初めての方はこちらへ! 記事のご案内


新4K衛星放送を見るのに必要なものは? チューナーやアンテナなど教えます!

こんにちは!単身赴任ブロガーのえいぷりおです。

2018年12月1日から新4K8K衛星放送の本放送がスタートします。

家電量販店では4Kテレビの売り場が大盛況。

でも実は、4Kテレビだけを買っても、4Kの衛星放送は見ることはできません

店員さんによっては、そのことをきちんと説明していない場合もあります。

また、すでにネット配信されているVOD(ビデオ・オン・デマンド)の4Kコンテンツを見るためには、何が必要なのでしょうか?

この記事では、新4K衛星放送とVODの4Kコンテンツを見るのに何が必要かをお伝えします。

新4K衛星放送とは

2018年12月1日から新4K8K衛星放送の本放送がスタートします。

新4K8K衛星放送とは何でしょうか?

簡単に言うと、

  • 4K
    現在のフルハイビジョン(2K)の4倍の画素数を持つテレビ。
  • 8K
    現在のフルハイビジョン(2K)の16倍の画素数を持つテレビ。

8Kは世界で唯一NHKだけが取り組んでいる仕様です。8Kテレビも唯一シャープから出ているのみ。8Kの将来性には、正直のところ僕は疑問を抱いています。

〔関連記事〕8Kの将来性について、こんな記事も書いています!

【テレビの未来】8Kとは何か? 普及するのか? 4Kとの違いはどこにあるのか?

8Kはさておき、4Kは今後、必ず普及していくと僕は見ています。

2018年12月1日から、新たに次のような4Kチャンネルが放送されます。

【BS右旋】従来のBSアンテナでOK

  • NHK BS 4K
  • BS朝日 4K
  • BSテレ東 4K
  • BS-TBS 4K
  • BSフジ 4K
  • BS日テレ(2019年12月放送開始)
  • WOWOW(2020年12月放送開始)

【BS左旋】対応するBSアンテナが必要

  • 映画エンタテインメントチャンネル
  • ショップチャンネル
  • テレビショッピングチャンネル(仮)
  • NHK BS 8K

【110度CS(実用放送)】

  • スカチャン4K 1-8チャンネル

これらのチャンネルの具体的な内容については、こちらの記事にまとめました。

4Kテレビで見れるコンテンツは? 4K衛星放送・VOD 全チャンネルまとめ

新4K衛星放送を見るのに必要なもの

新4K衛星放送を見るのに必要な機材は、以下の通り。

【新4K衛星放送を見るのに必要な機材】

  • 4Kテレビ
  • 4Kチューナー
  • 4Kに対応したBSアンテナ
    (見たいチャンネルによる)

まず4Kテレビ。これがまさに今、家電量販店のテレビ売り場にズラリと並んでいるものです。

液晶と有機ELの2種類があり、55インチを主力に売上を伸ばしています。

〔関連記事〕4Kテレビはどれを選べばいいのか? 液晶と有機EL、それぞれのおすすめラインナップをまとめました。

【2018年版】4K液晶テレビ 5社を徹底比較! パナソニックとソニーの2強対決か?
【2018年版】4K有機ELテレビ 4社を徹底比較! 安さのLGか技術力のソニー・パナソニックか?

注意しなければならないのは、今売り出されている4Kテレビの多くは、4K衛星放送を受信するためのチューナーが内蔵されていないことです。

外付けのチューナーを買い足さないと、放送を見ることができません。

そして、4Kに対応したアンテナ。これは見たいチャンネルによって状況が変わってきます。後ほど詳しくお伝えします。

4Kチューナー内蔵テレビは東芝REGZAのみ

先ほど、4Kテレビのほとんどは、4Kチューナーを内蔵していないと書きました。

ですが、東芝のREGZAというブランドだけは、4Kチューナーを内蔵しています。

東芝は不正経理で中国企業に買収されるなど、経営陣の企業モラルには大いに問題がありますが、ユーザー視点の商品作りはさすがです。

ユーザーの利便性を優先して、他社に先駆けて4Kチューナーを内蔵した姿勢は評価できます

後ほど説明するように、外付けの4Kチューナーは35000円くらいすると言われています。その費用がかからずに済むのは大きいと思います。

また、機材を増やさずにスッキリと設置できるのも大きな魅力ですね。

東芝REGZAの液晶テレビのオススメはこちら。

東芝REGZAの有機ELテレビのオススメはこちら。

三菱電機REALも4Kチューナー内蔵を10月にリリース予定

パナソニックもソニーも、4Kチューナー内蔵型のテレビは予定していないようです。

そんな中、東芝以外では三菱電機が10月にリリースすると発表しました。

RA1000シリーズ。58インチ、50インチ、40インチが発売されます。

三菱REALの特徴としては、以下のすべてが4Kテレビの中に収まっていることです。

  • 4Kチューナー
  • HDD録画機
  • DVD/Blue-ray録再機

このようにHDD録画からBlue-rayの再生まで、すべてが4Kテレビ1台で完結。しかも4K画質のUltra HD Blu-rayが再生できます。

ユーザーとしては魅力的な選択肢が増えることになりますね。

4Kチューナーは10月以降に発売スタート

というわけで、ソニー、パナソニック、LGの4Kテレビを買った場合には、4Kチューナーを外付けで買わなければなりません。

この記事を書いている2018年8月現在、まだ4Kチューナーは市場に出ていません。秋以降にいくつかの商品が売り出される予定です。

1つ目がこちら。

パナソニック10月中旬に発売予定のTU-BUHD100

価格はまだ分かりませんが、大手家電量販店では35000円程度と予想しているようです。

二つ目はこちら。

東芝も4Kチューナーの開発をしています。先ほど説明したように、東芝REGZAは4Kチューナーを内蔵したテレビをリリースしていますが、単体の4Kチューナーも売り出すのですね。

外付けHDDをつなげば録画が可能。型番はまだ示されていません。発売時期は2018年秋以降。価格は分かりません。

三つ目はこちら。

シャープから11月下旬に発売予定。12月からの本放送に向けて、時期的にはギリギリのタイミングですね。型番や価格はまだ分かりません。外付けHDDをつなげば録画が可能です。

四つ目はこちら。

ピクセラという会社から発売される、4K Smart Tuner「PIX-SMB400」

公式サイトによると、発売は10月初旬。価格は3万円未満としています。

五つ目はこちら。

マスプロという会社から発売予定のDT814。発売は12月。放送開始には間に合いません。価格は分かりません。

現段階で発売が発表されている4Kチューナーは以上。ソニーはまだ情報を出していません。

4Kアンテナが必要なケースは?

4Kチューナーの他に、4K対応のBSアンテナも必要です。

とは言っても、BS右旋(うせん)と呼ばれる電波を使うチャンネルは、これまでと同じBSアンテナで受信することができます。

ちょっと難しいですが、BSの電波には、右方向に螺旋(らせん)を描く「右旋」と、左方向に螺旋を描く「左旋」という2種類があります。

右旋の電波を使うチャンネルは以下の通り。

【BS右旋】従来のBSアンテナでOK

  • NHK BS 4K
  • BS朝日 4K
  • BSテレ東 4K
  • BS-TBS 4K
  • BSフジ 4K
  • BS日テレ(2019年12月放送開始)
  • WOWOW(2020年12月放送開始)

これらの番組を見るには、これまでと同じBSチャンネルがあれば大丈夫です。

一方、左旋(させん)110度CSの電波を使うチャンネルを受信するには、対応するBSアンテナを新しく用意する必要があります

以下の通りです。

【BS左旋】対応するBSアンテナが必要

  • 映画エンタテインメントチャンネル
  • ショップチャンネル
  • テレビショッピングチャンネル(仮)
  • NHK BS 8K

【110度CS(実用放送)】

  • スカチャン4K 1-8チャンネル

また、左旋と110度CSは、特別な帯域の信号を使っているため、以下のものも買い換えなければなりません。

【BS左旋と110度CS受信に必要なもの】

  • 専用アンテナ
  • アンテナケーブル
  • ブースター
  • 分配器
  • テレビ端子
  • 分波器

これは大変ですね… 工事費も発生するので、かなりコストはかかると思います。

ですので、BSアンテナをすでに持っている方は、焦って買い換えたりせず、まずはBS右旋の4Kチャンネルを楽しんではどうでしょうか。

VODの4Kコンテンツを見るのに何が必要?

新4K衛星放送だけでなく、インターネットで配信されるVOD(ビデオ・オン・デマンド)にも4Kコンテンツがあります。

こちらの記事に、4Kコンテンツを提供しているVODをまとめましたので、参考にどうぞ。

4Kテレビで見れるコンテンツは? 4K衛星放送・VOD 全チャンネルまとめ

【VODで4Kコンテンツを提供】

  • 4Kアクトビラ
  • Netflix(ネットフリックス)
  • dTV
  • Amazonプライム・ビデオ
  • ひかりTV 4K
  • YouTube

これらを見るには、4Kテレビ以外に何をそろえればいいのでしょうか?

今売り出されている4Kテレビの多くは、これらのVODを見るためのアプリが最初から内蔵されています。

ですので、4Kテレビをインターネット回線に接続すれば、すぐに見ることができます。

ただし、機種によっては見れないサービスもあるので注意してください。

別の記事でオススメの4Kテレビを液晶有機ELそれぞれご紹介しましたが、その中にも一部のVODに対応していないものがあります。

  • LGエレクトロニクス/55UJ6500(液晶)
    アクトビラ4KとdTVには対応していない
  • シャープ/AQUOS LC-55UH5
    Amazonプライムビデオ、ひかりTV4K、アクトビラ4Kには対応していない
  • LGエレクトロニクス/OLED55C8PJA(有機EL)
    dTVには対応していない
  • 東芝/REGZA 55X920(有機EL)
    Amazonプライムビデオに対応していない

もしVODに興味があるようでしたら、こういった細かい仕様もチェックして4Kテレビを選ぶといいと思いますよ。

【2018年版】4K液晶テレビ 5社を徹底比較! パナソニックとソニーの2強対決か?
4Kテレビで見れるコンテンツは? 4K衛星放送・VOD 全チャンネルまとめ
注意
細かい仕様は変わることがあります。購入に際しては自己責任で詳細を確認するようにしてください!

えいぷりお的まとめ

4Kコンテンツを楽しむには、どのような機器が必要なのか、概要はつかめましたか?

少し複雑ですよね。

4Kテレビを選ぶ際には、店員さんいも相談しながら、納得の行く機種を選んでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください