【頭痛】ズキズキする偏頭痛の予防と対処に自然素材サプリメント「ズツノンDr.」が効果的!(感想・口コミ)

スポンサーリンク

僕は時々、こめかみがズキズキと脈打つような「偏頭痛」に悩まされます。いつ来るか分からない突然の痛みは、仕事にも生活にも影響します。それを劇的に改善してくれるサプリメントを発見しました。

頭痛には2種類ある

頭痛には「偏頭痛」と「緊張型頭痛」の2種類があります。この二つは起こるメカニズムがまったく違うため、対処方法もまったく異なります。これらの違いについては、こちら↓の記事に詳しく書きました。
【偏頭痛・緊張型頭痛】種類別の解消法まとめ

この中で、僕が悩まされてきたのが「偏頭痛」です。これは血管が拡張して起こる頭痛で、こめかみがズキズキと脈打つように痛むのが特徴です。

原因として考えられているのは、女性ホルモンの分泌バランスが崩れることだと言われています。また、天気の影響も考えられます。僕の場合は、低気圧が近づいてきたときに、痛みが出はじめる傾向があります。

偏頭痛の対処法

上記の記事に、偏頭痛の対処法をまとめています。簡単に列記すると、

・こめかみを冷やす
・部屋を暗くして安静にする
・カフェインを摂る
・はちまきを巻く

また、効果があるとされるサプリメントについても書きました。列記すると、

・マグネシウム
・フィーバーフュー
・ペパーミント

僕が普段、痛みが出たときに実際に行っている対処法は、「カフェインを摂る」つまりコーヒーを飲むことくらいです。多少落ち着くこともありますが、なかなかスッキリとはいきません。

会社で仕事中に痛みが出ることが多いので、こめかみを冷やすのも、ちょっとやりいくいですし、部屋を暗くして安静にするのは、まず不可能です。はちまきを巻くのも、さすがに恥ずかしくてできません。

サプリメントは、それぞれバラバラに手に入れて飲むのは面倒くさく、コスパも悪そうなので、取り組んでいませんでした。

そうしたところ、効果的な成分をギュッと詰め込んだ、自然素材のサプリメントがあることを知りました。なんと偏頭痛の解消に特化した製品なのです。それが、こちら↓です。

その名も「ズツノンDr.」。ネーミングは… ちょっとどうかと思いましたが、内容を見て、これは本気だなと感じました。

偏頭痛に特化した「ズツノンDr.」

ズツノン パッケージ

これが「ズツノンDr.」のパッケージです。一袋に60粒入っています。1日に2粒を服用するよう書かれているので、約1か月分ですね。

表面には他に「3種のハーブと8種の伝統成分配合」と書かれていて、その代表的なものとして「フィーバーフュー、マグネシウム、田七人参、冬虫夏草、GABA」とあります。

これだけではなく、さらに様々な自然素材が含まれています。こちら↓が、パッケージ裏面の原材料名の欄です。

ズツノン 表示

ここに列記してみますと、

・フィーバーフューエキス末
・ショウガ末
・レッドクローバーエキス末
・チェストベリーエキス末
・大麦乳酸発酵液ギャバ
・ケイヒエキス末
・冬虫夏草菌糸体末
・田七人参末
・クコシ末
・サンシュユ末
・チンピ末
・カンキョウ末
・酸化マグネシウム
・ビタミンB2

僕が以前書いた記事ではフォローしていないような、様々な成分が含まれています。一つ一つ見てみましょう。

〔西洋ハーブ1〕フィーバーフュー

スキンケア ヒナギク

フィーバーフューは偏頭痛のための西洋ハーブとしては、最も有名なものかもしれません。和名は「夏白菊」です。

古代ギリシャ時代から、頭痛や発熱、リウマチ性の炎症などに利用されてきました。1600年代のイギリスの医師たちは「フィーバーフューはすべての頭の痛みに対して非常に効果がある」と言っていたそうです。

有効成分はパルテノライドです。この成分は、脳内のセロトニンという物質の過剰分泌を抑えるはたらきがあります。

セロトニンは偏頭痛に大きく関わっていることが知られています。セロトニンには、血管を収縮させる作用があります。ストレスなどの要因で、セロトニンが過剰分泌されると、一時的に血管が収縮します。その後、急激にセロトニンの分泌量が減少します。すると、いったん収縮した血管が、逆に拡張していきます。その結果、血管の周りの神経が刺激され、炎症を起こして、痛みが現れます。これが偏頭痛です。

フィーバーフューの有効成分であるパルテノライドは、こうしたセロトニンの過剰分泌を抑えることで、偏頭痛に効果を発揮します。

注意しなければならないのは、フィーバーフューのサプリメントの中には、肝心のパルテノライドが含まれていないものも存在するのです。少なくとも0.2%以上のパルテノライドが含まれた製品を使うことが推奨されています。

その点、今回ご紹介している「ズツノンDr.」には、パルテノライドがきちんと含まれているようです。さらに、通常のサプリよりも高濃度で配合されているとのこと。効果が期待できます。

〔余談〕
実は僕は「薄毛」にも悩まされているのです… 40歳を超えて、頭頂部がかなり薄くなってきてしまったのです。

うれしいことに、フィーバーフューの有効成分パルテノライドには、発毛・増毛効果もあるそうなのです。日本抗加齢学会で報告されています。

もともとは、リウマチの治験で服用させたところ、関節の炎症や痛みが改善されるとともに、発毛が見られたり、抜け毛が減ったりという報告が相次いだのだそうです。10年以上も髪の生えていなかった箇所に、発毛が見られたという実例もあったとか。

その後、AGA(男性型脱毛症)の患者30人に数ヶ月間服用させて調査研究したところ、約8割に頭頂部の増毛効果が見られたそうです。

これは思わぬ副産物!偏頭痛の解消と同時に、薄毛の悩みも解消できたらと、密かに考えています。以上、余談でした。

〔西洋ハーブ2〕チェストツリー

ズツノン チェストツリー

チェストツリーの果実である「チェストベリー」は、ヨーロッパでは昔から生理痛の薬として用いられていました。ハーブ先進国であるドイツでは、今では月経前症候群(PMS)の治療薬として認可されているそうです。

チェストツリーの有効成分は葉や果実に含まれるフラボノイド類,テルペン類,イリドイド配糖体などです。これらの成分には、女性ホルモンである黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌を正常化させる作用があると言われています。

女性の生理は、黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)のバランスが重要となります。エストロゲンの分泌が低下すると、脳内物質セロトニン(先ほどフィーバーフューの項目でも登場しましたね)の分泌も低下することが分かっています。セロトニンは血管を収縮させるはたらきをする物質なので、これが低下すると、脳内の血管が拡張してしまいます。その結果、血管の周りの神経が刺激され、炎症を起こして、偏頭痛が現れると考えられます。

チェストツリーの成分の作用メカニズムは詳しくは分かっていませんが、おそらく、黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌を促すことで、卵胞ホルモン(エストロゲン)とのバランスを整えることで、偏頭痛の発生を抑えるのだと思われます。

「ズツノンDr.」には、このチェストツリーのエキスがたっぷりと含まれています。

〔西洋ハーブ3〕レッドクローバー

ズツノン レッドクローバー

レッドクローバーはマメ科の多年草で、赤~ピンク色の花を咲かせるクローバーの一種です。

レッドクローバーには、女性ホルモンの1つである卵胞ホルモン(エストロゲン)と似た作用を持つ「イソフラボン」が豊富に含まれています。イソフラボンと言えば大豆が有名ですが、一説にはレッドクローバーには大豆の10~20倍ものイソフラボンが含まれているとも言われています。

しかもレッドクローバーには、フォルモノネチンやバイオカニンAという吸収率が高い種類のイソフラボンや、ダイゼインやゲニステインといった大豆と同じタイプのイソフラボンも含まれています。このように、様々な種類のイソフラボンの複合効果であることが特徴となっています。

先ほどチェストツリーの項目でも説明したように、エストロゲンの分泌が低下すると、脳内物質セロトニンの分泌も減り、血管が拡張して偏頭痛が起こると考えられています。

レッドクローバーの有効成分であるイソフラボンの複合体は、エストロゲンの低下をサポートすることで、偏頭痛を抑えるものと考えられています。

「ズツノンDr.」には、このレッドクローバーのエキスがたっぷりと含まれています。

〔余談〕
僕は常に「喉のイガイガ」に悩まされています。いつも咳払いをしているのです。会社の同僚から頻繁にのど飴を差し入れされる有様… なかなか治りません。

実はレッドクローバーは、古代ローマ時代には咳止め・痰切りなどの薬として利用されていました。

頭痛だけでなく、喉のイガイガにも効果があればなぁと、密かに期待しています。以上、余談でした。

スポンサーリンク

伝承温和漢が8種類も

これら西洋ハーブ3種類を主成分として、「ズツノンDr.」には、和漢の有効な成分が8種類も含まれています。ここでは名前だけ挙げておきましょう。

・クコの実
・ショウガ
・乾姜(カンキョウ)
・サンシュユ
・田七人参
・桂皮
・冬虫夏草
・陳皮

おそらく、これらは直接的に頭痛を治療するというより、体質そのものを強くし、身体を温めることで、頭痛をはじめとする不調を抑えるのだと思います。

これらの成分を、それぞれバラバラで購入して服用する、というのは現実的ではないですよね。これらを合わせてギュッと凝縮してくれている「ズツノンDr.」は摂取しやすく、強い味方になってくれそうです。

プラスαとして3種類の有効成分も

西洋ハーブ3種類、伝承温和漢8種類に加えて、偏頭痛に有効とされる3つの成分も加えられています。

・マグネシウム
・ビタミンB2
・大麦発酵GABA

マグネシウムについては、以前書いた頭痛の記事にも書きましたが、ビタミンB2と大麦発酵GABAは知りませんでした。簡単に説明しておきましょう。

まず、マグネシウム。マグネシウムは体内で重要な役割をしていますが、食べ物からの摂取が不足しがちな成分です。不足すると、血管が拡張し偏頭痛の原因になるだけでなく、心筋梗塞など循環器系の疾患にもなりやすいと考えられています。

次に、ビタミンB2。偏頭痛には細胞内の「ミトコンドリア」が関わっていると言われています。詳細はここでは省略しますが、ビタミンB2は、そのミトコンドリアの働きをサポートすると考えられています。

そして、大麦発酵GABA。ギャバと言えば、ギャバ入りのチョコレートで知っている方も多いでしょう。心を落ち着ける作用があるということで、人気を集めましたよね。ギャバは、脳内や脊椎での興奮を沈めるための伝達物質として作用する他、脳内の興奮物質であるドーパミン、アドレナリン、ノルアドレナリンの分泌を抑制する効果もあると知られています。ストレスは偏頭痛の主要な原因のひとつですから、ギャバは偏頭痛解消にも有効と考えられます。

「ズツノンDr.」の公式HPは、こちら↓からどうぞ。
ズツノンDr. 新規購入プロモーション

「ズツノンDr.」を実際に試してみた!

ズツノン 粒

ズツノンは、こんな感じの茶色い粒です。1日に2粒服用します。

普通はもちろん水で飲みこむのですが、僕はちょっと試しに、水なしで口の中で少し溶かしてみたんです。そしたら、しっかり苦い!いかにも効きそうな味がしました(何の証拠にもなりませんが…)!

まず言っておかなければならないのは、ズツノンは即効性のある「お薬」ではないということ。毎日服用を続けて、体質そのものを偏頭痛を起こさないものに変えていく、というものだと思います。

僕の場合、天気が下り坂になるときに症状が現れるのですが、ズツノンを飲み始めてから、その症状が起こりにくくなりました。まだ服用を始めて、あまり期間が経っていないので、これからより効果を実感できるのではないかと期待しています。

こういう効果って、後で気付くんですよね。「あ、そういえば、昨日は急に天気が急に崩れたのに、偏頭痛にならなかったな」という感じで。じわじわ効果を実感するという印象です。

こうした変化は、生活の質=QOL(Quality of Life)を各段にアップさせてくれますね。頭が痛くないって、素晴らしい!

僕はまだ軽い方ですが、女性で生理痛PMSがひどい方々は、その痛みが解消するだけで、人生が変わると言っても過言ではないかもしれません。

コスパも良好、1日130円

毎日続けるものだと、気になるのはコストですよね。

もともとの価格は1か月あたり7960円。1日あたり約265円です。微妙な価格… 正直、ちょっと高い印象です。

でも、僕が購入した価格は、キャンペーン中なのか、定期購入で1か月あたり3980円。1日あたり約133円にディスカウントされていました。これならば、ペットボトルを買うのを我慢して、水筒で飲み物を持って行けば、購入可能な料金です。

しかも、初月は2980円で、さらにお得だったので、始めやすかったです。定期購入も、いつでもやめられるようなので、縛りがなく安心です。

「ズツノンDr.」はどこで買えるのかというと、Amazonや楽天で探してみたのですが、見つけることができませんでした。どうやら公式HPからでなければ購入できないようです。

「ズツノンDr.」の公式HPは、こちら↓からどうぞ。
ズツノンDr. 新規購入プロモーション

頭痛がなくなると、人生が変わる

離婚 虹

偏頭痛に悩まされている皆さんに、想像してみていただきたいのです。もし痛みがなかったとしたら…

・仕事のパフォーマンスが圧倒的に上がる
・家事も苦にならなくなる
・小さなことに喜びが感じられるようになる
・人に優しくなれる
・自分に優しくなれる

この変化は、とても大きなものです。

効果があるかどうかは、人によりますので、保証されるものではありませんが、試してみる価値は十分にあると思います。

1日130円ちょっと。ペットボトル1本分のコストで、明るく楽しい毎日が手に入るといいですね。僕はオススメいたします。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ