【歯ぎしり・食いしばり】マウスピースなど治療法まとめ、小顔効果も

スポンサーリンク

朝起きると、顎の関節が痛い、口の周りがだるい、頭痛がする、などの症状、ありませんか?もしかしたら、原因は寝ている間の「歯ぎしり」かもしれません。

日本人の実に70%が、日常のストレスの発散運動として「歯ぎしり」をしていると言われています。そして、その多くが自覚をしていないんだそうです。

「歯ぎしり」の原因を見直し、ちょっとした生活改善や、適切な治療を行うことで、知らず知らずにかかっている心身への負担を解消することができるかもしれません。

 

「歯ぎしり」とは

「歯ぎしり」の3つのタイプ

食いしばり

「歯ぎしり」には、次のようなタイプがあります。

グライディング
最も気が付きやすい歯ぎしりで、皆さんがよく知っているタイプです。歯を左右にこすり合わせることで「ギリギリ」と音がなります。

タッピング
あまり多いタイプではありませんが、カチカチと上の歯と下の歯を咬み合わせる運動を行うタイプの歯ぎしりです。

クレンチング
上の歯と下の歯をぎゅっと噛みしめている状態です。音がしないため、気づかれることが少ない歯ぎしりです。

「歯ぎしり」チェック

以下のような項目に当てはまる場合、歯ぎしりが疑われます。チェックしてみてください。

1.日中、歯を食いしばっている
2.朝起きた時に顎や頬の筋肉が張っている
3.頬や舌に歯を押し付けた跡が残っている
4.歯ぎしりしていると近親者に言われる
5.歯が短くなってきている
6.歯の根元が削れている
7.知覚過敏の歯が多い
8.詰め物がよく取れる
9.歯に亀裂がある

「歯ぎしり」の原因

〔原因1〕ストレス
現代社会でストレスを受けない人はいないですよね。そのストレスをうまく発散できない場合、寝ているときに「歯ぎしり」という形で発散してしまうことがあります。

〔原因2〕かみ合わせの悪さ
歯並びが悪くて、かみ合わせがうまくいかない場合、そして、歯の治療の途中で、詰め物が大きすぎて高さが合っていない場合などに、歯ぎしりがおこることがあります。歯の治療を、途中でやめてしまって、放置しているような人も、注意が必要です。

〔原因3〕喫煙、飲酒
アルコールやニコチンが、歯ぎしりに原因になるという説があります。歯ぎしりがひどい場合は、タバコとお酒を、少し控えるようにすると、改善するかもしれません。

〔原因4〕逆流性食道炎
一見関係がないように思えますが、就寝時の歯ぎしりが多くなった逆流性食道炎の患者に、胃酸の分泌を抑制する薬を処方したところ、歯ぎしりも減ったという報告があるそうです。

逆流食道炎については、こちらの記事をご覧ください。
【逆流性食道炎】症状と原因、治療法まとめ

「歯ぎしり」による悪影響

歯ぎしりをしていても軽度であれば問題ありませんが、ひどくなると様々な悪影響をおよぼします。以下に、歯ぎしりによる悪影響をまとめました。

・歯がすり減る
・詰め物がはずれやすくなる
・歯がしみる(知覚過敏)
・顎がカクカク鳴る
・顎が痛い
・歯が折れる、欠ける
・肩こり
・頭痛

これらの悪影響が進行すると、歯を失ってしまう危険性もあります。決してあなどってはいけません。

スポンサーリンク

「歯ぎしり」の治療

歯ぎしりのタイプによって治療法が異なるので、必ず歯医者さんと相談するようにしましょう。

マウスピース

マウスピース

個人の歯型に合わせたマウスピースを装着し、かみ合わせの調整を行います。これにより歯ぎしりを抑制し、顎の関節への負担を軽減することが出来ます。歯ぎしりの治療法としては、最も一般的な治療法です。お値段も5000円ほどと、さほど高価ではありません。

スポーツをしている時には、より強い力が歯に加わります。スポーツ用のマウスピースを使用することで、歯や顎にかかる負担を和らげる効果があります。

また、マウスピースには歯ぎしりの改善以外にも、様々なリスクのからむ「口呼吸」の改善にも役立つと言われています。関心のある方は、こちらの記事も参考になさってください。
【口呼吸の治し方】 口呼吸による7つのリスクと、簡単にできる9つの改善方法

市販のマウスピースは、かみ合わせを逆に悪くすることがあるので、注意が必要です。マウスピースは歯医者で型取りをして、自分に合ったものを作ってもらうようにしてください。マウスピースに関しては、こちらの記事により詳しくまとめています。ご参考になさってください。
【小顔になりたい】歯医者で作る「マウスピース」のすごい効果

薬物療法

ジアゼパムやメトカルバモールといった筋肉の緊張を緩める薬を使います。これによって、かみ合わせに使う筋肉の緊張を少なくし、余分な力が働かないようにします。しかし、薬物への依存や副作用の問題があり、長期間使うことはできません。

かみ合わせ治療

よくないかみ合わせによって歯に負担がかかっていたり、過度な歯ぎしりを引き起こしている場合があります。この場合、かみ合わせ治療をすることで、歯ぎしりをコントロールします。

自分でできる対策

child-542038_640

もっとも大切なのは、食いしばらないことです。

上の歯と下の歯の間には、「安静空隙(あんせいくうげき)」と呼ばれる1mm程度の空間があり、歯と歯は普段は接触しないのが正解です。1日の中で、上の歯と下の歯が接触するのは、食事中などの計15分〜20分程度、といのが理想なのです。

ですが、日中、集中したり緊張したりすると、知らず知らずのうちに食いしばってしまいがち。ストレスの多い現代社会では、多くの人が、食いしばって、歯と顎に負担をかけ続けています。その癖が、寝ている間の「歯ぎしり」につながっているのです。

「食いしばらない」ための対策
・マウスピースを活用
・唇は閉じて上の歯と下の歯を合わせないように意識する
・食いしばっていることに気がついたらすぐに離す
・唇や頬の周りの力を抜く
・紙に「食いしばらない」と、書いて家中に貼っておく
・ストレスをためない
・リラックスをする
・極端に固いものをかまない
・食事のとき、強くかまずに、かむ回数を増やす
・頬づえをつかない

顎のマッサージ

顎マッサージ

顎のつけ根(ちょうど耳の下)から人差し指ちょうど1本分下の、少し内側の部分に2本の指をあてる。触ってみて、痛いところを、指を回すようにしてマッサージ。1分ぐらい続けてみてください。こった顎の筋肉がほぐれて、自分がいかに食いしばっていたかに気づくでしょう。

プラスアルファの効果

えら張り解消、小顔効果
エラ張りの原因は、顎の筋肉が張っていることです。食いしばりの癖を治し、歯ぎしりが解消すると、顎の筋肉の張りも改善します。

タレントの光浦靖子さんは、えらの張ったお顔がトレードマークのように言われていましたが、最近、就寝時にマウスピースを使って、食いしばりと歯ぎしりを治療したそうです。その結果、えらの張りが取れて小顔になり、「綺麗になった!」と評判になっています。マウスピースによる小顔効果については、こちらの記事も参考にどうぞ。
【小顔になりたい】歯医者で作る「マウスピース」のすごい効果

小顔に関連する記事として、こちらも参考になさってください。
【小顔になりたい】顔の「むくみ」を朝一番で速攻解消する5ステップ

【小顔になりたい】顔の「たるみ」をリフトアップする表情筋のトレーニング

光浦靖子

ほうれい線、たるみ防止
歯ぎしりや食いしばりは、エラ張りだけではなく、頬のたるみやほうれい線を目立たせることにもつながります。また、ほお骨の張りだし、こめかみのえぐれ(へこみ)などの原因にもなりやすいのです。

歯ぎしりと食いしばりを解消することで、こういった老化現象も食い止めることができます。

smile-122705_640

おだいじになさってください

歯ぎしりには、日常のストレスや、食いしばる癖が反映されているんですね。ストレス解消につとめて、日中の食いしばりを改善することで、歯ぎしりが軽減されるだけでなく、生活全般にきっといい影響があるでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ