【コウノドリ】2017年 第3話 産後うつの深刻な現実、そして無痛分娩が必要なケース

スポンサーリンク

2017年10月からスタートしたドラマ「コウノドリ」の第2シリーズ。10月27日放送の第3話では、産後うつと無痛分娩の現状がリアルに描かれ、感動を呼びました。二つの話題の情報も的確に盛り込まれていて、見応えがありました。

無痛分娩で出産する妊婦

以前、このブログで「コウノドリ」原作漫画の第10巻で描かれた無痛分娩の回を取り上げたことがありました。

〔関連記事〕
【無痛分娩】漫画「コウノドリ」第10巻を読んで(※ネタバレ注意)

ここでご紹介したお話が、産後うつのエピソードと同時進行する形で、ドラマに取り上げられたわけです。

「肺動脈狭窄症」という心臓疾患を持つ若い妊婦、山崎麗子を演じたのは、AKB48の元メンバー、川栄李奈さん。

彼女が抱えている病気について、綾野剛さん演じる主人公の産科医、鴻鳥サクラは、こんな風に説明します。

「肺動脈狭窄症は、心臓から肺へ行く動脈の弁が狭くなっている病気です。弁が狭いので肺に血液を送るために心臓は頑張ってポンプします。なので心臓に負担がかかるんです。日常生活は問題ないと思います。ただ出産は別です。自然分娩の場合、赤ちゃんを産む時、お母さんは身体中に力を入れていきみますよね。陣痛も日常にはない負担を心臓にかけますから、分娩時痛みを逃がす麻酔が必要なんです」

この妊婦に対して鴻鳥先生は、医療的な措置として「無痛分娩」を勧めます。

ここで注意が必要なのは、近年急速にその数が増えている「妊婦希望による無痛分娩」ではない、ということです。

妊婦希望の無痛分娩を受け付けるべきか

鴻鳥先生が務める聖ペルソナ総合医療センターの産科では、妊婦希望による無痛分娩は受け付けていません。この事情について、医師どうしで、こんなやり取りが繰り広げられます。

鴻鳥「それに山崎さん、無痛分娩って言われて、驚いただろうしね」

小松「ペルソナじゃ珍しいよね」
(※吉田羊が演じる助産師)

赤西「そうなんですか?」
(※宮沢氷魚が演じる研修医)

鴻鳥「うちは希望の無痛分娩は受け付けてないからね。心疾患とか必要な理由がある妊婦さんだけ」

下屋「でも最近増えてますよね。あたしの友達も無痛で産んだんですけど、産後すっごく楽だったって」
(※松岡茉優が演じる産科の後輩医師)

赤西「時代のニーズだと思いますよ。欧米では半分以上が無痛の国もありますし、日本は遅れてるんじゃないですか?」

鴻鳥「うーん、それはね…」

四宮「じゃあ、お前は産科麻酔の専門医やるか?」
(※星野源が演じる産科の同僚)

赤西「産科麻酔?」

四宮「毎日ひっきりなしに搬送があって、予期できない陣痛に備えて、麻酔を始めて管理していく。どうやったら全部の病院でそれができるようになると思う?」

赤西「えっと…」

四宮「うちの病院の場合、産科医と麻酔科医、相当な数を増やさなきゃできるわけないだろ。外国では産科麻酔の専門医がいて、それができてんだよ。ちょっとは頭使えよ、ジュニア君」

このやり取りは、日本の産科医療の現場が、まだまだ無痛分娩を受け入れられる体制にないことを物語っています。

聖ペルソナ総合医療センターの産科は、その点、非常に誠実な対応をしていると言えます。産科麻酔の専門家を24時間体制で常駐できる環境にない以上、妊婦希望による無痛分娩は受け付けないということを明確にしているからです。

研修医の赤西が言うように、無痛分娩を「時代のニーズ」と捉え、ビジネスとして受け入れる病院が増えています。ですが、そのほとんどは産科麻酔の専門医など置いていません。小さな個人病院において、院長自らが硬膜外麻酔と分娩の両方をやっていたりするのです。

そのような脆弱な体制が、ここ数年で数多くの医療事故をもたらすことになってしまいました(後述の関連記事を参照)。

無痛分娩と迷信のはざまで

心臓疾患を抱える妊婦、山崎麗子は、すぐに迷信や人のいい加減な話を信じてしまうキャラクターとして描かれています。

友人にでたらめな話を吹き込まれた麗子は、鴻鳥先生に「無痛分娩をやめたい」と言い出します。

鴻鳥「無痛分娩をやめたい?どうしてですか?」

山崎「友達に言われたんです。無痛分娩で産むのは、赤ちゃんより自分のことが大切なんだって。楽して産むんだから、おっぱいも出ない。自然で産んだ母親の愛情にはかなわないから可愛そうって。先生、私痛いの我慢します。だから無痛分娩やめてください」

鴻鳥「もちろん、予定通り無痛分娩します」

山崎「でも…」

鴻鳥「山崎さんのお産に麻酔は最善の策です」

山崎「でも、おっぱい出ないと困るし…」

鴻鳥「山崎さん、妊娠出産は一人一人違います。考え方も人それぞれです。自然に出産する人もいれば、自分から希望して無痛分娩で出産する人もいます。僕は正直、どちらを選んでもいいと思っています」

山崎「なら、自然分娩でお願いします」

鴻鳥「おすすめできません」

山崎「なんで?」

鴻鳥「山崎さんは心臓疾患合併です。母体に負担がかかると赤ちゃんにも負担がかかります。僕は産科医なので、お友達のでたらめ話のせいで、二つの命を危険にさらすことは絶対にできません。無事に出産を終わらせる。それが僕らの仕事なんです」

下屋「山崎さんの場合はまず、手術した心臓になるべく負担をかけずに出産することが大事だと私も思います」

鴻鳥「それが赤ちゃんとの新しい生活につながっていくと思います。出産は終わりじゃない。始まりですから」

山崎の夫「俺も先生の言う通りだと思う。痛みがなきゃ愛情が生まれないって言うなら、俺たち男はどうやって父親になればいいんだよ」

山崎「あ、そっか…!」

鴻鳥「自然分娩も帝王切開も無痛分娩も、立派な出産です。育む気持ちや愛情は、僕たちではなく赤ちゃんが教えてくれますよ」

無痛分娩のメリット

今回のドラマでは、無痛分娩のお産のシーンが、非常にリアルに描かれていました。グリーンの白衣を着た産科麻酔の専門家が、陣痛を感じ始めた妊婦に硬膜外麻酔を施します。すると、すぐに陣痛が和らいでいきます。

痛みを感じなくなると、いきむのが難しくなると言われています。ドラマでは助産師たちが上手に声をかけて、いきむタイミングを伝えることで、順調にお産が進んでいきます。

下屋医師が会陰切開を、鴻鳥医師が鉗子を使った分娩のサポートをします。このあたりの描写も非常に細やかで感心しました。

赤ちゃんが出てくる瞬間、麻酔で痛みを感じないながらも、出産の感触を感じ取ろうとする妊婦。取り上げられた赤ちゃんを見て、すぐに愛情を感じます。「おなかを傷めないと、母親の愛情が湧かない」という迷信が、今でもまことしやかに言われますが、そんなことはないのです。

このように無痛分娩を採用することで心臓疾患の悪化を抑えながら、赤ちゃんに対する愛情もきちんと感じながら出産。ひとつの理想形が描かれています。

とてもフェアに描かれたドラマで感心しましたが、僕がひとつ心配なのは、今回のドラマを見て、安易な理由で無痛分娩を希望する妊婦がいたずらに増えてしまうことです。麻酔科医不足によるリスクがある以上、健康な妊婦さんは自然分娩を選択してほしいと願います。

スポンサーリンク

産後うつのリアル

今回のドラマのもう一つ重要なエピソードは「産後うつ」です。無事に出産を終えたキャリアウーマンの妊婦、佐野彩加(高橋メアリージュン)をめぐる物語が描かれます。

彩加の赤ちゃん、みなみには「心室中隔欠損」という先天的な障害があります。出産後すぐに職場に復帰したいと希望していた彩加にとって、娘の病気は職場復帰を妨げるものとして映ります。

彩加を追い詰めていくのは、娘の病気だけではありません。彩加の母親は「子供が3歳になるまでは、母親がそばにいるべき」と、勝手な理想を押し付けてきます。

ナオト・インティライミ演じる彩加の夫は、「会社では僕、イクメンって言われてるんです」などと言いながら、妻の悩みに寄り添うことができず、こんな言葉を投げかけます。

夫「ただいま。…ねぇ、みいちゃん泣いてるよ?オムツじゃないの?」

彩加「私、絶対保育園に入れるから」

夫「あのさ、復帰はもうちょっとゆっくりしてからでもいいんじゃないの?そんな焦らなくても」

彩加「焦るに決まってんじゃない!早く戻んないと今のポジションなくなっちゃう。もうデッドラインだって何度も言ってるでしょ?」

夫「やめてよ、もう。なんでそんなにイライラしてんの。出産してから性格変わったよ。このままじゃ俺、しんどいよ」

この「出産してから性格変わったよ」という夫の言葉に対しては、放送後、女性の立場から多くのコメントが寄せられていました。性格が変わったんじゃない。人生が変わったんだ。そのことに対する共感のなさに、妻は絶望するんだと…

産後うつは深刻な結果をまねく

追い詰められていく彩加にとどめを刺したのは、職場の後輩からの報告でした。自分の復帰を待たず、プロジェクトのリーダーの座が、彩加の同期に奪われたというショッキングな事実。

これで精神の均衡をギリギリ保っていた最後の糸が切れてしまいます。

彩加のような産後うつの疑いのある出産後の女性に対して、産科医がどのように関わるべきか。ここにも大きな葛藤があります。

何とか力になりたいと願う鴻鳥と助産師の小松に対して、四宮は違う立場を取ります。彩加に個人的な連絡先を渡そうとした小松の行動をきっかけに、次のような議論が起こります。

小松「日本の妊産婦の死因に自殺が多いのは知ってますよね?産後に自殺した人の3割が産後うつだって言われてます。精神疾患はなかったと言われている4割の人も、診断されていなかっただけで、そこまで追い込まれていたんだと思う。

私は、今苦しんでるお母さんがいるのに、ほっとけません!それは四宮先生が大事にしている赤ちゃんを大切にすることにもつながるんじゃないんですか!?」

四宮「それは、理解してますよ。でも、1日に何人も診る中で、その上で、心療内科みたいなことをするんですか?」

鴻鳥「話を聞くだけでも楽になってくれるお母さんもいるかもしれない。手遅れになる前に何かできることがしたい、そう思うのは間違ってないよ」

四宮「あのな…!」

今橋「こうのとり先生が言っていることも、四宮先生が言っていることも、どちらも正しい。だからこそ、産後うつ、この問題は難しい。小松さんの気持ちはわかる。だけど今回のことはルール違反です」
(※大森南朋が演じるNICUのリーダー)

小松「すいません…」

今橋「感情の赴くままに患者さんの心に踏み込んでいっても、逆にそれが彼女たちを追い詰めてしまうこともあるからね」

妊産婦を産後うつから守るために

彩加は病院の屋上から身を投げようとするところを、主治医の四宮に救われます。駆け付けた夫に対して、四宮が放った言葉は、夫婦のあり方の本質に触れるものとして、大きな反響を呼びました。

夫「大丈夫か?どうしてこんなことを…言ってくれよ。夫婦は二人でひとつって、お母さんも言ってたじゃない」

四宮「なんだそれ。人間は二人でひとつになんかなれない。死ぬまで一人だよ。たとえ夫婦でも、別々の人間だからこそお互いを尊重し合う。それで初めて助け合えるんだろ

互いに自立した人間どうしだからこそ、助け合える。これは夫婦関係を考える上で、非常に重要なポイントです。自立できないまま結婚してしまったことで、妻を傷つけ、夫婦関係を破綻させてしまった僕にとって、四宮医師の言葉は胸に突き刺さるのです。

夫は妻が身ごもった時点で、「真の自立とは何か」を真剣に考えなければなりません。そして自立した男として、妻の妊娠生活を支え、出産をサポートし、産後を主体的に生きることが大切です。

そんな夫のあり方が、妻を産後うつから守るのだと思います。

母親も父親も0歳 ―親が成長していくために―

大きな感動を呼んだ第3話。特に高橋メアリージュンの真に迫った演技には心を打たれました。

彩加「ごめんなさい…なんかほっとして…みんな可愛い可愛いって言うのに、私は全然可愛いって思えない。あんなにほしかった赤ちゃんなのに、私おかしいのかなって」

鴻鳥「産後はホルモンのバランスが崩れます。そこに慣れない子育てが重なって、精神や体調のバランスを崩す方は決して少なくありません。みんなが陥る可能性のある症状なんです

彩加「そうなんですね。でも自分がかかるなんて、まったく思ってなかったです」

鴻鳥「紹介する先生には、四宮から佐野さんの状態をしっかり説明しています」

彩加「ありがとうございます」

向井「あと、こちらですが、お母さんと赤ちゃんに集まる場所を提供している団体があるんです。色々子育て相談もしているので、気分転換に」
(※江口のりこが演じるメディカルソーシャルワーカー)

彩加「でも、私が利用していいんですか?」

向井「もちろん!どなたでも利用していいんです」

小松「佐野さん、他の人の力を頼るのは、ダメなことじゃないよ。みんな当事者じゃないからさ、勝手に理想を押し付けてくるけど、そんなのポイしちゃえばいいから」

向井「私もこんな仕事してますけど、子供、窓から投げ出したいって思ったこと、何度もありますよ。みんな子育て美化しすぎです。髪振り乱して必死にやってるんです。少しくらい誰かに頼ったっていいんですよ」

彩加「そんなこと、考えてもなかったです…」

鴻鳥「佐野さん、赤ちゃんが0歳なら、お母さんもお父さんも0歳ですよ

親も赤ちゃんの誕生を機に、一緒に成長していけばいい。このことに気付かせてくれるシーンでした。

そして、彩加の夫にも変化が。

「俺、イクメンじゃなくて、父親になるから」

この言葉、かつての自分に聞かせてやりたい。妻が妊娠しても自立できなくて、出産時もろくなサポートができなくて、産後も妻への共感を持てなかった最低の夫。

もっと早く気付くことができたなら、僕の夫婦関係は、もう少し違ったものになっていたような気がします。

様々な気付きを与えてくれるドラマ「コウノドリ」。これからも見続けて、僕自身少しずつでも成長していきたいです。

「コウノドリ」関連の記事

産科医療の現場を描いた名作漫画「コウノドリ」とそのドラマ。大きな感動と考えるきっかけを与えてくれるこの作品について、いくつかの記事を書いています。

〔原作漫画〕
漫画「コウノドリ」第1巻に、「切迫流産」のエピソードが紹介されました。厳しい現実に夫婦はどう向き合うのか。学ぶことのたくさんある作品、これからパパになる男性にもぜひ読んでいただきたいです。
【コウノドリ】漫画 第1巻 「切迫流産」のリスク ―症状と対処法・治療法―

無痛分娩に関して、原作漫画に描かれたエピソードについて書きました。
【コウノドリ】漫画 第10巻 「無痛分娩」が心疾患を抱える妊婦に適用されるケース

〔2017年秋のドラマ第2シリーズ〕
第3話は、産後うつの深刻な現実を突き付け、大きな反響を呼びました。原作漫画の第10巻に登場した無痛分娩のエピソードもドラマで描かれました。
【コウノドリ】2017年 第3話 産後うつの深刻な現実、そして無痛分娩が必要なケース

第4話では、第1子を帝王切開で生んだお母さんが第2子を自然分娩で生もうとトライするケースが描かれました。
【コウノドリ】2017年 第4話 トーラック(TOLAC)とは ―帝王切開後の自然分娩のリスク―

第5話では、死産に直面したお母さんとその夫の姿が描かれました。日本における死産の現状についても、記事で触れています。
【コウノドリ】2017年 第5話 おなかの中で亡くなった赤ちゃん ―IUFD(子宮内胎児死亡)の現実―

第6話では、甲状腺に持病を持った妊婦が急変して亡くなってしまうという痛ましいエピソード。そのリスクについて考えました。
【コウノドリ】2017年 第6話 妊婦と甲状腺機能亢進症 ―甲状腺クリーゼのリスクを知る―

無痛分娩に関する記事について

僕の妻が無痛分娩による後遺症で苦しんだこともあり、関連する記事をたくさん書いてきました。ここに、まとめておきます。

まず、僕の妻のケースを詳述した最初の記事。硬膜外麻酔がうまくいかず、硬膜穿孔による脳脊髄液減少症の後遺症に苦しみました。この記事は、多くの方の目にとまったようで、僕の零細サイトの中でも、最も閲覧数の多い記事となっています。
【無痛分娩のリスク】 僕の妻の体験談 「脳脊髄液減少症」という過酷な医療事故

ネット上に残されている無痛分娩に関する体験談をまとめた記事です。うまくいったケースから、死亡事故のケースまでを挙げています。
【無痛分娩】副作用や死亡事故も…体験談まとめ

医療現場の人間模様を描いた漫画「コウノドリ」にも、無痛分娩に関する1話があります。産科の抱える課題も見えてくるもので、ぜひ読んでいただきたい作品です。
【無痛分娩】漫画「コウノドリ」第10巻を読んで(※ネタバレ注意)

その「コウノドリ」の無痛分娩のエピソードが、2017年10月にドラマ第2シリーズの第3話として放送されました。
【コウノドリ】2017年 第3話 無痛分娩の必要性と産後うつの現実(※ネタバレ注意)

2017年4月以降、無痛分娩にからむ事故が相次いで報道されました。時系列で整理しておきます。

まず、2011年4月に京都の産院で起こった医療過誤訴訟。赤ちゃんが脳に重大な障害を持って生まれ、その後3歳で亡くなったという痛ましい事故でした。事故の原因のひとつとして「陣痛促進剤」の過剰投与が示唆されています。
【無痛分娩】2011年4月、京都「ふるき産婦人科」の事故 脳に障害、3歳で死亡 ―陣痛促進剤の過剰投与か―

次に、2012年11月に京都の同じ病院で起こった訴訟。母子ともに意思疎通のできない重大な障害を負いました。原因の可能性として「局所麻酔薬中毒」が挙げられました。
【無痛分娩】2012年11月、京都「ふるき産婦人科」の事故 母子ともに脳障害で提訴 ―局所麻酔薬中毒か―

2015年2月には、特定機能病院に指定されている順天堂大順天堂病院でも事故が起こりました。2014年から24時間体制で専門の麻酔科医がバックアップする体制を導入していましたが、死産および子宮全摘出という痛ましい事故となり、裁判となっています。
【無痛分娩】2015年2月、高度な医療を誇る順天堂大順天堂病院で死産 ―陣痛促進剤を説明せずに投与か―

2015年8月には、神戸の病院で、36歳の母親が陣痛促進剤の過剰投与と思われる子宮からの大量出血などで亡くなる事故がありました。異変が起こった後の病院側の対応にも問題があり、刑事告訴されました。
【無痛分娩】2015年8月、神戸「母と子の上田病院」の事故 36歳の母親が死亡 ―陣痛促進剤の過剰投与で刑事告訴―

2015年9月に、同じく神戸の別の病院で起こった事故。硬膜外麻酔の手技とその後の管理に、明らかに杜撰な点が見られ、母親が死亡、赤ちゃんも脳に重い障害を負いました。。
【無痛分娩】2015年9月、神戸「おかざきマタニティクリニック」の事故 35歳の母親が死亡 ―麻酔科医の不足が一連の事故の根底に―

さらに、2016年5月にも京都の同じ病院で医療事故が起こっています。この事故でも、母子ともに意思疎通のできない重大な障害を負いました。原因として「全脊髄麻酔状態」が考えられています。
【無痛分娩】2016年5月、京都「ふるき産婦人科」の事故 母子ともに脳障害で提訴 ―全脊髄麻酔に陥ったか―

2017年1月には、大阪の産院で、31歳の母親が出産中に呼吸不全に陥って意識不明となり、その後亡くなるという死亡事故が起こりました。僕の勝手な推測で、麻酔薬によるアレルギー反応(アナフィラキシーショック)について検証してみました。
【無痛分娩】2017年1月、大阪「老木レディスクリニック」の事故 31歳の母親が死亡 院長が書類送検 HPの虚偽記載も

2017年4月17日の新聞記事に、無痛分娩が妊産婦の死亡率を上昇させるとのショッキングな記事が掲載されました。この記事の内容について検証してみました。
【無痛分娩】2017年4月の日本産科婦人科学会で発表された「無痛分娩で13人死亡」の真相とは

これらの事故(2017年4月~6月に相次いで報道された)を受けて、日本産婦人科医会が全国の産婦人科に対して実態調査を行うことになりました。今後の安全性向上に生かされるよう、強く希望します。
【無痛分娩】日本産婦人科医会が実態調査を開始 ―現場の状況を把握し、これ以上の犠牲者を出すなー

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ