「げんきリズム」へようこそ!


【玉ねぎの皮の簡単なむき方】ツルンとむける裏技で効率的に時短!

こんにちは! 料理は少しでも工夫して効率よく作りたい、えいぷりおです!

皆さん、玉ねぎの皮って、きれいに簡単にむけますか?

僕はどうも苦手なんですよ。

でも「ある裏技」を開発してからは、あっという「つるんっ」と、あっという間にむけるようになりました。ストレスフリー!!

料理の得意な人から見たら「邪道!」と怒られるかもしれませんが、いいんです。邪道でも。味は変わらないのですから。

玉ねぎの一般的なむき方

まず、教科書的な玉ねぎのむき方を確認しておきましょう。

  1. 根本の部分を切り落とす
  2. 頭の部分を切り落とす(一部残して)
  3. 頭から一気に全体をむく!

簡単3ステップ! のように思いますよね。

ここから、ペローンと全体がむけるはずなんですけどね… 簡単なはずなんですけどね…

なんだか分からないけど、うまくむけないんです!

僕の開発した究極の時短むき!

僕の開発した「究極の時短むき」は、「まるごと」を諦めて、いきなり切っちゃいます。

こうやって半分に切って、さらに…

4分の1に切っちゃって… ここからがポイントです!

こんなふうに ↑ 根っこのくっついていた部分を、サクッと斜めにカットするのです!

その際、皮一枚分、残しておくのがポイントです。くっついたままになってるのが分かりますよね?

斜めにカットした根っこ(茎?)の部分を持って、ペローンとやると…

じゃーん! こんなふうにペロンと頭まできれいにむけてしまうのです!!

こんなふうに、つるんとかわいくむけちゃいます。

頭の皮のなごりを切り落として、あとはてきとーに切ったり、くし切りにしたり、みじん切りにしたり。

↑ てきとーに切ったところ。

えいぷりお的まとめ

邪道と笑われてもかまいません。だって、この方が簡単なんですから。

僕はこの「究極の時短むき」で、玉ねぎの下準備のストレスがグッと減りました

僕たち中年サラリーマンが、忙しい中、毎日お料理をしようと思ったら、こういう邪道な裏技も取り入れて、どんどん工夫しなくちゃいけません。

レシピ通り堅苦しくやるよりも、楽しく続けることの方がずっと大事ですから!

これであなたも玉ねぎを使ったお料理が楽しくなりますよ。


こちら ↓ のボタンから、「中年サラリーマンの料理」についてジャンルごとに分かりやすく整理したまとめページに飛ぶことができます。

中年サラリーマンの料理まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です