【マイクロバイオーム】体内に共生する微生物たちが、私たちの健康を支えている

スポンサーリンク

「マイクロバイオーム」という言葉を聞いたことがありますか?人の体内に住む100兆もの微生物の群れのことです。微生物たちは僕たち人間の健康に、決定的な役割を果たしています。

マイクロバイオームとは

マイクロバイオーム 花畑

人の身体に関する話題で、今もっとも注目を集めているのが「マイクロバイオーム」です。日本語に訳すと「微生物叢(びせいぶつそう)」。「叢(そう)」とは「くさむら」を意味する言葉です。

つまり、マイクロバイオームとは、人の身体に共生する微生物たちのことです。

このマイクロバイオームの研究が今、健康・医療の分野に革新をもたらそうとしています。最前線で何が明らかになろうとしているのか、見ていきましょう。

マイクロバイオームについては、ネット上に様々な情報がありますが、ここでは2016年3月に、国立研究開発法人 科学技術振興機構 研究開発戦略センターがまとめた「微生物叢(マイクロバイオーム)研究の統合的推進 ~生命、健康・医療の新展開~」という論文を参考にしました。かなり専門的な内容なので、僕には完全に読みこなすことはできませんが、要点を分かりやすくまとめてみたいと思います。

人の身体には数100兆個の微生物がいる!

まず、人の身体は、いくつの細胞で構成されているのか、ご存じでしょうか?

答えは「37.2 兆個」(諸説ありますが…)。

37.2兆個の細胞で形成される私たちの身体の、口耳鼻腔、消化管、皮膚、呼吸器、生殖器といった上皮には、微生物(細菌、真菌、ウイルスなど)が集団を形成して共生しています。

その微生物の数、どのくらいか分かりますか?

腸内だけでも、なんと約 100 兆個!人の身体を構成する細胞の数よりも、はるかに多いのです。驚きですよね。

マイクロバイオーム 図解

(引用:国立研究開発法人 科学技術振興機構 研究開発戦略センター

口耳鼻腔、皮膚、呼吸器、生殖器といった腸以外の部位に共生する微生物も合わせると、いったいどのくらいの数になるのか… この総数に関しては論文に記載がないので正確には分かりませんが、おそらく数100兆個に及ぶのではないでしょうか。

腸内の100兆個に含まれる微生物の種類は、約 1,000 種類。その重さは、約 1~1.5kgに達します。上の図によると、口腔には700種類以上、皮膚にも150種類以上の微生物が共生しています。

これらの微生物のDNAに含まれる遺伝子の数は、約 50 万。人間の身体を構成する遺伝子は約2 万と言われているので、微生物の集団がいかに多くの遺伝子情報を持っているのか、想像を絶するものがあります。これら微生物の遺伝子には、栄養を作り出すための情報や、免疫系や代謝系の調節をつかさどる情報などが書き込まれていて、宿主である人間の生命活動を支えています。

微生物たちは、私たちの身体にただ寄生しているのではなく、私たちが健康に生きていくために不可欠な役割を果たしていて、共生関係にあるのです。私たちの生存そのものに不可欠な存在と言っても過言ではありません。

〔追記〕
口腔に共生している700種類のマイクロバイオームは「口内フローラ」とも呼ばれます。口内フローラの状態が、大きな病気の原因になることもあり、注目されています。詳しくは、こちら↓をどうぞ。
【口内フローラ】心筋梗塞や脳梗塞の原因!?口内の悪玉菌を抑える「緑茶うがい」とは

〔追記〕
皮膚に共生している150種類のマイクロバイオームも、肌の健康や美しさに大きく関係しています。皮膚のマイクロバイオームに着目したスキンケア製品も出てきました。こちら↓も、ぜひご覧ください。
【男子も美肌!】天然ハーブのスキンケアで、輝く中年男子になったる!

マイクロバイオーム研究の歴史

マイクロバイオーム=微生物叢の研究は、1960年代から国内外で活発に行われていました。しかし、当時の技術では微生物叢の全体像を解明するのは困難でした。

そのような状況を大きく変えたのが、2005 年の「次世代シークエンサー」の登場と、それに伴う「メタゲノム解析技術」の発展でした。

マイクロバイオーム 次世代シークエンサー

「次世代シークエンサー」というのは、DNAに含まれる遺伝子の塩基配列を高速に読み出すことのできる装置です。これが開発されたことによって、圧倒的に短時間かつ低コストで、遺伝子情報を解析することが可能になりました。

「メタゲノム解析技術」というのは、 DNA を網羅的に解析する手法のことです。この手法を使って、微生物叢に含まれる遺伝子の膨大な情報が、網羅的に解析されていきました。その結果を踏まえて、微生物叢の集団の中に、どのような種類の微生物がどのくらいの割合で含まれているかも俯瞰できるようになりました。

2008 年になると、欧米で大型プロジェクトが始まり、欧米人の健常者の持つマイクロバイオームのデータが蓄積されるようになります。

こうした基礎的な情報が明らかになることによって、様々な疾患とマイクロバイオームに相関関係があることが分かってきました。人の病気を微生物が引き起こしたり、または抑制したりしている可能性が示されるようになったのです。

2013 年には、健常人の糞便を患者に移植する「便移植治療」の有効性が実証されました。腸内マイクロバイオームに着目した治療法の開発が現実味を帯びてきました。

近年は、どの微生物集団がどのような役割を果たしているのかまで明らかになってきました。さらに、そうした微生物集団が作り出す有効な成分(機能性分子)を同定する研究も進められています。

こうした研究を通じて、新たな治療法や薬の開発が、現実のものとなろうとしています。微生物叢=マイクロバイオームは、健康・医療の分野に革新をもたらす最先端の概念なのです。

マイクロバイオームが関係する疾患

最新の研究によって、マイクロバイオームが関わっている疾患が明らかになってきています。こちらの図をご覧ください。

マイクロバイオーム 疾患と微生物叢の関係

(引用:国立研究開発法人 科学技術振興機構 研究開発戦略センター

 

実に多くの重要な疾患が、マイクロバイオームと密接に関わっていることが分かります。粘膜系の疾患だけでなく、がんから不妊まで、多岐にわたる疾患が挙がっています。自閉症のような精神疾患にも影響していると考えられています。青い字で書かれた項目では、便移植の臨床試験が始まっています。

アトピーや喘息

中でも、アトピーや喘息といったアレルギー疾患は、多くの人を苦しめていますよね。これらも、マイクロバイオームとの関連が指摘されています。

実は、これを裏付ける事実があります。

別の連載記事に書いているのですが、僕は「ハーブデトックス」という手法で、病院送り寸前の健康状態を回復した経験があります。

このハーブデトックスは、マイクロバイオ―ムに関する最新の知見も取り入れられた方法で、腸内環境の劇的な改善を促します。

実はこの手法によって、アトピーや喘息が寛解状態になった事例が、数多く報告されているのです。ここでは写真は掲載できませんが、その効果は驚くべきものです。生まれつき重度のアトピーに悩まされていた患者が、1か月足らずのハーブデトックスによって、すべすべの肌へと変化していくのです。この成果は、アトピーで苦しむ人たちの人生を変えるほどのインパクトを持っています。こうした事例は、一つや二つではありません。非常に高い再現性で、多くのアトピー患者が救われているのです。

この事実は、腸内のマイクロバイオームが、アトピーや喘息といったアレルギー疾患に大きな関わりを持っていることを裏付けています。

※ハーブデトックスについて関心をお持ちの方は、問い合わせフォームからメッセージをお送りください。アトピーの劇的な改善例の写真など、より詳しい情報をご提供可能です。専門のトレーナーとおつなぎすることもできます。

スポンサーリンク

腸内のマイクロバイオーム

マイクロバイオーム 微生物叢カラフル

腸内のマイクロバイオ―ムのことを、近年は「腸内フローラ」などと呼んだりしますよね。フローラとは花畑のこと。腸管内を顕微鏡で見ると、まるで花畑のように見えることから、このように呼ばれるようになりました。

先ほど「約1000種類」とご紹介したように、マイクロバイオームは多種多様であるほど理想的とされています。しかし、現代を生きる私たちは、この多様性を失わせるような生活をしています。

現代人は微生物叢の多様性を失っている

現代人の生活は、微生物叢=マイクロバイオームの多様性を失わせています。次のような要因が関わっています。

・偏った食生活
・睡眠不足
・ストレス
・抗生物質の乱用

ほとんどの皆さんが、これらすべてに該当するのではないでしょうか。抗生物質など、ちょっと風邪をひいただけでも、すぐに病院で処方されて、何の疑いもなく服用していますよね。でも実は、こうした抗生物質の乱用によって、腸内の有益な善玉菌の多くが死滅し、自己免疫疾患、肥満や生活習慣病を引き起こしていると考えられているのです。

上記の項目の他にも、「予防接種」や「帝王切開による出産」なども、腸内マイクロバイオームに悪影響を与えると言われています。

現代に生きている以上、マイクロバイオームをいい状態に保つのは非常に難しいことなのだということが分かります。

では、どうすればいいのでしょうか?

食生活、睡眠、ストレスの改善

月並みですが、上に挙げた要素を、取り除いていくことが、マイクロバイオームをいい状態に保つための基本となります。つまり、

・バランスのとれた食生活
・十分な睡眠
・ストレスの緩和

でも、皆さん思いますよね。「それができたら苦労しないよ!」と。僕自身、食生活はかなり気を付けるようになりましたが、睡眠は4~5時間がデフォルト。会社も家庭もストレス満載です。これらは簡単に改善できるものではないですよね。

そこで、簡単に生活に取り入れることができて、効果を得やすいのが乳酸菌サプリメントです。

手軽に始められる乳酸菌サプリメント

腸内の善玉菌を増やすには、ビフィズス菌や乳酸菌をサプリメントを活用するのが近道です。さらに、善玉菌の餌になるオリゴ糖や食物繊維を補助的に摂ると、効果がたかまるでしょう。

サプリメントには本当に多くの商品があって、選ぶのが大変です。そこで、ひとつオススメの乳酸菌サプリをご紹介しましょう。その名も「カルグルト」。公式サイトはこちら↓。

この乳酸菌サプリの特徴は、「健康な日本人の赤ちゃん」が持つ乳酸菌が採用されていること。そして、5種類もの乳酸菌が組み合わされている点(多くの商品は1~2種類)です。作用の異なる個性的な乳酸菌が5種類も含まれているので、腸内フローラをいい状態にするのに大いに役立ちます。実際に服用してみた僕の感想を、こちら↓の記事に書いてみたので、ぜひ参考になさってください。
【乳酸菌サプリ】腸内環境の改善を強力にサポート!「カルグルト」の効果(感想・口コミ)

ハーブデトックスの勧め

ハーブ タイトル

乳酸菌サプリはコスパもよく手軽に始められる方法ではありますが、本格的に腸内環境をリセットしようと思うならば、僕は「ハーブデトックス」を強くオススメします。先ほどアトピーの項目でも述べましたが、繰り返し書かせていただきます。

2014年に日本に上陸したこの手法は、長期間の断食(僕の場合は4週間)と、良質なハーブ製品を組み合わせることで、腸内環境と血管・血液の状態を劇的に改善するものです。

短期間の酵素ファスティングなどと決定的に異なるのは、長期間取り組むことで、腸の状態を完全にリセットできる点、良質なハーブを摂取することによって栄養状態を最適に保てること、そしてハーブに含まれるL-アルギニンやクロロフィルの効果によって、血管・血液の状態を改善できる点にあります。

そして、使用するハーブ製品の中には、腸内マイクロバイオームの改善に特化したものも含まれています。水溶性、不溶性、発酵性という3種類の食物繊維を含んだ製品は、驚くほどの便秘解消効果があります。また、乳酸菌、ビフィズス菌と、その餌になるオリゴ糖が豊富に含まれた顆粒の製品は、デトックスできれいになっていく腸内に、豊富な善玉菌を確実に送り届け、腸内マイクロバイオームを最適化してくれます。

これらの効果は圧倒的で、僕の場合は7週間で体重10kg減、体脂肪率も7%減でベストな状態になり、5か月経った今もリバウンドが一切ありません。短期間でメタボからの脱却を果たすことができました。

それだけでなく、思考が明晰になって仕事の生産性が各段に上がりました。また、気持ちも明るく前向きになり、自分の人生を楽しむという意識が芽生えました。ですから、上記の「マイクロバイオームが関係する疾患」に精神疾患が含まれているのも、体感として納得できるのです。

さらに、皮膚のマイクロバイオームに着目したスキンケア製品の開発もなされています。僕も40代のおっさんながら、生まれて初めてスキンケアに取り組み、恥ずかしながら輝くような美肌を手に入れつつあります。

こうした効果を、多くの人が体感しています。2014年に日本に導入されて以来、人づてに広がりを見せるハーブデトックスは、2016年には実践者が1万人を超えたと言います。2017年以降、さらに増えていくことでしょう。

これは体験者の感動が伝播していった結果に他なりません。僕がこうしてしつこく体験談を書き続けているのも、健康状態に悩む多くの方に、ハーブデトックスの素晴らしさをお伝えし、一人でも多くの方が僕と同じように救われることを願っているからです。

【ハーブデトックス】連載の構成

ハーブデトックスに関するブログは、プロセスの順を追って以下の記事で構成されています。

【ハーブデトックス】身体の毒素をすべて排出!2ヶ月間の断食プログラムに挑戦(体験談1)

【ハーブデトックス】体脂肪を燃やす圧倒的なパワー「燃焼系ハーブ」のすごい効果(体験談2)

【ハーブデトックス】L-アルギニンの効果で腸内の毒素がクリーニングされる(体験談3)

【ハーブデトックス】「腸は第二の脳」を実感!腸がきれいになると心が変わる(体験談4)

【ハーブデトックス】6週間で体重が8.6kg減!体脂肪率も6%減!驚愕のダイエット効果(体験談5)

【ハーブデトックス】究極のデトックスが教えてくれた「食」への意識改革(体験談6)

【ハーブデトックス】リバウンドなし!ベストな体重と体脂肪率をキープできる革新的なデトックス(体験談7)

【ハーブデトックス】4か月後もリバウンドなし!体重も体脂肪率も理想値をキープできた理由とは(体験談8)

【ハーブデトックス】半年が経過 ―3週間の「メンテナンス・デトックス」を決意させた心身の変化とは(体験談9)

〔関連体験記〕
僕がハーブデトックスに取り組む大きなきっかけとなった、ある健康チェック。たった2分半の測定で、血管年齢や臓器の状態、ストレス指数などが分かる最新の測定器、U-BIO(ユーバイオ)について。
【ハーブデトックス】血管年齢やストレス、各臓器の状態が測定できるすごいマシン「U-BIO」(体験談)

天然ハーブを配合したスキンケアに挑戦!中年男子は輝く肌を手に入れられるのか!? ハーブデトックスシリーズのスピンオフ的な感じで記事にしてみました。こちら↓もぜひ!
【男子も美肌!】天然ハーブのスキンケアで、輝く中年男子になったる!

〔参考記事〕
ハーブデトックスの考え方の根幹にある「マイクロバイオーム」についてまとめました。健康・医療の分野に革新を起こそうとしている最先端の知見を、分かりやすく解説します。
【マイクロバイオーム】体内に共生する微生物たちが、私たちの健康を支えている ←いまここ

血管の強化をサポートするL-アルギニン。ノーベル医学・生理学賞を受賞した重要な知見について解説します。
【L-アルギニン】体内でNO(一酸化窒素)を作り出し血管のめぐりを高めるアミノ酸

緑色の野菜に含まれるクロロフィル(葉緑素)。ハーブデトックスの中心選手として健康を強力にサポートする色素について解説します。
【クロロフィル】葉緑素は「デトックス作用」と「造血作用」を持つスーパー色素

〔関連記事〕
横綱・白鵬を5場所ぶりの全勝優勝に導いた「ファスティング」について。ハーブデトックスとは異なる手法ですが、参考までにどうぞ。
【ファスティング】横綱・白鵬が取り組み、全勝優勝に導いた断食の方法とは

※このハーブデトックスのプログラムで使用しているハーブのメーカー名や製品名については、ここでは伏せさせていただいています。興味のある方は、僕のサポートをしてくれたトレーナーを紹介することができます。問い合わせフォームからメッセージをいただければと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ