「げんきリズム」へようこそ!


ヒステリーを起こしている女性(妻)への対応のしかた ―真正面から反応せず、明るく大人の接し方を―

こんにちは! ヒステリックな妻に翻弄されている、えいぷりおです!

パートナーがヒステリーを起こしているとき、あなたはどんなふうに対応していますか?

僕は火に油を注ぐような対応で、いつも大炎上ですよ。ヒーハー!

でも最近、ちょっと分かってきたんです。巻き込まれず状況をよくする方法が! 少なくとも大炎上は避けられる方法が!!

すぐに役立つ「ヒステリーへの神対応」をご指南しましょう。

ヒステリーって何?

ヒステリーって何でしょう。グーグル先生によると、こんな風に定義されるそうです。

  • 精神病質の一種。満たされぬ欲求の反応として、種々の精神的・肉体的症状を起こす。症状が大げさで演技的色彩を持つ。
  • 俗に、病的に興奮して感情を統制できず、激しく泣いたり怒ったりする状態。 「―を起こす」

ウィキペディア先生の難しい説明を要約すると、

  • 女性に特有の症状
  • 解離性障害、身体表現性障害に分類される

ということのようです。うーん、むずい。

学術的な定義はよく分からないので、ここでは簡単に、

「抑圧された感情が爆発して手が付けられない状態」

としておきましょう。

妻はどうしてヒステリーに陥るのか

自分の妻を観察していると、ヒステリーに陥る背景には、まず心身の疲労があるということが分かります。

子供の行事の前とか、いろいろ準備が大変だと、疲れちゃいますよね。

疲れちゃうと、「心の器」が小さくなって、すぐにあふれる状態になってしまいます。

これ↑、あふれる直前の「心の器」の図です。もうダメです。あと1滴でも入ると決壊します。

こんなときに、子供が自分の思い通りに動かなかったり、夫が余計な一言を言ったりしたら、大変なことになります。

「なんで言った通りにしないのよ!!」
「あんた死ねば!?」

となります。

妻が疲れないようにサポートできれば解決しそうなものですが、そういうわけにもいきません。

特に僕の妻の場合、もともと身体があまり丈夫じゃないので、最初から心の器が小さくできているんですよ。だから、すぐに満杯になってしまいます。それを避けることは現実的には無理なのです。

だから、僕たち夫の課題は、「ヒステリーを起こした妻にどう対応するか」ということになります。

ヒステリーに真正面から反応したら負け

一番いけない対応は、ヒステリーを真正面から受け止めて、まともに反応してしまうことです。

100%こうなります。大炎上です。男性の皆さんは、経験ずみですね。

例えば、こういうことです。

「あんた死ねば!?」
→「なんでそんなひどいことを言うんだ!」

これで、もうアウトです。「なんで」って、理由なんてないんですよ。

きつい言葉を投げつけられても、絶対に真正面から反応しない。これが最初のポイントです。

理屈で反論しても無駄

女性は感情の生き物男性は理性の生き物、などと言いますよね。

そうです。そもそも生き物としての仕組みが違うのです。

女性がヒステリーを起こしているとき、この違いを理解していないと命取りになります。

「君が言っていることは、まったく理にかなっていないよ。君はさっき〇〇と言ったけど、それはこないだ言っていたことと矛盾するだろ。つまり…」

などと理屈で反論しようものなら、確実に死が待っています。

説明すればするほど、死が近づいてきます。

このアプローチで生還することは絶対に無理なので、やめましょう。

〔関連記事〕
パートナーが「強い思い込み」に支配されているとき、どう対処すればいいのか。僕の経験をもとに考えてみました。

【夫婦関係】思い込みの強い妻にディスられる日々… 対処法はこれだ!

一般的な対処法はこんな感じ

妻のヒステリーへの対処法、よく言われるノウハウはこんな感じでしょうか。

  • よーく話を聞く
  • とにかく同意する
  • ひたすら謝る
  • すべての要求にこたえる
  • 解決策を一緒に考える
  • 愛をこめて抱きしめる

うーん。ピンときません。

その場はしのげるかもしれませんが、すべて表面的にそういうポーズを示しているだけですよね。

僕も100万回くらい、こういう方法で何とかしようとしましたが、もうめっちゃ疲れるんですよ。それで、妻への不平不満がどんどん蓄積していくんですよ。

長い目で見ると、これはいい対応とは言えません。

淡々と自分のやるべきことをやる

では正解は?

ずばり「淡々と自分のやるべきことをやる」です。

例えば、妻から紙袋を持ってきてくれと言われたとします(←今日実際にあった出来事)。そうしたら案の定、妻からはこんな言葉が投げつけられます。

「なんでこんな紙袋なのよ! バカなんじゃないの? もっといいやつあるでしょ! 死ねば!?」

こういう時の対応の基本、覚えてますか? そう。

  • 真正面から反応しない
  • 理屈で反論しない

ですね。よくできました!

そのうえで、どうすべきか。

「そっかー。じゃあ、こっちの紙袋はどう? ちょっときれいだよ」

と、淡々と対応する。これに尽きます。

感情に振り回されず、妻のニーズだけをくみ取って、淡々とこなすのです。

軽やかさと明るさを忘れずに

ここで、よりラグジュアリーなワンランク上の対応をご紹介しましょう。

淡々と対応するのにプラスして、「軽やかさと明るさを常に忘れない」ということです。

ヘラヘラするわけじゃないですよ。馬鹿にされてると疑われて、望まぬ炎上を招きますので要注意です。

そうではなく「さわやかさ」が大切なんですよ。

さわやかさとは何か。それは逆を考えると分かります。さわやかの逆の状態というと、

  • めっちゃ傷ついてる
  • げんなり落ち込んでる
  • 怒りを押し殺している

みたいな状態ですね。これはNGということです。

妻のヒステリーに巻き込まれて、自分もマイナスのオーラを出し始めたら、状況は確実に悪くなります

相手がどうであろうと、自分は自分のスタンスを貫く。これですよ。

イメージしてください。さわやかに、軽やかに、微笑みをたたえている自分の姿を。かっこいいっす!

不思議なもので、これができるだけで、場の空気が少しだけ軽やかになります。

「自立」こそ最大の防御なり

言い換えると、僕たち夫に求められるのは、「自立」ということだと思います。

妻が感情をコントロールできないのは、妻の課題です。妻の課題は、妻にしか解決できない。他人は立ち入ってはいけないのです。

夫は自分にできることを考える。妻のニーズを満たすという具体的な行為を淡々とこなしつつ、自分の感情には自分で責任を持てばいいのです。

僕は、このことにずっと気付きませんでした。

自立できていなかったため、妻の感情に振り回されていました。そして、物事がうまくいかないと、心の中で妻のせいにしていました。

そういうことが積み重なった結果、僕たち夫婦の関係は、修復不可能なほど破綻してしまいました。

【家庭内別居】僕たち夫婦のパートナーシップが壊れてしまった理由(体験談)
【産後クライシス】妻が僕を憎むようになった理由… 妻の怒りに夫としてどう向き合うか(体験談)

色々と思い悩んで、たくさんのセラピストやカウンセラーやヒーラーの友人に相談もしました。

で、以前「一人一宇宙」という考え方を書いたことがあります。今回の話題とリンクする部分があると思うので、こちらも参考にしていただければ幸いです。

「一人一宇宙」の考え方で人生が変わる ― 真の自立に向けてー

もしあなたが、奥さんのヒステリーに振り回されて悩んでいるとしたら、一度「自立」というキーワードで自らを見つめてみてはどうでしょうか。

境界性パーソナリティー障害の場合もある

とは言っても、もしかしたら奥さんが境界性パーソナリティー障害などの、精神的な病気になっている可能性も考えられます。

その場合は、この記事で述べてきたような対応では、太刀打ちできないでしょう。

僕自身も本当のところは、妻に得体のしれない恐ろしさを感じることが多々あります。

「これ完全にモラハラだよね」

という状況に直面すると、対応も何も、その前にこっちのメンタルがやられます。

【夫婦関係】ふと調べたら僕の妻は「モラハラ妻」の条件をほとんど満たしていた

皆さんも、あまりにも限度を超えている場合には、決して一人で抱え込まず、信頼できる人や心療内科など適切な機関で相談するようにしてくださいね。

パートナーシップに関する記事について

パートナーシップは最も難しい人間関係ですよね。自分という人間の弱さや欠点が、えげつないくらいに出てしまうのですから。

僕自身の未熟で情けない夫婦関係の悩みを、できるだけ正直に赤裸々に表現することで、よりよい関係への道を探りたいと考え、パートナーシップに関する記事を書いてきました。

下のボタンから「パートナーシップ」に関する記事を分かりやすくまとめたページに移動できます。ぜひご覧ください。

パートナーシップの記事まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です