【アトピーの治療】アトピーと腸内環境の意外な関係・・・デトックスによる劇的な改善例も

スポンサーリンク

アトピー性皮膚炎は、良くなったり悪くなったりを繰り返す、かゆみのある湿疹が主な病変です。アレルギー反応の一種で、慢性化して根治するのが難しい病気です。近年、アトピーと腸内環境が深く関わっていることが指摘されていて、新たな治療の光が見え始めています。

アトピー性皮膚炎とは

アトピー タイトル

アトピー性皮膚炎とは、アレルギーを起こしやすい体質の人や、皮膚のバリア機能が弱い人に多く見られる皮膚の炎症を伴う病気です。

主な症状は「湿疹」と「かゆみ」で、良くなったり悪くなったりを繰り返し、慢性化して根治するのが難しいのが特徴です。一般的に、6カ月以上(乳幼児では2カ月以上)続くと慢性と判断します。

湿疹の特徴

アトピー性皮膚炎の湿疹には、次のような特徴があります。

・赤みがある
・じゅくじゅくして引っかくと液体が出てくる
・ささくれだって皮がむける
・長引くとごわごわ硬くなって盛り上がる

湿疹ができる箇所としては、次のような場所が挙げられます。

・おでこ
・目のまわり
・口のまわり
・耳のまわり
・首
・わき
・手足の関節の内側

かゆみの特徴

アトピー性皮膚炎の患者を苦しませる主因は、激烈なかゆみです。僕の友人にもアトピーを持つ人が多くいるのですが、彼らの表現を借りると、「火であぶってケロイドにした方が楽なのではないかと思う」ほどのかゆみだと言います。

寝ている間に無意識に掻きむしってしまい、朝起きると身体のあちこちが出血しているという日々。寝ている間に掻いてしまわないように、両手にロープを結んで柱にくくりつけたという体験談も聞いたことがあります。それでも、寝ながらロープを引きちぎって掻きむしっていたそうで、その凄まじさに戦慄を覚えます。

アトピー性皮膚炎はアレルギー疾患

家族にアトピー性皮膚炎や喘息、花粉症、アレルギー性鼻炎、食物アレルギーなどの人がいる場合、その体質を受け継いで、アレルギーを起こしやすくなることがあります。このような体質を「アトピー素因」と呼びます。

アトピー性皮膚炎は、免疫機能が過剰に働いてしまうアレルギー疾患です。原因となるアレルゲン(抗原)としては、次のようなものが挙げられます。

・ダニ
・ハウスダスト
・カビ
・食べ物

これらの原因物質が身体に触れると、「IgE抗体」が必要以上に生成されてしまい、皮膚に過剰な炎症反応が起こります。その結果、湿疹ができ、かゆみが起きるのです。

一般的なアトピーの治療法

一般的にはアトピー性皮膚炎の治療法としては、次のような対症療法がとられます。

〔皮膚の炎症を抑える〕
・ステロイド外用薬
・非ステロイド消炎薬

〔ドライスキンを改善する〕
・尿素軟膏
・白色ワセリン
・亜鉛華軟膏

〔かゆみを抑える〕
・抗ヒスタミン薬

その他に、使用する石けんを刺激の少ないものにするなど、正しいスキンケアを実施したり、ハウスダストなどアレルゲンとの接触を極力避ける生活上の工夫が挙げられます。

それに加えて近年注目されるようになってきたのが「腸内環境の改善」です。

アトピーと腸内環境の意外な関係

ハーブ 小腸

免疫細胞は、なぜ必要以上にIgE抗体を作り出して過剰な免疫反応を起こしてしまうのでしょうか。それは、免疫力が低下することによって、免疫細胞が正常に働かなくなっているためだと考えられています。

ではなぜ、免疫力は低下するのでしょうか。ストレスや栄養バランスの偏りなどが原因と考えられていますが、その根本的な原因は「腸内環境(腸内フローラ)」にあると、最近の研究で明らかになっています。

腸と皮膚は直接結びつかないようにも思いますが、実は腸内環境を整えることが免疫力の強化に結びつき、結果としてアトピー性皮膚炎を根本的に治療することにつながっていくのです。

このあたりの仕組みは「花粉症」とも共通するものですので、次の記事もぜひ参考になさってください。
【花粉症】腸内環境を改善すれば花粉症は治る!デトックスで完治した僕の体験談

また、免疫力については、次の記事も参考になさってください。
【免疫力を高める方法】今日からできる8つの生活習慣
【免疫力を高める食材】風邪に打ち勝つ食べ物13選

今回の記事では、ちょっと視点を変え、腸を健康に保つ究極的な方法に焦点を当ててみます。

腸内環境を悪化させるのは「腸の疲労」

餃子とビール

普段意識することはありませんが、実は食べ物の消化吸収には、大変なエネルギーが費やされています。摂取した栄養の40%近くが次の食事の消化・吸収に使われているとも言われています。

縄文時代は1日1食だったそうです。それが現代では常に何かを食べていますよね。朝・昼・晩の3食だけでなく、食間にもおやつ、夜はお酒、深夜には夜食・・・まさに飽食の時代。

胃腸は、四六時中押し寄せる食べ物の消化吸収に、疲れ切った状態になっているのです。「過労」ですね。

この疲れ切った腸を、まずはしっかり休ませてあげること。そして、腸に負担をかけない食事のあり方を見つけ出していくこと。

これは、アトピー性皮膚炎の患者さんだけでなく、現代を生きる僕たち全員が、一度しっかり考えなければならない問題だと思います。

スポンサーリンク

デトックスで気付いた「空腹」の価値

ハーブ タイトル

短期間のうちに腸をしっかり休ませて、完全にリセットする画期的なメソッドが、僕が2017年の年始に取り組んだ「ハーブデトックス」です。

ハーブデトックスに関しては、以下の記事を参考にしてください。

【ハーブデトックス】身体の毒素をすべて排出!2ヶ月間の断食プログラムに挑戦(体験談1)

【ハーブデトックス】体脂肪を燃やす圧倒的なパワー「燃焼系ハーブ」のすごい効果(体験談2)

【ハーブデトックス】L-アルギニンの効果で腸内の毒素がクリーニングされる(体験談3)

【ハーブデトックス】「腸は第二の脳」を実感!腸がきれいになると心が変わる (体験談4)

【ハーブデトックス】6週間で体重が8.6kg減!体脂肪率も6%減!驚異のダイエット効果 (体験談5)

僕のケースでは、7週間のプログラムのうち、4週間は完全に固形物の摂取を断ち、自然由来のハーブのみで栄養素を摂りました。

その結果、健康的な減量、体脂肪率の正常化など様々な効果を得ることができましたが、意識の上で大きかったのは、「空腹の価値」に気付いたことでした。「空腹」が気持ちいいことだと知ったのです。

「脳の声」ではなく「腸の声」を聞け

首筋

現代人の脳は、飽食の時代を生きてきたために、常に「何かを食べたい!」という強迫観念に支配されています。人工の添加物による一種の中毒症状と言ってもいいかもしれません。

けれど、デトックスで腸が完全にクリーンになった状態を体感し、空腹の軽やかさに気付くと、実は腸が、脳とは違う声を発していることが分かります。

脳が「食べたい!」という声を発しているとき、腸は「食べたら負担になるからやめて!」という声を発しているのです。

本当に食事が必要なときは、やはり腸が教えてくれます。

その「腸の声」に従うことができるか。これは意志の力だけでは無理だと思います。その点、デトックスは体感として腸の声の正しさを知ることができるので、非常に効果的です。

デトックスでアトピーが劇的に改善

ハーブデトックスを経験した人たちのコミュニティでは、それぞれの身体に起こった変化がシェアされているのですが、アトピーについては数々の劇的な改善例が報告されています。

生まれつきの重度のアトピーが、数ヶ月のうちにすっかりきれいになってしまった例は、一人や二人ではありません。治療プログラムとしてかなりの完成度で確立しつつあるといっても良いかもしれません。

もちろん、アトピーだけでなく、花粉症や喘息発作への有効性も報告されています。僕自身、花粉症がほぼ完全に治ってしまいました。

これらの事例の数々は、腸内環境が免疫力に大きく関わっていること、そして腸内環境を整えることで様々なアレルギー症状を克服できることを示しています。

※ハーブデトックスに興味のある方は、僕のサポートをしてくれたトレーナーを紹介することができます。問い合わせフォームからメッセージをいただければと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ