【花粉症】腸内環境を改善すれば花粉症は治る!デトックスで完治した僕の体験談

スポンサーリンク

3月に入り、スギ花粉の飛散がピークに。いよいよ本格的な花粉症の季節が到来しました。辛い日々を送っておられる方も多いと思います。対策を論じる前に、まず花粉症を根本的に治療するにはどうすればいいかをお伝えします。

花粉症とは

花粉症 タイトル

日本人の25%が悩んでいるという花粉症。いまや「国民病」とも言えるほどの広がりを見せています。まずは基本情報として、その症状から見ていきます。風邪との違いにポイントを置いて説明していきます。

花粉症の症状

〔鼻水〕
花粉症の場合、サラサラした水っぽい鼻水が止めどなく流れ出ます。

それに対して風邪の場合は、病状の進行に伴って粘性のある鼻水に変化してくという違いがあります。

〔くしゃみ〕
花粉症の典型的な特徴がくしゃみです。連続して出ます。

それに対して風邪の場合は、それほど高い頻度ではくしゃみは出ません。

〔鼻づまり〕
花粉症の場合は、症状が重く、鼻孔の粘膜が腫れ上がって、両鼻とも詰まってしまう(鼻閉)ことが起こります。

それに対して風邪の場合は、両鼻とも詰まってしまうことはあまりありません。

〔目のかゆみ〕
花粉症の典型的な症状のひとつ。非常にかゆくなって、真っ赤に充血することも。

それに対して風邪の場合は、目のかゆみはありません。

〔症状の継続する時間〕
花粉が飛んでいる間は、ずっと症状が続きます。

それに対して風邪の場合は、ウイルスの増殖を免疫が抑え込むことで、長くても1週間程度で快方に向かいます。

花粉症の起こる季節

花粉症 時期

関東エリアを例に見てみましょう。(引用:エスエス製薬

引用先のサイトには、北海道から九州までエリアごとの傾向が示されていて、とても参考になります。

関東エリアは、季節を問わず、常に花粉が飛散しているのが特徴です。他のエリアと比較すると、花粉の種類も量も圧倒的に多いことがよく分かります。

まず、2~4月に大量に飛散するのがスギ。3月中旬からはヒノキの飛散もピークを迎え、花粉症患者にとっては受難の季節となります。

あと代表的なのが、秋(8月下旬から10月上旬にかけて)に飛散のピークを迎えるブタクサ。これに苦しめられている人も多いと思います。

これらの代表的な植物以外にも多くの樹木が年間を通じて花粉を出し続けています。

花粉症と免疫の関係

花粉症はアレルギー症状のひとつで、「季節性アレルギー性鼻炎」「季節性アレルギー性結膜炎」とも呼ばれています。植物の花粉がアレルゲン(抗原)となります。

本来、花粉は体内に入っても無害です。ですので、花粉そのものが悪さをしているわけではありません。

本来無害な花粉に対して、異物が侵入したと誤って感知することで、過剰に免疫が働いてしまう状態が「アレルギー反応」です。

免疫細胞が花粉を異物と誤認すると、「IgE抗体」が生成されます。

IgE抗体は、目や鼻の粘膜で、花粉の侵入を待ち受けます。侵入した花粉がIgE抗体と結合すると、それが引き金となって、肥満細胞からヒスタミンなどの化学物質放出されます。その結果、花粉を洗い流すための鼻水、吹き飛ばすためのくしゃみ、侵入を防ぐための鼻づまり、といったアレルギー症状が現れます。

免疫力の低下が花粉症をまねく

なぜ、免疫細胞は、本来無害である花粉を異物と誤認するのでしょうか。それは、免疫力が低下することによって、免疫細胞が正常に働かなくなっているためだと考えられています。

ではなぜ、免疫力は低下するのでしょうか。ストレスや栄養バランスの偏りなどが原因と考えられていますが、その根本的な原因は「腸内環境(腸内フローラ)」にあると、最近の研究で明らかになっています。

免疫を司るのは腸内環境

人の身体を守る免疫細胞の約70%が腸に集中してと言われています。なぜかというと、栄養素を吸収する腸は、外敵が侵入するリスクが大きく、しっかりと防御する必要があるからです。病原菌などの外敵を素早く感知し、攻撃・排除するために、免疫細胞が24時間365日、常に腸を守り続けているのです。

免疫力については、次の記事も参考になさってください。
【免疫力を高める方法】今日からできる8つの生活習慣
【免疫力を高める食材】風邪に打ち勝つ食べ物13選

腸内環境を構成する「善玉菌」と「悪玉菌」

腸内フローラ(花畑)

腸内には、約500種類、100兆個の細菌が住み着いています。その細菌は「腸内細菌」と言われるています。腸内細菌の種類は、乳酸菌を代表とする善玉菌と、有害菌である悪玉菌、そして環境次第でどちらにもなる「日和見菌」の3種類で構成されています。

小腸から大腸にかけては、これらの腸内細菌がびっしり存在しています。それを花畑に例えて、ギリシア神話の花の女神の名前から「腸内フローラ」とも呼ばれます。

健康な人の腸内では、善玉菌と悪玉菌がバランスよく保たれています。善玉菌が適切な割合で存在すると、それが腸内において、免疫細胞を鍛える役割を果たします。

しかし現代人の多くは、ストレスと栄養バランスの偏りによって、善玉菌よりも悪玉菌が優勢となり、腸内フローラのバランスが崩れています。免疫細胞は腸内で鍛えられず、免疫力が低下してしまいます。その結果、花粉症や喘息、アトピーといったアレルギー症状が起こりやすくなっているのです。

スポンサーリンク

腸内環境の改善で花粉症を根本治療

腸内環境を改善することができたら、免疫力がアップし、結果的に花粉症の根本治療につながると考えられています。

では、どのようにしたら腸内環境(腸内フローラ)を整えることができるのでしょうか。いくつかの有効な方法をご紹介します。

ビフィズス菌や乳酸菌飲料を摂取する

Yogurt

善玉菌の代表格である「ビフィズス菌」や「乳酸菌」を摂取することで、腸内環境の改善が期待できます。ヨーグルトや乳酸菌飲料など、良質なものを飲んでみてください。毎日摂取することが重要ですよ。

発酵食品を食べる

納豆

漬物、ヨーグルト、チーズなどの発酵食品には「乳酸菌」がいます。味噌には「麹菌」がいます。これらの発酵食品を食べると、腸内の善玉菌の増加につながります。

オリゴ糖や食物繊維を摂取する

「オリゴ糖」や「食物繊維」は、胃で消化・吸収されることなく大腸まで達します。そして、腸内細菌の栄養源となります。

 

これらの成分は野菜や果物類、豆類などに多く含まれているので、野菜をしっかり食べるようにしましょう。特に、ゴボウ、大根、レンコンはオススメです。

人工的な添加物を避ける

加工食品などに含まれる「食品添加物」は、できるだけ避けましょう。大量に摂取すると、腸内細菌が減る可能性が報告されています。

例えば、保存料として使われる「ソルビン酸」という成分は、食材の中に混ぜておくと腐敗の進行を止める作用があります。そのため、ハムやソーセージといった様々な加工食品に使われています。

しかし、最近の研究で、ソルビン酸は腸内の善玉菌の増殖を阻害することが分かってきました。人工的な食品添加物には、こうした負の側面がありますので、極力摂取しないことが望ましいと考えられます。

こうした対策については、次の記事により詳しく書いています。ぜひご覧ください。
【花粉症に効く食べ物】アレルギー症状を抑えるための食材まとめ

腸内環境を劇的に改善するハーブデトックス

ハーブ タイトル2

このように、腸内環境を整えるための工夫が色々とあるわけですが、もっと根本的に、もっと劇的に、しかも短期間で腸内の環境をリセットする方法が、僕が2017年の年始に取り組んだ「ハーブデトックス」のメソッドです。

ハーブデトックスに関しては、以下の記事を参考にしてください。

【ハーブデトックス】身体の毒素をすべて排出!2ヶ月間の断食プログラムに挑戦(体験談1)

【ハーブデトックス】体脂肪を燃やす圧倒的なパワー「燃焼系ハーブ」のすごい効果(体験談2)

【ハーブデトックス】L-アルギニンの効果で腸内の毒素がクリーニングされる(体験談3)

【ハーブデトックス】「腸は第二の脳」を実感!腸がきれいになると心が変わる (体験談4)

【ハーブデトックス】6週間で体重が8.6kg減!体脂肪率も6%減!驚異のダイエット効果 (体験談5)

ハーブデトックスで花粉症が完治(体験談)

7週間におよぶハーブデトックスのプログラムが終了したのが、2月末でした。ちょうどスギ花粉の飛散がピークに達するころ。僕の周囲では、花粉症の様々な症状に悩まされる人が増え始めていたころでした。

僕も毎年、この時期は止まることのない鼻水と鼻閉、目のすさまじいかゆみに悩まされていました。

ところが・・・
ハーブデトックスを経た僕の身体は、花粉症が完治してしまっているのです!これは本当にびっくり。デトックスによる腸内環境の改善が、アレルギー症状に効果があるとは聞いていましたが、ここまで劇的に治ってしまうとは。

ハーブデトックスを経験した人たちのコミュニティでは、それぞれの身体に起こった変化がシェアされているのですが、花粉症の改善はもちろん、生まれつきの重度のアトピーが劇的に改善した事例や、喘息発作が起こらなくなった事例なども報告されています。

これらの事例の数々は、腸内環境が免疫力に大きく関わっていること、そして腸内環境を整えることで様々なアレルギー症状を克服できることを示しています。

※ハーブデトックスに興味のある方は、僕のサポートをしてくれたトレーナーを紹介することができます。問い合わせフォームからメッセージをいただければと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ