意味がありません。

4K液晶テレビの徹底比較は、こちらの記事をご覧ください。

【2018年版】4K液晶テレビ 5社を徹底比較! パナソニックとソニーの2強対決か?

サイズは55インチに統一することにします。今もっとも売れ筋のサイズだからです。

HDR(ハイ・ダイナミック・レンジ)は、明るいところの描写と、暗いところの描写を両立させる映像技術です。これからテレビを買うなら絶対にはずせない仕様です。

以上の条件で、主要4社の4K有機ELテレビを徹底比較していきます。取り上げるのは、この4製品。

【4K 有機ELテレビ 比較する4製品】

  1. LGエレクトロニクス/OLED55C8PJA
  2. 東芝/REGZA 55X920
  3. パナソニック/VIERA TH-55FZ1000
  4. ソニー/BRAVIA KJ-55A8F

有機ELとは

商品を見る前に、有機ELとは何か、簡単にご説明しておきます。

液晶はバックパネルのLED光源で映像を映し出します。そのため液晶は暗い部分の表現が苦手です。

それに対して、有機ELは画素のひとつひとつが自ら発光して映像を作り出します。

ですので、有機ELは「黒」の表現に優れています。まさに漆黒。この美しさは実際に見てみると一目瞭然です。

有機ELのメリット・デメリットをまとめておきます。

【有機ELのメリット】

  • 黒が美しい
  • 視野角が広く、斜めからも鮮やか
  • スマホより薄い
  • 軽いので壁掛けが簡単にできる

【有機ELのデメリット】

  • 価格が高い
  • 耐用年数が短いと言われている

デメリットはあるものの、僕はやはり有機ELをおすすめします。せっかく4Kテレビを買って映像美を味わうなら、やはりより美しい映像を見ていただきたいですから。

有機ELパネルはすべてLG社製

まず大前提の話をしておきますと、日本で販売されている4K有機ELテレビは、LGもソニーもパナソニックも東芝も、すべてLGディスプレイ社製の有機ELパネルを使っています。

もともとは生産量が少なく、LGエレクトロニクスにしか供給されていませんでしたが、2017年から本格的に東芝、パナソニック、ソニーへの部品供給が始まりました。

有機ELパネルとは、いわば特殊なキャンバス。そこに、各社が独自に培ってきたテクノロジーで映像を映し出します。

だからパネルがLG社製とは言っても、映像のディティールには各社それぞれの個性が出ます。

LG(韓国)シンプルな機能と圧倒的な安さ

まず最初に、LGエレクトロニクスの製品を見てみましょう。韓国の総合家電メーカーで、サムスンに次ぐ大企業です。

今回取り上げるのは、OLED55C8PJAという機種です。

【LGの長所】

  • 自社パネルをシンプルに生かしている
  • 圧倒的な安さ

【LGの短所】

  • 倍速処理の機能がない

2017年3月に東芝が、6月にソニーとパナソニックが市場参入するまでは、日本における4K有機ELテレビのシェアはLGのが独占していました。

2017年の1年間のシェアは、ソニーが36.2%、2位がLGの32.6%、3位のパナソニックは27.8%と、日本メーカーの猛追を許したものの、今も売り場では大きな存在感をキープしています。

LGの製品の特徴は、シンプルな機能と圧倒的な安さです。

液晶では映像のクオリティに大味な印象がありましたが、有機ELでは自社パネルを生かした美しい映像を実現しています。

僕としては日本メーカーを応援したいですが、LGの有機ELは本当に強いです。

東芝 REGZA(レグザ)

東芝 REGZA(レグザ)からは、55X920という機種を取り上げます。

【東芝 REGZA(レグザ)の長所】

  • 4K放送対応のチューナーを内蔵
  • タイムシフト録画(外付けHDD)

【東芝 REGZA(レグザ)の短所】

  • 企業に対する信頼性に疑問

最大の長所は、2018年12月1日から本放送が始まる「新4K衛星放送」に対応したチューナーを内蔵している点です。

実は2018年8月の時点で発売中の4Kテレビは、ほぼすべてが4K対応チューナーを搭載しておらず、別売りのチューナーをつけなければ4Kの放送を見ることができません。

東芝REGZAは唯一、対応チューナーを内蔵しています。他社に先駆けてユーザーの利便性を優先した姿勢は高く評価するべきでしょう。

また、東芝 REGZAは外付けHDDを使った録画機能の先駆者です。そのノウハウを生かして、タイムシフト録画ができるのも大きな特徴です。

タイムシフト録画とは、地デジ番組を最大6チャンネル約80時間分まるごと録画できる機能です。3日前にさかのぼって好きな番組を見られるわけです。

しかし一方で、東芝は2015年に不正経理が発覚。テレビ事業の採算新4K衛星放送がとれなくなり海外から撤退、その後中国企業に買収されました。

購入後のアフターメンテナンスは大丈夫なのかなど、不安は拭えません。

パナソニック VIERA(ビエラ)

パナソニック VIERA(ビエラ)からは、TH-55FZ1000という機種を取り上げます。

【パナソニックVIERA(ビエラ)の長所】

  • 色彩の再現力はピカイチ
  • 独自の音響技術で迫力のサウンド

【パナソニックVIERA(ビエラ)の短所】

  • 輝度が少し弱く、鮮やかさではソニーに軍配か

パナソニックの魅力は何と言っても色彩です。ソニーが明るく軽い感じの色彩なのに対して、パナソニックの色彩には深みがあります。しっとりとして奥行きがあり、自然で繊細です。

これは完全に好みですね。パナソニックは輝度が少し弱いので、コントラストの強さと鮮やかさはソニーの方が上です。そちらが好きな人はソニーを選ぶといいと思います。

ソニー BRAVIA(ブラビア)

ソニー BRAVIA(ブラビア)からは、KJ-55A8Fという機種を取り上げます。

【ソニー BRAVIA(ブラビア)の長所】

  • コントラストの強い鮮やかな映像
  • 通常の映像(SDR)もHDRのように描き出す
  • あらゆる映像を高精細な4K画質で描く
  • 画面自体が振動する新しい音響技術

【ソニー BRAVIA(ブラビア)の短所】

  • システムが重く、動きが少し遅い

ソニーの映像の特徴は、コントラストの強い鮮やかな映像。パッと見はパナソニックよりも華やかです。

僕は自然で深みのあるパナソニックの映像表現の方が好きですが、一般にはソニーの方が人気のようです。

ソニーにもうひとつの強みが、画面から飛び出してくるようなリアルなサウンド。有機ELの中では音はナンバーワンだと思います。

あと、ソニーの4KテレビはAndroid TVというシステムで動いています。パソコンのOSのようなものです。このAndroid TVは様々なアプリを楽しめるという利点はあるものの、動きが遅いのが難点です。

僕の場合、アプリなど必要ないから、シンプルにサクサク動いてくれた方がいいので、これはデメリットと感じています。

【注意!】専用チューナーとアンテナが必要

2018年12月1日に本放送が始まる4K・8Kの放送を見るには別途4K・8K放送受信チューナーと、4K・8K衛星放送対応アンテナが必要です。

今回紹介した機種(東芝を除く)には専用チューナーが搭載されていないので、ご注意ください。別途チューナーを購入する必要があります。

〔関連記事〕4Kを見るのに必要なチューナーやアンテナについて、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

新4K衛星放送を見るのに必要なものは? チューナーやアンテナなど教えます!

ただ、チューナー・アンテナを購入しなくても、Netflixなどのインターネットで配信される4Kコンテンツを楽しむことはできます。

また通常のハイビジョン番組(2K)を、4K風に美しく変換した映像で見ることができます。

ですので、まず4Kテレビを購入してから、12月の本放送開始までに専用チューナーとアンテナを買い足せばいいと思います。

〔関連記事〕4Kテレビで、どんなコンテンツを見れるのか? すべてまとめました!

4Kテレビで見れるコンテンツは? 4K衛星放送・VOD 全チャンネルまとめ

えいぷりお的まとめ

4K有機ELテレビの最大の弱点は、価格が高いことでしたが、2017年の激しい競争を経て、大幅にプライスダウン。液晶との価格差はグッと狭まってきました。

有機ELパネルの供給はLGの独占状態なので、生産量は劇的には増えません。ですので、価格はそろそろ下げ止まる可能性もあります。

そう考えると、2018年12月の4K本放送のスタート前の今は、購入のタイミングとしては悪くないと思われます。

★自社パネルを活かしたシンプルな製品、安さも圧倒的なLG!

★4K対応チューナー内蔵なら、東芝REGZA!

★自然で深みのある映像なら、パナソニックVIERA!

★鮮やかな映像美を楽しみたいなら、ソニーBRAVIA!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください