【逆流性食道炎】症状と治療法、ニュータイプも

スポンサーリンク

僕個人のことですが、最近なんだか胸のあたりに違和感があるんです。何と表現していいか…「ひんやりした感じ」と言えばいいでしょうか。

いろいろ調べていたら、どうやらこれが「胸やけ」というものらしいと分かりました。そんな違和感が続いているので、もしかしたら、これが噂の「逆流性食道炎」かも!と思い当りました。

病院にかかる前に、まずはしっかり調べてみようと思い立ち、この記事にまとめることにしました。

「逆流性食道炎」とは

「逆流性食道炎」とは、胃の中で胃液と混ざり合った食べ物や胃液そのものが食道に逆流する病気です。胃液は強い酸性のため、食道に逆流すると、食道の粘膜を刺激して、ただれたり、潰瘍ができたりします。また、胃酸によって活性化されたタンパク質分解酵素も食道を傷つけます。これによって、「胸やけ」「呑酸(どんさん)」などの不快な症状が起こります。

もともとは、60歳以上の高齢者、特に女性の高齢者に多いといわれていましが、最近は若い人にも増えており、問題になっています。また、かつては主に欧米でよく見られた病気でしたが、近年は日本でも増加の傾向にあるそうです。食生活の欧米化が背景にあるようです。

5502711805_9354712b5c_b

「逆流性食道炎」の症状

以下のような症状が特徴となります。

・食後に胸焼けがする
・ゲップが出る
・喉に酸っぱいものや苦いものがこみ上げてくる
・胃の中身が逆流する感じがする
・のどの違和感(イガイガ感、ヒリヒリなど)
・胃もたれ(重苦しい)
・よく咳き込む
・胃の痛み
・呑酸(どんさん)=口の中に広がる酸っぱさ

こういった症状が続くようでしたら、必ず受診するようにしましょう。

喉のイガイガ、違和感については、こちらの記事も参考になさってください。
【喉のイガイガ、違和感の治し方】すぐにできる対策、民間療法まとめ

「逆流性食道炎」による日常生活への影響

症状が続くと、日常生活に様々な悪影響が出てきます。

・夜ぐっすり眠れなくなる
・食べたいものが食べられなくなる
・気分がさえなくなる
・仕事や日常生活に支障をきたす

一刻も早く治療して、すっきりと健康な日々を送れるようになりたいものですよね。

スポンサーリンク

「逆流性食道炎」の原因

下部食道括約筋の機能低下

食道と胃のつなぎめにあたるのが、下部食道括約筋(かぶしょくどうかつやくきん)と呼ばれる筋肉です。これが胃液や胃の内容物が逆流するのを防いでいます。ところが、ストレスや食生活、加齢、姿勢などによって正常に働かなくなってしまうと、逆流が起こってしまうのです。特に脂肪分の多い食事は、直接的な引き金になると考えられています。

逆流性食道炎

「便秘」によって腹圧が高まる

お腹が張っている時、胃は腸からの圧迫を受け、食道への逆流が起こりやすい状況になります。常習性便秘症の人の約10%に逆流性食道炎が見られ、慢性的な便秘によって常にお腹が張った状態になると、若い人でも逆流性食道炎が起こりやすいことが分かっています。

「逆流性食道炎」を放っておくと

放置すると潰瘍に進行したり、食道がんのリスクが高まると言われているので、あなどってはいけません。また、逆流性食道炎の原因となる便秘や高脂肪の食事そのものも、大腸がんのリスク要因となるので、こうした原因から絶つことが大切です。

「逆流性食道炎」の治療

治療には、3つのアプローチが必要になります。

・食生活の改善
・生活習慣の改善
・薬物療法

順に見ていきましょう。

食生活の改善

・脂肪分の多い食事を控える
・胃への刺激の少ないものにする
・腹八分目で食べる
・酸味の強い食品も控える

生活習慣の改善

主に、腹圧が高まるのを防ぐための注意点となります。

・おなかを締め付けすぎない
・無理して重いものを持たない
・肥満に注意する
・猫背の姿勢に気を付ける

また、寝る姿勢についても注意点があります。右側を下にして寝ると、食道が胃よりも下にくるため、胃の内容物や胃液が逆流しやすくなります。逆に左側を下にすると、食道が胃よりも上にくるので、逆流しにくくなります。

胃の向き

出典:逆流性食道炎は自宅での治療で完治目指せる!

「逆流性食道炎」の薬物療法

逆流性食道炎では、胃腸科、内科、消化器科のいずれかを受診します。診断までの流れは、まず問診した上で、内視鏡検査を行うのが通常です。内視鏡検査では、炎症の程度と、他の悪性疾患の有無を確認し、それを踏まえて診断がなされます。

主に、酸分泌抑制薬であるプロトンポンプ阻害薬(PPI)、またはヒスタミン受容体拮抗薬(H2ブロッカー)が処方されます。

胃酸

出典:役に立つ薬の情報~専門薬学

プロトンポンプ阻害薬(PPI)

PPIは、胃壁の細胞にある、胃酸の分泌に関わる「プロトンポンプ」に結合します。そうすることで、プロトンポンプの働きを直接抑えて、胃酸の分泌を抑制します。

ヒスタミン受容体拮抗薬(H2ブロッカー)

H2ブロッカーは、胃酸を分泌させる3つの化学物質のひとつ、「ヒスタミン」が受容体と結合することを防ぐことで、胃酸の分泌を抑制します 。

その他に処方される薬

・粘膜保護薬
・制酸薬
・漢方薬(半夏瀉心湯・はんげしゃしんとう…など)

 

治療は継続することが重要

自覚症状がなくなっても、食道の炎症が残っている場合があります。また、逆流性食道炎は、一度よくなっても、再発しやすい病気です。勝手に治療をやめたりせず、主治医の指示を守って、しっかり治療を続けましょう。

自分でできること

ツボを押す

症状を緩和するのに、ツボ押しが役立つかもしれません。ただ、これだけで完治させるのは難しいので、必ず病院で治療するようにしましょうね。

・天枢(てんすう)
おへその左右、指3本分外側にあるツボで、胃腸の機能を左右する要といわれています。息を吐きながら、ゆっくりと押し、息を吸いながら戻すことを試してみてください。

天枢

出典:けんこう堂のつぶやき…

・神闕(しんけつ)
おへそそのものの位置になります。蒸しタオルなどで温めるといいでしょう。

「胸やけ・呑酸ダイアリー」をつける

医師に症状を説明するときに役立つのが、詳細な記録です。症状が気になりだしたら、以下のような項目をチェックするようにしてみてください。治療がきちんと進んでいるかの判断にも役立つので、治療中もつけ続けるようにするといいでしょう。

〈チェック項目〉
・胸やけ(胸骨のうしろが焼けるような感じ)はあったか
・胃に入っているもの(液体または食物)が喉や口のほうまで上がってきたこと(逆流)があったか
・胸やけや逆流のために、夜、快眠が得られなかったことはあったか

diary-968592_640

オリーブオイルを使う

脂肪の多い食事が直接的な原因になってしまうわけですが、オリーブオイルには以下のような特徴があり、使いやすいオイルといえます。

・下部食道括約筋をほとんどゆるめない
・消化に負担をかけないため
・便秘を改善する効果がある

 

「ニュータイプの胸やけ」とは

以前、NHKの「ためしてガッテン」という番組で取り上げられ、話題となった「ニュータイプの胸やけ」。これは、胃液が逆流して起こる胸やけとは違い、げっぷなどで起こる「空気の逆流」が原因の胸やけです。

げっぷに含まれる胃液はごく少量なので、たいした問題はないはずです。ところが、ストレスを抱えていると、食道の上部に多いTRPV1という、「異物センサー」が知覚過敏状態になってしまい、胸やけを引き起こしてしまうのです。

胸やけそのものがストレスとなって、さらにセンサーの知覚過敏状態が進行し、より強い症状になり…という悪循環に陥っていきます。

食後以外でも不快感が続き、市販薬の効き目があまりない、内視鏡検査で異常なしとされるといった特徴があり、最近注目されるようになっています。

食道の知覚過敏を抑える食道粘膜保護薬のほかに、ストレス軽減のための抗うつ薬や安定剤などが処方されるようです。

おだいじになさってください

僕もまだ症状は軽いものの、早めに一度病院にかかってみようと思いました。皆さんも、ここに書かれたような症状があるようでしたら、早めの治療を心がけてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ