【森友学園問題 1】小学生でも1分で分かるように経緯をまとめてみた

スポンサーリンク

女子高生の長女すずと会社員のとうちゃんが、社会のいろんな問題を語り合う新シリーズ「父と娘の社会科入門」、記念すべき第1回は「モリカケ」問題。まずは「森友学園問題」の全体像を小学生にも分かるようにまとめてみました。

モリカケ問題って何だったのか

すず
とうちゃん、ニュースとかワイドショーでは、今も「モリカケ!モリカケ!」って騒いでるよね。安倍総理、ちゃんと説明すればいいのに。
とう
そうか、すずはそう思ってるんだね。とうちゃんの意見は、ちょっと違うんだ。

とうちゃんは安倍総理を全面的に支持する立場じゃないんだけど、モリカケについては、マスコミも野党も、問題にすべきポイントが完全にズレてると思う。

すず
え、そうなの? 「安倍総理が関与していたんだ!」「忖度したんだ!」って、いろんなコメンテーターが言ってるじゃん。

とう
そうだよね… じゃあ、2017年の締めくくりに、ちょっと振り返ってみようか。まずは、ざっくりと「モリカケ」問題とは何か。


・森友学園の土地購入に関する疑惑
・加計学園の獣医学部新設に関する疑惑


すず
うんうん。何となく分かるよ。「森友(もりとも)」と「加計(かけ)」の二つを合わせて「モリカケ」なんだよね。もりそば、かけそば、みたいだよね。

とう
では、まず「森友学園問題」から見ていこう。本題に入る前に、この問題の全体像を小学生にも1分で分かるようにたどってみよう!

すず
とうちゃん。私、高校生なんですけど。

1分で分かる!「森友学園問題ストーリー」

  1. 学校法人 森友学園が小学校を設立しようとした。
  2. 森友学園の理事長は籠池(かごいけ)という強烈なキャラの親父だった。
  3. 2013年に森友学園は、小学校を建てる土地を買おうとした。
  4. その土地は国の持ち物(国有地)で、売る担当は財務省の近畿財務局というお役所だった。
  5. 土地のお値段は「9億5600万円」だった。
  6. でも実は土地にはゴミがいっぱい埋まっていた。
  7. ゴミのことを知った籠池はゴネまくった。
  8. ゴミの撤去費用として「8億2000万円」値引きされることになった。
  9. つまり森友学園は実質「1億3400万円」という超お値打ち価格で土地を買うことができた。
  10. なぜ大幅に値引きされたのか? マスコミと野党が疑惑の目を向けた。
  11. 安倍総理の奥さん、昭恵さんが小学校の名誉校長になる予定だった。
  12. そのため、大幅な値引きには安倍総理が関与しているのではないかと疑われた。
  13. 籠池は昭恵夫人から100万円の寄付があったと言ったので、疑惑は深まった。
  14. でも籠池はウソばかりの詐欺師で、2017年7月に詐欺容疑で逮捕された。
  15. 今でもマスコミと野党は安倍総理が関与していたと言い続けている。
  16. でも安倍総理の関与を証明する証拠は何もないので「忖度があった!」と言っている。
  17. 値引きの本当の原因は、近畿財務局のお役人の交渉手続きのミス。それが結論らしい。

スポンサーリンク

「森友学園問題」を全4回の連載記事で!

すず
うん、確かに分かりやすい!

とう
でしょ? すずは高校生だから、もう少し踏み込んで考えてみようね。

そこで、今回のを合わせて、全4回にわたって連載記事とすることにしました! みなさんもぜひ、ご一緒に振り返ってみましょう。

次回はこちら↓をご覧ください!
【森友学園問題 2】マスコミと野党が詐欺師・籠池被告を利用した罪は重い


「森友学園問題」の連載記事は、こんな流れになっています。

【森友学園問題 1】小学生でも1分で分かるように経緯をまとめてみた ←いまここ

【森友学園問題 2】マスコミと野党が詐欺師・籠池被告を利用した罪は重い

【森友学園問題 3】安倍総理も昭恵さんも関与していなかった

【森友学園問題 4】問題の本質は財務省(近畿財務局)の交渉ミス


「モリカケ問題」の後半戦、「加計学園問題」については、こちら!

【加計学園問題 1】小学生でも1分で分かるように経緯をまとめてみた

【加計学園問題 2】獣医学部の新設が50年以上規制されていたのが問題

【加計学園問題 3】最重要人物、前愛媛県知事の加戸守行さんは黙殺された

【加計学園問題 4】日本獣医師会と癒着した政治家 ―石破茂、玉木雄一郎など―

【加計学園問題 5】前川喜平 前文科次官を英雄扱いしたマスコミの罪

【加計学園問題 6】朝日新聞が仕掛けた「総理のご意向」は存在しなかった

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ