「血液・血管・血糖値・貧血」の記事一覧

【クロロフィル】葉緑素は「デトックス作用」と「造血作用」を持つスーパー色素

クロロフィル タイトル

クロロフィルは、植物の光合成を担う物質で、葉緑素とも呼ばれます。「緑の血液」とも言われ、血液を健康にする「造血作用」があるほか、小腸をきれいにする「デトックス作用」でも注目されています。

【L-アルギニン】体内でNO(一酸化窒素)を作り出し血管のめぐりを高めるアミノ酸

アルギニン 血管タイトル

血管をしなやかに拡張させ、全身のめぐりを高めるのは、血管上皮細胞で作られるNO(一酸化窒素)です。その産生を促すのがL-アルギニンというアミノ酸。健康な毎日を支える、今の時代に欠かせない栄養成分として注目されています。

【血糖値スパイク】心筋梗塞や認知症を引き起こす血糖値異常・・・その3つの対策(NHKスペシャル)

%e8%a1%80%e7%b3%96%e5%80%a4%e3%82%b9%e3%83%91%e3%82%a4%e3%82%af01-%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab

2016年10月放送のNHKスペシャル「血糖値スパイクが危ない~見えた!糖尿病・心筋梗塞の新対策」では、気付かないうちに多くの現代人が、血糖値の問題を抱えていることを報じて反響を呼びました。その対策も含めて、まとめます。

【子供の鉄欠乏性貧血2】思春期の貧血、その原因

青春

「鉄欠乏性貧血」とは、鉄分の不足によって起こる貧血のことです。貧血は成人女性に多く見られますが、実は子供にも発症します。特に思春期には発症率が高まり、日々の生活にも影響を及ぼします。

【子供の鉄欠乏性貧血1】乳幼児の貧血のリスク

赤ちゃん

「鉄欠乏性貧血」とは、鉄分の不足によって起こる貧血のことです。貧血は成人女性に多く見られますが、実は子供にも発症します。特に乳幼児の場合は発育に大きな影響が生じるので、注意が必要です。

【低血糖症の特殊な例】「インスリン自己免疫症候群」とは

Woman looking upset or in pain.

疲労感やうつ、動悸など様々な症状をもたらす「反応性低血糖症」が近年注目を集めています。そんな中、ちょっと特殊な原因、「抗インスリン抗体」によって低血糖症が引き起こされる「インスリン自己免疫症候群」についてお伝えします。

【反応性低血糖症】僕の長女(高校生)の体験談

女子高生

僕の長女は高校生です。中学時代くらいから「起きられない」「忘れっぽい」「生あくびばかりしている」「いつも空腹感がある」「じとっとした態度」といった問題が現れ始めました。当初、起立性低血圧との診断で治療をしていましたが、最・・・

【機能性低血糖症】 AKB48岡田奈々さんの告白

岡田奈々アー写

僕は正直、AKB48にはそれほど興味がなかったのですが、先日行われた第8回選抜総選挙に関して、気になるニュースがあったので、少し触れてみることにします。 14位に入り、初めて選抜メンバー入りを果たした岡田奈々さん(18歳・・・

【反応性低血糖症の治療】 食事の工夫と「低GI値」「低GL値」の食品

食べる子供

血糖値を正常に維持できない病気としては、糖尿病が圧倒的に有名ですよね。インスリンというホルモンが適切に分泌されず、血糖値が正常よりも高くなってしまう病気です。糖尿病とその予備軍を合わせると、日本でその患者数は2000万人・・・

【反応性低血糖症の症状】「うつ傾向」「疲れやすい」は低血糖症の可能性が

women-1023150_640

「反応性低血糖症」という病名をご存じでしょうか。「機能性低血糖症」と呼ばれることもあります。おそらく、ほとんどの方にはなじみがないと思いますが、実は現代人の多くが潜在的にこの症状を抱えている可能性があります。 僕の妻は、・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ