【しゃっくり】困ったしゃっくりを速攻で止める方法

スポンサーリンク

「しゃっくり」は、放っておけば、いつかは止まるものですが、デート中や会議でのプレゼン中など、出てほしくない場面もありますよね。しゃっくりの種類や原因、その場で止めることのできる方法をお伝えします。

「しゃっくり」とは

しゃっくりは、何らかの原因で横隔膜がけいれんして起こります。横隔膜は、肺とおなかを隔てている筋肉のことです。横隔膜のけいれんは、声帯の筋肉の収縮を引き起こし、狭くなった声帯を吐く息が通るときに、「ひっく」という音がします。

ほとんどの場合、長くても数時間たてば止まるため体に害はありませんが、長時間続いたり頻繁に出ると、睡眠障害や食欲低下をもたらします。

48時間以上続くような場合は、「持続性しゃっくり」「難治性しゃっくり」などと呼ばれ、重い病気が関わっている可能性があるので、必ず受診するようにしてくださいね。

「しゃっくり」の種類

中枢性しゃっくり

脳や脊髄の神経など体にとって大切な神経が集まった場所、中枢神経が刺激されることによって起きるしゃっくりです。脳腫瘍、脳卒中、アルコール中毒といった病気と関係していると言われています。

末梢性しゃっくり

中枢神経から伸びている末梢神経が刺激されることによって起こるしゃっくりです。肺炎や気管支喘息などが原因で引き起こされると言われています。

横隔膜刺激によるしゃっくり

肺とおなかの間にある膜状の厚みのある筋肉、横隔膜が刺激されることによって起こるしゃっくりです。一般的なしゃっくりは、これを指します。この記事で取り上げるのは、主にこのしゃっくりのことになります。

「しゃっくり」の原因

しゃっくりのほとんどは、食事や会話の最中に大量の空気を飲み込んでしまうことが主な原因と考えられています。以下に原因と考えられる項目をまとめます。

・早食い、大食い
・一気飲み、アルコールの飲みすぎ
・タバコの吸いすぎ
・精神的ストレス
・睡眠薬や抗がん剤などの強い薬の副作用
・大笑い、急に大きい声や、高い声を出す
・急に押されたりなどして驚く

日常よくありそうなことが原因になるので、いつどこでなってもおかしくないですよね。

「しゃっくり」の止め方

メカニズムや根拠はよく分かっていない民間療法がほとんどです。ですので、自己責任で、加減しながら試してみてくださいね。

息を限界まで吸って吐く

woman-570883_640

1.10秒かけて限界まで息を吸う
(横隔膜を下げるイメージで)
2.10~15秒間息を止める
3.10秒かけてゆっくり限界まで息を吐く
4.5秒かけて吸う
5.楽に呼吸をする

こんな手順で呼吸します。限界まで息を吸うことで、横隔膜をめいっぱい押し下げるのがポイントです。そのまま息を止めることで、パンパンに膨らんだ風船のような状態にして、横隔膜のけいれんを封じ込める作戦というわけです。理にかなっているような気はしますよね。最後にゆっくりと息を吐き出すのは、横隔膜に刺激を与えず、落ち着かせるのがねらいです。

これからご紹介する方法の中では、一番理屈が明確な気がします。まず試してみるには、いいのではないでしょうか。

コップ一杯の水を飲む

a-cup-of-water-904698_640

普通にコップの手前から飲むのではなく、コップに覆いかぶさるような姿勢で、コップの向こう側から飲みます。これでなぜしゃっくりが止まるのか、理屈はよく分かりませんが・・・

これ、専用の道具まで売られているんですよ。効果があるかどうか、私は試していませんが、棒のような道具を口にくわえたまま、コップの水を飲むようです。もし興味があったら、探してみてください。

「だいず〜〜」と言う

gulls-429728_640

「豆腐は何でできている?」と質問してもらい、「だいず〜」とず〜をできるだけ長めに答えます。理由はまったく分かりませんが、これでしゃっくりが止まるというのです。

ホントかよ!?と思われるでしょうが、ネット上には体験談が結構あるんですよ。例えば・・・

「正直言ってバカバカしいと思いましたが、ものは試しに実行。結果は?なんと二回で見事に止まりました。不思議なことがあるものです」

あなたも、ダメ元で試してみてはどうでしょう?協力してくれる人が必要ですが・・・(質問してもらう必要があるのかも謎ですね)

スプーン一杯の砂糖を食べる

sugar-1068288_640

一杯の砂糖を喉の奥に放り込み、そのまま飲み込むというやり方です。舌の上でじっくり溶かしてから飲み込んでもいいそうです。これも、よく理屈は分かっていないようです。

柿のへたを煎じて飲む

柿

柿のへた5~10gを刻み、水300ccを加えて、半量になるまで煎じて服用します。しょうが汁をいれると飲みやすいようです。古くから伝わる民間療法のひとつのようですが、漢方の考え方に関係しています。下に、漢方に関する項目も立てたので、そちらもご覧ください。

舌をひっぱる

あっかんべー

ガーゼのようなもので舌をつかみ、30秒ほど強く引っ張ります。強すぎないように、気をつけてくださいね。

誰かに頼んで驚かしてもらう

びっくり

「目には目を」的な発想ですね。さらにひどくならなければいいのですが・・・

鼻にティッシュなど入れてクシャミをする

こより

自分で自分をびっくりさせる、といった感じでしょうか。

人差し指を耳に突っ込む

耳に指

ツィッターで話題になった方法だそうです。人差し指を左右の耳の穴に入れて、30秒~1分間待つ。たったこれだけ。医学的な根拠もあるとのウワサで、過去に情報番組「はなまるマーケット」でも紹介されたことがあるとか。

スポンサーリンク

「しゃっくり」と漢方

西洋医学では、上に書いたように、しゃっくりは横隔膜のけいれんと解釈しますが、漢方の考え方では、「胃気が上逆したために発生する」と考えるそうです。

胃は本来食べ物を納めて、消化したあと腸に下ろすように働くので、胃の気は下降しているのが正常なのですが、胃の気が反対に上逆すると、嘔吐やしゃっくりなどの症状が出る、と考えます。

ポイントは、しゃっくりだけでなく、体全体の状態や胃の状態によって漢方薬を使い分けるということです。上に書いた「柿のへたを煎じて飲む」も漢方のひとつになりますが、体の状態によって、細かい処方が変わってきます。ですので、本当に困っているときは、漢方の専門家に相談するのがいいでしょう。いくつかの例をご紹介しますが、ご自分で判断するのは難しく危険なので、必ず専門家に相談してくださいね。

胃寒

重く緩慢で力のあるしゃっくり。胃部に不快感があり、温めると軽減し冷えると憎悪する。口が渇かない。こんな時は胃を温める漢方薬、柿蒂湯(していとう)や丁香散(ちょうこうさん)、丁香柿蒂湯(ちょうこうしていとう)などを使用します。しゃっくりが止まるだけでなく、胃が温まるので、他の症状も軽減します。

 

胃火(胃実熱)

大きくはっきりしたしゃっくりで、口臭、強い口の渇き、尿量が少なく色が濃いような場合、竹葉石膏湯(ちくようせっこうとう)などが処方されます。胃が冷えている場合には合いません。

 

胃陽虚

持続性の微弱なしゃっくり。息切れや手足の冷え、顔色が白い、食欲がない、全身がだるい、尿が近いような場合は、新陳代謝も低下し温める力や全身の機能低下がみられます。旋覆花代赭石湯(せんぷくかたいしゃせきとう)などが処方されます。

 

胃陰虚

促迫した間欠的なしゃっくり、口の中の乾燥、強い口の渇き、舌に苔がほとんどなく亀裂などがあり、便秘になっているような場合は、胃の潤いが不足し胃の機能が低下してるので、潤いを与える益胃湯加減(えきいとうかげん)などが処方されます。

「しゃっくり」に効くツボ

天突(てんとつ)

 

ツボ天突

左右の鎖骨の中心部の窪みが「天突」。身体の奥にむかって、やさしく指圧します。喉はデリケートな部分なので、ゆっくりと3秒押し、3秒離すくらいのペースを、2セットほど行います。しゃっくり以外にも、喉の痛みや、つらい咳を和らげる効果があります。

気舎(きしゃ)

 

ツボ気舎

「天突」の左右それぞれ指2本分の鎖骨の上に位置します。鎖骨や肋骨、腕の動脈や静脈、全身のリンパが集まるツボです。しゃっくりのほかにも、気管支や食堂の症状の緩和にも効果的です。

巨闕(こけつ)

 

ツボ巨闕

へその真上にあり、もっとも下の肋骨の手前にあるくぼみ「みぞおち」の指2本分下に位置します。4本の指をそろえて、押し込むように刺激します。激しい腹痛、嘔吐、呑酸、食欲不振、疲労回復、肩こりにも有効です。

内関(ないかん)

 

ツボ内関

手のひらを上に、手首のシワから指3本分ひじ側にあるツボ。親指でやさしく指圧するのがポイントです。内臓の働きに効くツボで、精神的なイライラ、胃痛、乗り物酔い、二日酔い、吐き気などにも有効と言われています。

「しゃっくり」で病院にかかる場合

症状がひどかったり、長引いたりする場合は、まずは内科を受診します。隠れている原因によっては、消化器内科や神経内科の範疇であることもあります。次のような病気が疑われるので、それらを確認するような診察が行われます。

・脳腫瘍や脳出血などの脳の病気
・肺炎や喘息などの呼吸器疾患
・胃炎や十二指腸潰瘍などの消化器系疾患
・胃がんや食道がんなど
・腎不全などの腎臓病

ネット上には、しゃっくりで深刻に苦しんでいる方の書き込みもよく見られます。そういう方々の多くは、病院にかかっても、まともに取り合ってもらえず、「たかがしゃっくりで」と軽く扱わてしまうようです。嘔吐してしまったり、夜も眠れないくらいの重い症状で苦しんでいる方にとっては、親身に相談にのってくれないことは、ショックですよね。受診する科を変えるなど、きちんと診察してくれる医師を見つけられることを願っています。

ちなみに、病院で「しゃっくり」に対して処方されるのは、以下のような薬です。

・向精神薬 「クロルプロマジン」
・抗けいれん薬 「クロムナゼパム」
・消化器官用薬 「メトクロプラミド」
・中枢性筋弛緩薬 「エペリゾン」
・カルシウム拮抗薬 「ニフェジピン」
・抗不整脈薬 「メキシレチン」

また、胃腸の働きを良くする薬で、吐き気や食欲不振などに用いられる「プリンペラン」という薬を注射することもあるようです。参考になさってください。

おだいじにされてください

たかが「しゃっくり」、されど「しゃっくり」。適切な処置で、一刻も早くしゃっくりのストレスから解放されることを願っています。

重い病気が隠れているケースもありますので、決してあなどらず、48時間以上続いたり、嘔吐や睡眠障害につながるような場合は、必ず受診するようにしてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ