初めての方はこちらへ! 記事のご案内


4Kテレビで見れるコンテンツは? 4K衛星放送・VOD 全チャンネルまとめ

こんにちは!単身赴任ブロガーのえいぷりおです。

いま家電量販店では、4Kテレビの売り場が大盛況。55インチを主力に売上を伸ばしています。

4Kテレビを買うと、どんな4Kコンテンツを見られるようになるのでしょうか?

そこを知らずに「どうせ買うなら4Kかな」と、なんとなく買っている人もいるかもしれませんね。

この記事では、2018年12月1日にスタートする新4K8K衛星放送ケーブルテレビネット配信で、どのような4Kコンテンツが見れるのかをお伝えします(2018年8月現在、随時更新)。

新4K8K衛星放送とは

2018年12月1日に「新4K8K衛星放送(BS・110度CS)」の本放送がスタートします。

これを受信するには、4Kチューナー4Kテレビが必要です。また、受信するチャンネルによっては対応するアンテナも必要になります。

〔関連記事〕4K放送を見るために必要な機器については、こちらの記事をご覧ください。

新4K衛星放送を見るには【4Kチューナー】が必要!!2018年10月から発売される機種を徹底解説

4K衛星放送に参入する放送局は、以下の通り。

【BS右旋】従来のBSアンテナでOK

  • NHK BS 4K
  • BS朝日 4K
  • BSテレ東 4K
  • BS-TBS 4K
  • BSフジ 4K
  • BS日テレ(2019年12月放送開始)
  • WOWOW(2020年12月放送開始)

【BS左旋】対応するBSアンテナが必要

  • 映画エンタテインメントチャンネル
  • ショップチャンネル
  • テレビショッピングチャンネル(仮)
  • NHK BS 8K

【110度CS(実用放送)】

  • スカチャン4K 1-8チャンネル

順に見ていきましょう。

NHK BS 4K

NHKは4Kと8Kを合わせてスーパーハイビジョン(SHV)と総称し、コンテンツ制作にかなりの力をかけています。

放送は毎日6~24時ピュア4K率90%を目標に掲げています。これは、

  • コンテンツの90%は4K制作
  • 残り10%は2Kからのアップコンバート

を意味しています。

「2Kからのアップコンバート」というのは、「2Kを変換して4Kっぽく見せる」こと。つまり本物の4K画質ではありません。

「なーんだ。100%全部4K制作じゃないのか」

と思われるかもしれませんが、実は90%というのは驚くべき数字です。

というのも、4K制作のためのリソース(機材やスタジオ)を揃えるには莫大な投資が必要で、すべての番組を4Kで制作するのは大変なことなのです。

NHKは、どのような4Kコンテンツを準備しているのでしょうか。

この編成表は「衛星放送の未来像に関するワーキンググループ資料」からの引用。

箇条書きにすると、こんな感じ。

  • 平日はジャンル別のベストセレクト
  • 日曜の夜間は大型コンテンツ
  • 日曜の午前は大河ドラマ
  • 多彩なスポーツを柔軟に編成
  • 平日の夜間に8K番組を紹介
  • 土曜は4Kオリジナルを集中編成

エンター、サイエンス、ドラマ、カルチャー、ライフという5本の柱で、4Kのオリジナルコンテンツを打ち出しながら、スポーツを柔軟に織り交ぜる編成です。

そして夜には8Kの番組も紹介。8Kへの入り口の役割も果たします。

おそらくNHKの4Kコンテンツは、質も量も民放を圧倒することになるでしょう。

BS朝日 4K

BS朝日では、2017年度から徐々に4Kでの番組制作を始めています。公式サイトには、次のような番組が挙げられています。

  • 「子供たちに残したい美しい日本のうた」
  • 「土井善晴の美食探訪」
  • 「新・にほん風景遺産」
  • 「最後のダ・ヴィンチ作品」
  • 「てくてく俳句百景」

美しい風景料理美術などをテーマにした番組を制作してきたようです。

12月からは、もっと充実したラインナップになることが期待されますね。

BSテレ東4K

(「BSジャパン」が2018年10月1日に「BSテレビ東京」に変更)

BSジャパンは、これまでに時代劇ドラマの4Kコンテンツをかなり揃えているようです。

2018年12月1日からは、月~金に放送中の「日経プラス10」を4K化。卓球などのスポーツにも力を入れていくようです。

テレビ東京は他の局とはちょっと違った独特の持ち味があります。4Kでもテレ東らしい斬新な企画を期待したいものです。

BS-TBS 4K

2018年6月1日に行われた「新4K8K衛星放送開始半年前セレモニー」では、次のような発表がありました。

  • 日本屈指の3つの花火大会を4Kで収録
  • 看板番組「吉田類の酒場放浪記」を4K制作

過去には「THE世界遺産4K」などの制作実績もあるので、今後の情報に注目しましょう。

BSフジ 4K

公式サイトでは、BSフジ4Kのコンセプトとして超ライブ!超リアル!超オリジナル!が掲げられています。

  • 超ライブ!
    ニュース番組、音楽イベント、スポーツ中継、花火中継など。
  • 超リアル!
    「絶景百名山」などの紀行番組、ドキュメンタリー、美術、自然番組など。
  • 超オリジナル!
    「三屋清左衛門残日録」シリーズなどの特別時代劇、オリジナルドラマなど。

どのような編成になるのか、今後の情報を待ちたいと思います。

BS日テレ

他社に1年遅れて、2019年12月に4K放送をスタート。なぜ遅れることになったのか、理由は分かりません。

放送の内容については、まだ情報がありません。

映画エンタテインメントチャンネル(有料)

東北新社メディアサービスが提供する有料チャンネル。次のような内容が予定されています。

  • ハリウッド映画を4K画質で
  • 囲碁と将棋を日本の美しい場所で
  • クラシック音楽をヨーロッパの美しい風景の映像で

料金などの詳しい情報を探しましたが、まだ公式サイトなどは立ち上がっていないようです。

※BS左旋の電波を受信するには対応するBSアンテナが必要です。

ショップチャンネル

SCサテライト放送が提供する、365日放送で届ける「ショッピング エンターテインメント」。

商品の魅力を、4Kの美しい映像でよりビビッドに感じることができます。

「日本を見つけよう」という番組コーナーを予定しているようで、各地の歴史、文化、景勝地を美しい映像で見ることができるようです。

※BS左旋の電波を受信するには対応するBSアンテナが必要です。

テレビショッピングチャンネル(仮)

QVCサテライトが提供する、365日24時間生放送のショッピングチャンネル。

2018年夏までに大きな投資をして、すべての機材とスタジオを4K-HDR対応にしたそうです。

ステーキを焼くシズル感、ダイヤの輝き、服の繊維や色味がリアルに再現できることを売りに、今までとは別次元のショッピング体験を提供するとしています。

※BS左旋の電波を受信するには対応するBSアンテナが必要です。

スカチャン4K 1-8チャンネル(有料)

スカパーは2014年から4K放送を行ってきた先駆者。これまでにプロ野球やサッカー、音楽ライブ、自主制作ドラマを提供してきました。

12月からは、新たに8つのチャンネルを開局します。

  • スポーツ専門チャンネル× 4ch
  • 洋画
  • 邦画(時代劇こみ)
  • スカチャン×2ch

スカチャンというのは、これまで運用してきた2つの4Kチャンネルを意味するようで、映画や大型スポーツイベントなどをペイパービューで提供します。

これら8チャンネルの利用料金は、まだ発表されていないようです。

※110度CSの電波を受信するには対応するBSアンテナが必要です。

〔関連記事〕4Kテレビはどれを選べばいいのか? 液晶と有機EL、それぞれのおすすめラインナップをまとめました。

【2018年版】4K液晶テレビ 5社を徹底比較! パナソニックとソニーの2強対決か?
【2018年版】4K有機ELテレビ 4社を徹底比較! 安さのLGか技術力のソニー・パナソニックか?

ケーブル4K

ケーブルテレビの魅力は、地域に根ざした放送。

そんな全国各地のケーブルテレビ局80社が合同で作ったのが「ケーブル 4K」です。

全国統一編成で地域発!ニッポンの魅力をコンセプトに、地域発の美しい映像を届けます。

お茶の間に居ながらにして、日本中の景色や伝統文化、料理や風俗に触れることができます。

ケーブルテレビに契約していれば、追加料金なしで4Kを見ることができます。

VOD(ビデオ・オンデマンド)/インターネット動画

VOD=ビデオ・オン・デマンドとは、見たい時に見たいコンテンツを見ることができるインターネット動画サービス。

有料の場合が多く、コンテンツごとに課金されたり、月額料金で見放題になったりします。

4Kテレビをインターネット回線につなぐと、見れるようになります。

VODで4Kコンテンツを提供しているサービスには、次のようなものがあります。

【VODで4Kコンテンツを提供】

  • 4Kアクトビラ
  • Netflix(ネットフリックス)
  • dTV
  • Amazonプライム・ビデオ
  • ひかりTV 4K
  • YouTube

今発売されている4Kテレビの多くには、これらのコンテンツを見るためのアプリが内蔵されていて、新たな機器を買う必要はありません。

(ただし、すべてのサービスに対応していない機種もあるので、仕様を確認してください)

サービス内容を順に見ていきましょう。

4Kアクトビラ

アクトビラは、松下電器産業、ソニー、シャープ、東芝、日立製作所が共同出資して2007年からサービスを開始。2014年からは4Kコンテンツの配信を始めました。

コンテンツを提供するのは、テレビ局、映画会社、エンタメ産業など、60以上の業者。

映画、ドラマ、アニメなど1500本以上の4Kコンテンツが無料配信されているので、最初に試しで見てみるといいでしょう。

コンテンツごとの課金のほか、月額見放題や全話パックなど多彩なプランがあります。

Netflix(ネットフリックス)

アメリカに本拠を置き、190ヵ国以上で展開している、世界最大のインターネット映像配信ネットワーク。

オリジナルシリーズやドキュメンタリー、長編映画など豊富なコンテンツが魅力で、4Kも充実させています。

3種類の月額料金(ベーシック、スタンダード、プレミアム)がありますが、4Kコンテンツを見るには、プレミアム(月額1450円)に加入する必要があります。

dTV

NTTドコモが提供する動画配信サービス。2013年にスタートし、2015年には4K、2017年には4K-HDRのコンテンツ配信も始めています。

洋画、邦画、アジア映画、海外ドラマ、国内ドラマ、アジアドラマ、アニメ、音楽といった内容で、12万コンテンツ(2015年4月時点)を誇ります。

月額500円で見放題

4Kコンテンツとしては、オリジナルのドラマ、絢香や久保田利伸といったアーティストのライブなど魅力的なものを揃えています。

Amazonプライムビデオ

Amazonが提供するビデオ配信サービス。Amazonプライムに加入すると見放題で楽しむことができます。

Amazonプライムは圧倒的にお得なサービスです。年会費3900円を支払えば、Amazonで買い物する際のお急ぎ便やお届け日指定が使い放題、しかも送料が無料に! 他にも様々な特典を受けられます。

月額に換算して325円! これでさらにAmazonプライムビデオが見放題です。まだ加入していない方は、この機会にぜひ!

5分で登録完了

Amazonプライム会員30日間無料体験

オリジナルコンテンツをはじめ、人気の映画や話題のTV番組を配信していて、4Kコンテンツの数も増やしています。

ひかりTV 4K

ひかりTVはNTT系の光回線業者が提供するサービス。

ケーブルテレビのような他チャンネルテレビ放送(80チャンネル以上)と、VOD(8万本以上)を合わせたサービスになっています。

2014年から4K配信をスタート。映画やドラマ、オリジナルのバラエティ、古い映画なども4Kで楽しめます。

料金は月額制。4Kを見るには一番高い「お値うちプラン」月額2500円に加入します。

これは2年縛りの割引料金なので要注意。2年以内で解約すると違約金1万円を支払わなければなりません。また3年目からは1000円増額します。

YouTube

皆さんおなじみのYouTubeにも、4K動画がたくさん投稿されています。

普段のパソコンでは見ることのできない4K画質を、4Kテレビで堪能してください。

もちろん無料です!

えいぷりお的まとめ

この記事を書いているのは2018年8月20日。新4K8K衛星放送の本放送スタートまで、あと3ヶ月ちょっとです。

今、放送局は急ピッチで4Kコンテンツを揃えているところでしょう。4Kの美しさを生かした斬新な番組が出てくることを期待しましょう!

VODは、まずは無料のYouTubeなどから見てみましょう。そしてぜひAmazonプライムに加入してAmazonプライムビデオの4Kコンテンツを楽しんでください。

5分で登録完了

Amazonプライム会員30日間無料体験

〔関連記事〕4Kテレビはどれを選べばいいのか? 液晶と有機EL、それぞれのおすすめラインナップをまとめました。

【2018年版】4K液晶テレビ 5社を徹底比較! パナソニックとソニーの2強対決か?
【2018年版】4K有機ELテレビ 4社を徹底比較! 安さのLGか技術力のソニー・パナソニックか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください